お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

汗の臭いの原因は?消す方法はあるの?

   

汗 臭い 原因暑い夏の時期に気になるのが汗の臭い。汗をかいたらタオルなどでふけば良いのですが、それよりも特に気になるのが汗の臭いだと思います。

そこで今回は、嫌な汗の臭いの原因や消す方法について。さらに汗の臭い対策についてもお伝えさせて頂きます。

スポンサーリンク

汗の臭いの原因は?

人間にとって汗をかくことは絶対に必要だと思いますが、臭いの原因の前に、そもそも人はなぜ汗をかくのでしょう?

人間も、車がガソリンで走るように、動くためにはエネルギーが必要になります。そして、動いた際に体内ではエネルギーが消費されるため、体内では熱が発生します。

発生した熱は、そのままの状態では高温となって体内に蓄積してしまうため、蓄積された熱は体外に放出する必要が出てくるといいます。

そのため熱を放出する方法として、汗腺から汗を出すことによって体温を下げるそうです。※汗が出る際は、汗によって蒸発する気化熱を利用して、上昇した体温を下げていくといいます。

汗の臭いの原因については、まず体温の上昇を防ぐためにかく汗の場合なら、汗腺から「エクリン腺」が分泌され、エクリン腺の成分の99%が水分であることから、汗をかいた直後は臭いはしないそうです。しかし、臭いがしないからと言ってそのままでいると、汗に垢や皮脂が混ざることで臭いの原因となる雑菌が繁殖。これによってクサイ臭いが出てしまうといいます。

このことから、臭いの原因は「汗をかいたから」ではなく、汗をそのままにしておくことで雑菌が繁殖=臭いの原因となってしまうそうです。

汗の臭いを消す方法は?

汗の臭いを消す方法としては、やはり汗をかいたら放置せずに、タオルなどで拭き取るのが1番だといいます。

汗を拭き取る際は、汗をかいてから雑菌が繁殖するまで約1~2時間程と言われていますので、その間に拭き取ることで臭いを消す効果があるそうです。※タオルで汗を拭き取るときに、乾いた状態のタオルで拭き取ってしまうと、皮膚が乾燥を避けようとするため、再び汗が出てしまいます。ですので、乾いたタオルを使うのではなく、タオルを水で濡らした状態で拭き取るのが良いといいます。

ちなみに、人間の体温を調整するためにかく汗は「エクリン腺」という汗腺から出ますが、緊張したときなどにかく汗は「アポクリン腺」という汗腺から出るそうです。

このアポクリン腺は主に、耳の裏・脇の下・乳輪・陰部などといった一部の箇所のみに存在するといいます。※エクリン腺は全身のあらゆる箇所に存在するそうです。

成分についても、エクリン腺は99%が水分であることから無味無臭ですが、アポクリン腺はアンモニア・脂質・タンパク質・鉄分などが含まれており、汗をかいてすぐは臭いはしないものの、時間が経つと独特の臭いを発するようになるそうです。

そして、エクリン腺から出た汗も雑菌が繁殖すると臭いを発しますが、アポクリン腺のほうが臭いも強いそうです。

エクリン腺、アポクリン腺のどちらから出た汗も放置せず、濡れたタオルで拭き取るのが臭いを消す解決方法になるんですね。

スポンサーリンク

汗の臭い対策は?

汗はタオルで拭く以外にも、汗の臭い対策を事前にしておくで、ある程度は予防できるそうです。

汗の臭い対策でオススメなのが、

◆インナーは吸水性のあるものを着る
汗の臭い対策として、最近では汗をしっかり吸い取ってくれる、吸水性の優れたインナーが数多く販売されていますので、それらのインナーを着ることで臭いの元となる、雑菌の繁殖を抑える効果があるといいます。

特に、外出している時間が長い場合は、予備のインナーを持っていくと良いそうです。

◆制汗剤を使用する
制汗剤には「汗そのものを抑える」タイプの商品や、「雑菌の繁殖を抑える」タイプのものなどが販売されています。

これらの商品はドラッグストアなどで手軽に購入することができますので、例えば汗をかく量も少なく、臭いも気にならない場合はデオドラントシートで汗を拭き取る。また汗の量も多く、臭いが気になる場合は制汗剤スプレーを使用する。さらに臭いが特に気になる場合は、スティックタイプの制汗剤やクリームタイプのような、殺菌作用の高い商品を使うのが良いそうです。

汗の臭いをできるだけ抑える方法として、普段の生活にひと手間加えることでも、予防効果が期待できるといいます。

汗の臭いを予防する方法として、入浴する際に汗の臭いが気になるからと言って、必要以上にお肌をゴシゴシ洗ってしまうと、余計に雑菌が繁殖しやすくなるそうです。

実は、皮膚の表面には雑菌だけではなく、お肌を守ってくれる菌もあることから、洗い過ぎてしまうと良い菌まで流れてしまい、結果的に臭いの元となる雑菌だけが多く繁殖してしまうといいます。※体を洗う際は、強く皮膚をこすらないように、優しく洗ってあげるのが良いそうです。

その他にも、食物繊維を多く含む食べ物を摂取することで、臭いを抑える効果が期待できるといいます。

食物繊維が多く含まれる食べ物には、キャベツ・セロリ・レタス・ブロッコリー・大根・アスパラガスなどの野菜類や、わかめ・もずく・昆布・めかぶ・ひじきなどの海藻類。また、腸内環境を整える働きもある乳酸菌・オリゴ糖も、汗の臭いを抑える効果があるそうです。

※これらの食材は、単品で食べても良いですが、例えばヨーグルトにオリゴ糖をかけてみる。味噌汁にワカメを入れて食べるなど、複数の食材と合わせて食べることで、より効果が期待できるといいます。

まとめ

夏場はクーラーがある涼しい環境にいても、体温を調整するために汗をかくこともあります。それでも汗をかいたときは、そのままの状態にしておかないように、タオルやデオドラントシートで拭くなどして、臭い対策を心がけていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル, 美容・健康・ダイエット ,