お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

西瓜まつりの日程は?見どころやアクセスは?

      2017/05/27

西瓜まつり 日程出典:http://suikamatsuri.web.fc2.com

石川県小松市にある莵橋(うばし)神社にて、毎年8月下旬になると秋季例大祭として西瓜(すいか)まつりが開催されます。西瓜まつりでは、清めの水を飲むことで1年間息災といい、他にも子供相撲神事などの行事も行われるといいます。

そんな西瓜まつりについて、詳しい日程や見どころ、アクセスについてお伝えさせて頂きます。

スポンサーリンク

西瓜まつりの日程は?

石川県小松市の莵橋神社にて、
毎年8月下旬の3日間の日程で行われる西瓜まつりは、

2017年度は8月25日(金)~27日(日)の日程で開催されます。

秋の例大祭として毎年行われる西瓜まつりですが、西瓜(すいか)という名前がついていることから、スイカを売るお祭りなの?と思ってしまいますが、スイカは売られないそうです。

実は、西瓜まつりの正しい名称は「水火(すいか)まつり」といい、水や火の恵みに感謝し、水害や大火除けを祈願するお祭りだといいます。※昔は水火まつりに“西瓜を売る露天”が何軒も並んでいたことから「西瓜まつり」と呼ばれるようになったそうです。

西瓜まつりの会場である莵橋神社も歴史が古く、慶雲元年(702年)や、それ以前にはすでにあったと伝えられているそうです。そして、昔から守護神として地元の方に愛されてきた莵橋神社は、本殿と神輿が小松市の重要文化財に指定されているといいます。

西瓜まつりの見どころは?

西瓜まつりの見どころとして、27日の夜に行われる「水と火の神事」では、御神火で清められた「御神水」が参拝者に配られ、この水を飲むと「1年間無病息災」で過ごせると言われています。

さらに27日の午後にも見どころとして、力くらべの神事である「子供相撲」が行われるそうです。子供相撲では、小学4~6年までの男女別トーナメント方式で競われ、他にも米俵を持ちあげる「磐持ち神事」も行われます。

磐持ち神事は、80キロの米俵を肩まで持ちあげるそうで、毎年100人ほどが成功するといいます。そして、磐持ちに成功すれば130キロ前後の石を持ちあげる「石持ち」に挑戦できるようですが、これには2~3人ほどしか成功しないため、かけ声とともに大いに盛りあがるそうです。

また、27日と28日の夜には「盤持神事」が行われ、この神事を見学するために、毎年多くの参詣者でにぎわうといいます。


スポンサーリンク

西瓜まつりのアクセスは?

西瓜まつりのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
JR小松駅から徒歩で約9分

◆車でアクセスする場合
北陸道小松ICから空港軽海線経由で約5分

車で西瓜まつりが開催される莵橋神社にアクセスする際は、100台ほど停められる無料駐車場もあるそうです。しかし、駐車場はすぐに満車となることから、できるだけ公共機関を利用するのがオススメだといいます。

・住所:石川県小松市浜田町
・お問い合わせ:0761-24-2311
(莵橋神社)

まとめ

西瓜まつりでは、子供相撲や磐持ち神事、盤持神事などの行事も見どころですが、お祭りが開催される3日間は「屋台」も出ているそうです。

ちなみに屋台で西瓜は買えないそうですが、屋台の定番グルメの数々が楽しめますので、かつては俳句で有名な松尾芭蕉も立ち寄ったという西瓜まつりに、ぜひ1度は立ち寄ってみたいですね。

スポンサーリンク

 - 8月の行事 ,