お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

東京高円寺阿波おどりの日程や見どころは?屋台やアクセスは?

   

東京高円寺阿波おどり 日程東京の夏の風物詩として、毎年8月に杉並区では東京高円寺阿波おどりが開催されます。

高円寺の周辺を、約1万人もの踊り手が阿波踊りを披露する、都内でも最大のお祭りである東京高円寺阿波おどりについて、詳しい日程や見どころ。屋台やアクセスについて解説させて頂きます。

スポンサードリンク

東京高円寺阿波おどりの日程は?

毎年8月下旬の2日間の日程で行われる東京高円寺阿波おどりは、

2016年度は8月27日(土)~28日(日)の日程で開催されます。

・会場:JR高円寺駅前南北商店街や高南通り
・時間:2日間ともに17時~20時頃まで

2016年で60回目を迎える東京高円寺阿波おどりは1957年から始まり、最初は地域活性化のために行われたといいます。

そして1963年に「東京高円寺阿波おどり」として、400年の歴史を誇る徳島の郷土芸能である「阿波踊り」の歴史や文化に敬意を払い、毎年東京でも本場に迫る、情熱と感動の演舞が繰り広げられているそうです。

東京高円寺阿波おどりの見どころは?

東京高円寺阿波おどりの見どころは、2016年は60回目の節目を迎えるにあたり、高円寺阿波踊り連協会に一般参加連を加えた、約160連の1万人もの踊り子たちが練り歩く姿だといいます。

踊り子たちの中には、阿波踊りの本場である徳島と姉妹関係にある連盟や、地方と友好都市提携を結んでいる連盟。他にも子供たちだけの連盟や女性だけの連盟など、全国から個性豊かな踊り子たちの練り踊る姿も見どころだといいます。

※同じ阿波踊りでも各連盟によって色々な種類があるそうで、阿波踊りの多様性や、日本の伝統的な踊り文化の奥深さを感じることができるそうです。

阿波おどりが披露されるのは、ひがし演舞場、みなみ演舞場、桃園演舞場、中央演舞場、純情演舞場、パル演舞場、ルック第一演舞場、ルック第二演舞場の8つの会場で披露されるそうです。

できるだけ良い位置から踊りを見学するために、早めに行って場所取りをする場合ですが、東京高円寺阿波おどりでは「場所取りが禁止」されているため、ゆっくり見学したい場合は「協賛席」を購入する必要があるそうです。

協賛席は1口6千円で、7月1日から販売開始されているそうです。※協賛席についての詳しい情報は ⇒ NPO法人 東京高円寺阿波おどり振興協会(03-3312-2728)

「協賛席」以外で、阿波おどりが比較的見やすい場所は、パル演舞場やルック第一演舞場、ルック第二演舞場がオススメだといいます。これらの場所なら、メイン通りから外れているため道幅も狭く、人の流れが良い通りにも面していることから、近くで踊りを見学することができるそうです。

他にも、ひがし演舞場や純情演舞場は混雑するものの、メイン会場であるJR高円寺駅前南北商店街や高南通りと比べて、比較的見やすいといいます。

スポンサードリンク

東京高円寺阿波おどりは屋台は出るの?

東京高円寺阿波おどりでも毎年「屋台」が出るそうです。

メインブースは高円寺北口広場と中央公園に設けられており、これらの場所では阿波踊りの本場である徳島県の名産品や、すだちを使ったジュースなどを味わうことができるそうです。※他にも東北地方の貴重な地酒や阿波おどりグッズなども販売しているといいます。

他にも「あずま通り商店街」では、商店街の方たちによる屋台がたくさん出ているそうで、中でもなみえ焼きそば・佐世保バーガー・八海山ビールなどが名物のようです。

また、あずま通り商店街は阿波おどりのコースではないので、踊りを見ることはできませんが、毎年「大道芸大会」が開催されるそうです。ここでは音楽演奏・紙芝居・操り人形・バルーンアート・パントマイムなどの、楽しいショーの数々を楽しむことができるようです。

東京高円寺阿波おどりのアクセスは?

東京高円寺阿波おどりのアクセスは、

◆公共機関でアクセスする場合
・JR高円寺駅から徒歩ですぐ
・東京メトロ新高円寺駅から徒歩ですぐ

車で向かわれる際は、東京高円寺阿波おどりの開催期間中は、環状7号線・青梅街道・馬橋通り・早稲田通りなどで、16時15分~20時30分まで交通規制が実践されますので、公共機関を利用するのが良いそうです。

・住所:東京都杉並区高円寺南2~4丁目、高円寺北2・3丁目
・お問い合わせ:03-3312-2728
(東京高円寺阿波おどり振興協会)

まとめ

東京高円寺阿波おどりは3時間あまりの開催と、他のお祭りと比べて短い時間であるものの、毎年100万人以上もの観覧客が訪れるビッグイベントとなっているそうです。

東京のお祭りを楽しみつつ、暑さ対策として水分補給を心がけながら、東京の夏を彩る風物詩を満喫したいですね。

スポンサードリンク

 - 8月の行事 ,