お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

相模原納涼花火大会の日程は?穴場スポットやアクセスは?

      2017/05/27

相模原納涼花火大会 日程神奈川県相模原市で、1951年から水郷田名の復興を願い、毎年開催されている相模原納涼花火大会。この花火大会では特大スターマインや空中ナイアガラなど、迫力ある花火の数々を体感できる一大イベントとなっています。

そんな神奈川県相模原市について、詳しい日程や穴場スポット、アクセス情報についてお伝えさせて頂きます。

スポンサードリンク

相模原納涼花火大会の日程は?

相模原市の夏の風物詩として、毎年8月下旬に行われている相模原納涼花火大会は、

2017年度は8月26日(土)の日程で開催されます。

・打ち上げ場所:水郷田名 相模川高田橋上流
・打ち上げ時間:19時~20時15分
・雨天の場合は、多少の雨なら決行されますが、大雨や荒天の場合は8月28日(日)に延期。

相模原納涼花火大会の穴場スポットは?

自然豊かな相模川高田橋の河畔で、特大スターマインや空中ナイアガラなど、約8000発もの花火が上がる相模原納涼花火大会。特に打ち上げ会場に設けられた「有料席」なら、花火との距離が約100mという、ダイナミックで臨場感あふれる体験ができるといいます。

※有料席については、市民協賛者席:1名2500円から販売されており、チケ探などで購入することができるそうです。

また、有料席以外にも打ち上げ会場付近で見学する際は、「場所取りは当日のみ」ですが、毎年20万人以上もの観覧客が訪れることから、花火大会当日は大混雑するそうです。

そのため、混雑を避けたい方のために、会場から少し離れた位置からでも花火を楽しめる、オススメの穴場スポットがいくつかあるといいます。

◆相模原市立田名北小学校
相模原市立田名北小学校は、低い位置から打ち上がる花火は見えませんが、高く上がった花火ならキレイに見学することができるそうです。田名北小学校は、人混みを避けてゆっくり花火を見学したい方には、特にオススメの穴場スポットとなっているそうです。

◆高田橋の周辺
高田橋の周辺も、低い位置から打ち上がる花火は見えませんが、特に高田橋の坂の途中からなら、高く上がった花火を楽しむことができる穴場スポットとなっているそうです。

◆ヨークマート田名店
ヨークマート田名店は22時まで営業しており、打ち上げ会場から離れた位置にあるものの、高く上がった花火はキレイに見ることができるそうです。また、車でヨークマート田名店に行っても、帰りの渋滞に巻き込まれる可能性は低いといいます。

◆相模川自然の村公園の周辺
相模川自然の村公園の周辺でも高く上がった花火を見ることができ、この近くには上大島キャンプ場がありますが、花火大会当日は閉鎖されてしまうようです。


スポンサードリンク

相模原納涼花火大会のアクセスは?

相模原納涼花火大会のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
・JR相模原駅からバスで約30分、バス停「田名バスターミナル」を下車し、徒歩で約15分
・JR上溝駅から徒歩で約1時間

※花火大会当日は、JR相模原駅からバスに乗る場合は、混雑時は2時間以上かかってしまうこともあるそうです。

◆車でアクセスする場合
・圏央道相模原愛川ICから県道511号経由で約15分
・圏央道相模原ICから約20分

車で向かわれる際は、打ち上げ会場には2500台停められる臨時駐車場(1台:1000円)が用意されるものの、道路は毎年渋滞するそうです。そのため、花火大会当日は遅くても15時くらいまでに現地に到着しておかないと、花火の開始時間に間に合わない可能性が大きいといいます。

また、公共機関で向かわれる際も、駅からバスに乗っても渋滞が予想されるため、早めに現地に着くようにするか、疲れますがJR上溝駅から徒歩で向かうのが良いそうです。

・住所:神奈川県相模原市中央区水郷田名
・お問い合わせ:042-771-3767
(一般社団法人相模原市観光協会)

まとめ

相模原納涼花火大会では、豪華な花火の演出を楽しむことができますが、打ち上げ会場では「屋台」も数多く出店されるそうです。※屋台は高田橋上流側の橋の下に約200店ほど出ているそうで、お昼過ぎから開店し始め、15時頃にはほとんどの屋台が開くそうです。

花火を会場で見学する際も、無料の一般観覧場所も広い河川敷となっていますので、河川敷や土手で空いたスペースがあるなら、レジャーシートなどを敷いて見学することができるそうです。

それでも花火大会当日は毎年混雑しますので、できるだけ早めに現地に着くようにして、屋台も楽しみつつ花火を満喫してくださいね♪

スポンサードリンク

 - 8月の行事 ,