お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

アイスクリームに賞味期限がない理由は?手作りでも期限はないの?

   

アイスクリーム 賞味期限普通、食べ物には賞味期限の表示があるのですが、実はアイスクリームには、この賞味期限の表示がないといいます。賞味期限がないことで、もし冷凍庫に長い間入れておいたアイスでも、安心して食べることができるのでしょうか?

そこで今回は、アイスクリームに賞味期限がない理由や、年月が経ったものを食べても大丈夫なのか?さらに手作りのアイスにも賞味期限はないのか?調べてみました。

スポンサーリンク

アイスクリームに賞味期限がない理由は?

商品として販売されているアイスクリームに賞味期限の表示がない理由には、

厚生労働省が定めている「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」や、農林水産省の「加工食品品質表示基準」の規定により、“アイスクリーム類にあっては期限及びその保存の方法を省略することができる”と、食品衛生法によって定められているそうです。

このことから、アイスクリームに賞味期限がないのではなく、あくまで「賞味期限の表記をしなくても良い」という規定になっているようです。

※賞味期限の表記がない代わりに、アイスクリームを販売する各企業などは保管に関して、「要冷凍(-18℃以下)」や「ご家庭では-18℃以下で保存してください」などの記載はしているといいます。

他にも、アイスクリームに賞味期限がない理由には、冷凍庫で保管しているアイスは溶けることがないため、低い温度の環境では「細菌」が増殖することはないそうです。細菌が増えると食べ物が腐る原因になりますが、冷凍庫に入れておくことで細菌が減ることはあっても、増えることはないといいます。

そのため、アイスクリームを冷凍庫に入れておけば、長い期間であっても食べることができるそうです。

年月が経ったアイスを食べても大丈夫?

長い期間でも冷凍庫に入れておけば食べられるアイスクリームですが、長い期間といっても、例えば1年前に購入したアイスを食べても大丈夫なのでしょうか?

1年前のアイスクリームについては、食べても問題はないといいます。

しかし、食べても問題はないものの、アイス自体を美味しく食べられるか?については、保証はできないようです。

理由は、各家庭で使用している冷凍庫にアイス以外の食材を入れていたり、頻繁に冷凍庫の開け閉めをすることによって、冷凍庫の温度が一時的でも上がってしまうことがあります。

すると、アイスに記載されている「ご家庭では-18℃以下で保存してください」という環境が保たれなくなり、冷凍庫を開ける→アイスの表面が溶ける。冷凍庫を閉める→アイスが再び固まる。ということが繰り返されることで、アイスクリームの風味が落ちてしまうそうです。

特に、アイスの容器に霜がついている・食べたときにアイスの表面がシャリシャリしているなどの場合は、「溶けたアイスが固まる」を繰り返した結果であり、風味がすでに落ちてしまっているようです。

このことからも、年月が経ったアイスクリームは食べても大丈夫ですが、味については保証はできないといいます。

さらに、1年ではなく「10年以上」経ったアイスでも大丈夫なの?という場合には、個人的な意見では食べないほうが無難だと思います。

10年以上も溶ける→固まるを繰り返していたら、風味や品質が損なわれるのはもちろん、他の食材の臭いがアイスに移っている可能性もあります。ですので、あまりに年月が経ったアイスは、まずは目や鼻で状態を確かめつつも、食べられるか?よりも「自分が食べたいか?」で判断するのが良いかも知れません。

スポンサーリンク

手作りのアイスも賞味期限はないの?

もし、自宅で手作りのアイスクリームを作った場合も、賞味期限はないのでしょうか?

手作りのアイスでも、販売されている商品のように「要冷凍(-18℃以下)」の環境であれば、菌の増殖を抑えることができるそうです。

しかし、販売されているアイスよりも、手作りのアイスは衛生管理が甘くなってしまうため、菌の量もやはり多くなってしまうようです。

特に手作りの場合は、作りたてが1番美味しいと思いますので、長く保管するよりも早く食べることを第一に考えるのが良いといいます。※手作りの場合でも、冷凍庫に長期間入れておくと風味や美味しさは、失われてしまうそうです。

また、手作りアイスを販売しているお店の中には、美味しく食べられる期間を設けているお店もあり、約30~180日の間で設けている所が多いといいます。

そのため、自宅で手作りアイスを作った際は、お店で販売されているアイスよりも短い期間で見るようにして、できるだけ早く食べるのが1番ですが、約1週間~10日前後をメドに食べきるようにするのが良いかも知れません。※手作りアイスを作るときは多めの量よりも、食べきれる量で作るのがオススメだといいます。

まとめ

アイスクリームに賞味期限はありませんが、それでも風味や美味しさを考えると、長期保存よりも早く食べるのが良いそうです。

もし、長い期間のアイスでも、食べる前は一応状態を確認しつつ、冷凍庫を開ける場合も温度をできるだけ上げないように、扉の開閉はすばやくする。開閉回数を少なくするなどを意識しながら、美味しい状態でアイスクリームを食べたいですね♪

スポンサーリンク

 - 食品・飲料 , ,