お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

【熱中症対策】高齢者の水分補給はどれくらい摂取すれば良いの?

   

高齢者 熱中症 水分補給昼間の炎天下はもちろん、夜でも熱中症になると言われていますが、高齢者の方は特に温度に対しての抵抗力が弱くなるため、例え室内にいたとしても、熱中症になりやすいといいます。

そこで今回は熱中症対策として水分補強をする際、高齢者の方はどれくらいの量を飲めば良いのか?また、スポーツドリンクでも効果があるのか?水分補強する際の注意点についても調べてみました。

スポンサードリンク

高齢者の水分補給はどれくらい摂取すれば良いの?

夏の時期は特に熱中症対策が必要で、実は熱中症患者の約半数が65歳以上の高齢者だといいます。そのため、熱中症対策として水分補強が欠かせないのですが、高齢者の方が水分を摂取する際は、どれくらいの量を飲めば良いのでしょうか?

高齢者の方が水分補給をする際の目安としては、ペットボトルの本数に例えると「1日1本(1.5リットルのペットボトル)以上」とされているそうです。※1.5リットル~2リットル程になるように飲むと効果的だといいます。

また、摂取した水分が汗や尿として体外に排出されますが、飲む以外にも食べることで水分を摂取することも大切だといいます。

食べることで水分補給を行う場合には、例えばジュースなどを冷凍庫で凍らせておき、シャーベットにしてかき氷として食べてみたり、粉末タイプの寒天を飲み物に入れてゼリーとして食べるなど、色々な方法で水分補給をすることができるそうです。

逆に食べることはできても、1日1.5リットル以上も飲むのに抵抗がある場合でも、水分を多く含んだ果物を食べてみたり、味噌汁で水分を補給するなども熱中症対策になるといいます。

また、歳を重ねると暑い・涼しいなどの感覚や、喉が乾く・トイレが近いなどの生理的な感覚も鈍くなることから、例えば高齢者の方を介護している場合でも、意識して水分を摂ってもらうようにしないと、熱中症になる危険性もあるそうです。

高齢者の水分補給はスポーツドリンクでも効果があるの?

熱中症対策に効果的な飲み物として、スポーツドリンクの名前もよく挙がりますが、高齢者の方が飲んだ場合でも効果があるのでしょうか?

高齢者の方がスポーツドリンクを飲んでも、熱中症対策として効果があるそうですが、実は効果がある場合と効果がない場合もあるといいます。

◆効果がある場合
スポーツドリンクを高齢者の方が飲んだ場合に効果があるのは、長時間もの間、畑仕事をする方。また仕事を退職された後でも、室外で働いている場合などは効果があるそうです。

※外で体を動かすと汗も大量に出て、水分や塩分(ナトリウム)が急速に不足しやすくなることから、特にナトリウムを摂取できるスポーツドリンクを飲むことで、熱中症対策になるといいます。

◆効果がない場合
運動やあまり体を動かさない高齢者の方がスポーツドリンクを飲んでも問題ないですが、飲み過ぎは逆に良くないといいます。運動量の少ない高齢者の方が毎日スポーツドリンクを飲んでしまうと、糖分・塩分の摂り過ぎとなり、体を壊してしまう可能性もあるそうです。

※さらに塩分を摂り過ぎることで、体のむくみ・高血圧症の原因にもなり、最悪の場合、腎臓や心疾患になってしまうこともあるそうです。

もともとスポーツドリンクは、運動などで大量に汗をかいた際に、水分と塩分を補うために開発された飲み物ですので、運動をしない場合は熱中症対策にはならないといいます。

スポンサードリンク

高齢者が水分補給をする際の注意点は?

高齢者の方が水分補給をする際の注意点としては、水分の摂り過ぎには十分な注意が必要だといいます。

1日に1.5リットル~2リットル程飲むのが、熱中症対策として理想の量ですが、その量よりも飲み過ぎてしまうと、夜にトイレに行く回数が増えてしまい「夜間頻尿」になる可能性もあるそうです。※夜間頻尿になると眠りも浅くなり、頻繁に暗い部屋を歩くことからも、転倒してしまう危険性もあるといいます。

また、水分補給を多く摂ってしまうと、特に心臓や肝臓疾患を患っている方の場合は、病状が悪化してしまうリスクもあるそうです。

水分補給をする際は飲み過ぎには注意して、1回に飲む量は「コップ1杯(200ml)」を目安に、1日7~8杯ほど飲めば、理想の量である1.5~2リットル程になるそうです。

他にも水分補給をする際は、紅茶・緑茶・ウーロン茶・コーヒーなどの飲み物はカフェインが多く含まれているため、カフェインの利尿作用によって、水分が尿としてどんどん排出されてしまうそうです。

また、砂糖が多く含まれた飲み物や炭酸飲料なども、熱中症対策としては効果的ではありませんので、水を飲む以外に水分補給をする際は、お茶でも「麦茶」を飲むのがオススメだといいます。

まとめ

熱中症は、高齢者の方が特になりやすく、重症化すると最悪の場合は死亡する恐れもあります。日頃から熱中症対策として適度に水分を補給しながら、運動する際はスポーツドリンクを、それ以外は水や麦茶を飲んで、暑い夏を健康的に乗り切ってくださいね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,