お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

熱中症になったときの体の冷やし方は?冷やす場所や時間は?

   

熱中症 冷やし方夏の暑い時期は特に日差しが強いため、気をつけていても熱中症になる危険性があります。

そこで、もし熱中症になって場合の体の冷やし方や、冷やす際は体のどの場所を冷やせば良いのか?冷やす時間についても調べてみました。

スポンサーリンク

熱中症になったときの体の冷やし方は?

外に居るときはもちろん、室内に居るときでも注意しておかないと熱中症になるそうですが、

もし熱中症になった場合の体の冷やし方については、

◆着ている服の風通しを良くする
熱中症になってしまった場合は、できるだけ体を冷やしたほうが良く、着ている服の風通しを良くするために、服を緩めてあげます。服を緩めることで、体内に蓄積された熱をより効果的に、外に放出することができるそうです。

◆日陰に入る
室内ではなく、外出中に熱中症になってしまった場合は、日が体にあたらないように日陰に入ります。そのまま日のあたる場所に居ると、どんどん熱が体内に蓄積されていき、熱中症の症状がさらに悪化してしまうそうです。

◆水を浴びる
室内で熱中症になった場合は、お風呂で水を浴びることで症状が良くなるといいます。水を浴びる際は、一気に体に水をかけるのではなく、まずは心臓から遠い「手」や「足」から水をかけていき、じょじょに体を慣らして水浴びをするのが良いそうです。※水浴びするにも、めまいがする場合は無理に体を動かすと危険ですので、控えたほうが良いそうです。

◆水分補給をする
水分補給は熱中症を予防する効果もあり、熱中症になってしまった場合でも、こまめに水分補給をします。水分補給をする際は、スポーツ飲料やお茶でも良いのですが、生理食塩水が特にオススメだといいます。生理食塩水は1リットルの水に対し、9gの塩を入れるそうですが、慣れるまで飲みにくいものの、水分の吸水率はどの飲み物よりも高いそうです。

◆足を高くして冷やす
寝た状態で、足を心臓よりも高い位置におくことで、血液の流れも良くなるといいます。足を高い位置におく際は、タオルやクッションを丸めて、足首の下に置いてあげると良いそうです。※同時に足や手をマッサージしてあげると血流もさらに良くなり、体を効果的に冷やすことができるそうです。

◆冷やしたタオルを体にあてる
冷やしたタオルを体にあてますが、氷がある場合は「氷水」で冷やしてあげるとより効果的だといいます。※体にタオルをあてる際は、氷水をあまり固く絞らない状態で、首筋にあててあげると良いそうです。

また、タオル以外には保冷剤や凍ったペットボトルも効果があるそうです。しかし保冷剤などを使う場合は、そのまま使用すると低温火傷になる危険性もあるため、タオルなどに包んで首筋・脇の下などを冷やします。

スポンサーリンク

熱中症になったときの体の冷やす場所は?

熱中症になってしまったときは、まずは体を冷やすことが1番で、特に「首筋」「脇の下」「足の付け根」などの場所を重点的に冷やすと良いそうです。

首筋・脇の下・足の付け根には太い血管が通っているため、これらの場所を冷やしてあげることで、熱くなった体を早く冷やすことができるといいます。

熱中症になると血液も熱くなり、さらに血管も収縮することで血流も悪くなってしまいます。血流が悪くなるとめまいや吐き気などの症状に繋がるため、血管を直接冷やすことで正常な血流に戻し、体に蓄積された熱を血液が、体外に放出してくれるそうです。

しかし、熱中症になったときに冷やしてはダメな場所もあるといいます。

冷やしてはダメな場所は「おでこ」で、風邪をひいたときは効果があると言われていますが、熱中症のときにおでこを冷やすのは逆効果になってしまうそうです。理由は、熱中症でおでこを冷やしてしまうと、脳が「体が冷えた」と勘違いしてしまうため、体温を下げるのに必要な汗をかく信号を伝えなくなるといいます。

すると、体内は熱中症により熱が蓄積された状態なのに係わらず、体温を下げるのに必要な汗をかかなくなるせいで、症状もさらに悪化してしまうそうです。

また、血管も収縮したままの状態になることから、頭痛やめまいなどの症状が出てしまうこともあるそうです。

熱中症になったときの体を冷やす時間は?

熱中症になったときは、体を冷やすことが第一ですが、冷やす時間はどのくらいが良いか?については、

熱中症になったその日1日は冷やしたほうが良いそうです。※熱中症が軽い場合の時間は、1日冷やしておけば回復するそうですが、それでも場合によっては2、3日ほどかかることもあるようです。

起きているときは、冷たいタオルを首筋などにあてながら体を冷やしつつ、寝ているときも冷えピタや氷枕を首筋にあてておくのが良いそうです。※数日経っても体調が悪い場合はそのまま放置せずに、病院で診てもらうのが良いそうです。

また、症状が改善されないままで運動するのも、余計に症状が悪化してしまう危険性もあることから、熱中症になってしまった場合は、できるだけ無理しないように安静にすることが大事です。

熱中症が回復する平均的な時間についても、子供の場合は1週間ほど。大人の場合は2~3日ほどかかると言われていますので、その間は無理をせずに、体調が優れない日が続く場合は、すぐに病院に行くようにしてくださいね。

まとめ

熱中症は暑い炎天下だけではなく、高温多湿が原因でなりやすいことからも、暑い室内に居てもなるといいます。特に、気温28度・湿度70%以上の場合は熱中症になりやすく、重い症状になると体の中枢機能にも障害が出てしまい、意識障害・血管につまりによる臓器障害なども併発してしまい、場合によっては死に至るケースもあるといいます。

そのため、熱中症にならないように注意しながら、水分補給をこまめにする・日傘をさす・帽子をかぶるなどの熱中症対策をして、しっかりと自分の体を守っていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,