お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

湯の川温泉花火大会の日程は?穴場スポットやアクセスは?

      2017/05/27

湯の川温泉花火大会 日程出典:http://www.ehako.org

北海道函館市を代表する納涼祭りとして、毎年夏の時期に湯の川温泉花火大会が開催されます。

約3000発もの花火が、函館市の温泉街を美しく染め上げる湯の川温泉花火大会について、詳しい日程や見どころ、穴場スポットやアクセスについてお伝えさせて頂きます。

スポンサーリンク

湯の川温泉花火大会の日程は?

函館市といえば、約360年の歴史を持つ「湯の川温泉」が有名で、この温泉郷は「登別温泉」や「定山渓温泉」と並ぶ、北海道三大温泉の一つに数えられているそうです。※湯の川温泉花火大会は350年の歴史を持つ温泉や、お客さんへの感謝の気持ちを込めて開催される花火大会だといいます。

毎年8月下旬に開催される湯の川温泉花火大会の日程については、

2017年度は8月19日(土)の日程で行われます。

・打ち上げ時間:19時40分~20時40分
・打ち上げ場所:北海道函館市 松倉川下流

湯の川温泉花火大会の見どころは?

海のそそぐ松倉川河口から打ち上がる湯の川温泉花火大会では、水中花火や海産物で有名な函館らしい「イカ花火」なども見どころだといいます。また、海や川、温泉街などを花火が染め上げる姿も、函館でしか見られない美しい光景だそうです。

湯の川温泉花火大会が行われる8月の時期は、「イカ釣り船」が漁をするために沿岸へ近づくことから、漁り火の灯りと一緒に花火も楽しめるといいます。

湯の川温泉花火大会では灯籠流しや温泉奉納式(湯倉神社)、温泉採湯式や献湯みこしなども行われるそうです。

なかでも18時45分頃から行われる灯籠流しはオススメで、川面をゆっくり流れる灯籠の明かりを眺めているだけで、心が癒やされるといいます。※灯籠流しは、湯の川観光ホテル祥苑あたりにある、松倉川沿いで見学することができるそうです。

スポンサーリンク

湯の川温泉花火大会の穴場スポットは?

湯の川温泉花火大会は、2015年度でも約3万9000人もの観覧客が訪れる人気の花火大会ですが、都会で行われる花火と違って大混雑することなく、比較的ゆったりした雰囲気で見学することができるそうです。

それでも花火の打ち上げ会場付近は混雑が予想されるため、できるだけ花火をゆっくり見学したい方には、オススメの穴場スポットがあるといいます。

◆根崎公園
根崎公園は花火の打ち上げ会場から、徒歩で約10分程のところにある公園で、周辺には高い建物もないことから、花火もキレイに楽しむことができる穴場スポットだといいます。人混みもそれほどではないため、シートなどを敷いて座って見ると良いそうです。

◆函館湯川漁港
函館湯川漁港も周囲に建物がなく、花火も間近で楽しむことができる穴場スポットだそうです。

◆熱帯植物園
熱帯植物園の周辺なら、大迫力の花火を楽しめますが、この場所は人気スポットとなっているため、混雑はするそうです。※熱帯植物園で見学する際は、早めに行くのが良いそうです。

湯の川温泉花火大会のアクセスは?

湯の川温泉花火大会へのアクセスは、

◆公共機関でアクセスする場合
・JR函館駅から函館市電で約28分、電停:湯の川温泉を下車し、徒歩で約10分
・JR函館駅からバスで約30分、バス停:湯の川温泉を下車し、徒歩で約5分

車で向かう場合は、会場周辺は駐車場がなく、花火大会が開始される約1時間前~21時頃まで、会場周辺にて交通規制が実施されますので、公共機関で行くのがオススメです。

・住所:北海道函館市松倉川下流
・お問い合わせ:0138-57-8988
(函館湯の川温泉旅館協同組合/平日9~17時)

まとめ

花火大会が開催される湯の川温泉付近には、温泉だけでも入れるホテルや旅館。公共温泉などもいくつかありますので、花火大会が始まる前の昼間から訪れてみるのも良いかも知れませんね。

また、湯の川温泉花火大会では「屋台」も出るそうで、特にこの時期は真いか(スルメイカ)が旬ですので、北海道の絶品グルメを味わいながら、夏を締めくくる花火を堪能したいですね♪

スポンサーリンク

 - 8月の行事 ,