お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

栗の皮むきが簡単にできる方法!レンジを使った裏ワザも・・・

   

栗 皮むき甘くて美味しい栗ですが、自宅で栗料理を作るときに、栗の皮がうまくむけずに苦労したことはないですか?

そこで今回は、栗の皮むきが簡単にできる方法やレンジを使った裏ワザなどについて、お伝えさせて頂きます。

スポンサーリンク

栗の皮むきが簡単にできる方法!

栗の皮むきは方法さえ知っておけば、誰でも簡単に皮むきができるそうです。

栗の皮むきが簡単にできる方法もいくつかあるそうで、

◆水に浸けておく
栗の鬼皮(外側の皮)をむいた後に、水を入れたボウルなどに栗を一晩浸けておきます。すると、簡単に渋皮(内側の皮)をむくことができるそうです。

◆フライパンを使う
栗の渋皮に切れ目を入れておき、油が入ったフライパンで炒めます。フライパンで渋皮がパリパリになるまで炒めれば、簡単に皮むきすることができるそうです。

※フライパンに入れる油は多めにして、栗を入れる際は、渋皮は乾燥するとむけにくくなるため、一気に栗を入れるのではなく、何個かに小分けして入れるのが良いそうです。

◆歯ブラシを使う
栗の渋皮を歯ブラシでゴシゴシこするだけで、簡単に皮むきができるそうです。※歯ブラシは固めのタイプの物を使うのが良いそうです。

歯ブラシやフライパンなどを使えば、内側の皮である「渋皮」は簡単にむくことができます。しかし、外側の皮である「鬼皮」は硬いため、こちらもむくのに苦労すると思います。

そこで、硬い鬼皮を簡単にむく方法として、「鍋」を使う方法があるといいます。

まず、水洗いした栗を沸騰した鍋の中に入れて2~3分ほど茹でます。茹でた栗を鍋から取り出した後は、栗の下の部分にあるザラザラした場所に包丁を入れて、上に持ちあげるようにすれば、簡単に皮むきができるそうです。

この鍋を使った方法は、栗が温かいうちに皮むきするのがポイントですので、冷める前に手際よく行うのが良いそうです。

栗の皮むきがレンジでできる裏ワザ!

フライパンを使ったり、鍋で一晩浸けておくのが面倒な場合は、レンジを使って栗の皮むきが簡単にできる裏ワザがあるといいます。

やり方は凄く簡単で、栗に深く包丁で切れ目を入れたあとに、電子レンジでチンするだけだといいます。

レンジは600Wで約1分30秒ほどチンするだけですが、栗の大きさによっては温める時間が長くなると、栗の水分が蒸発してしまう場合があるため、注意する必要があるそうです。※レンジに入れる栗の数は5~8個ほどにしておき、入れ過ぎないようにするのが良いそうです。

他にも、最近では通販などで「皮むき器」も販売されており、簡単に皮むきができるそうです。※皮むき器は安い物で400円ほど。高くても2千円ほどで購入できるようです。

スポンサーリンク

栗の皮むきをする際の注意点は?

栗の皮むきをする際の注意点としては、特に電子レンジを使う場合には、そのまま栗を入れてチンすると爆発しますので、必ず包丁で深い切れ目を入れてからチンします。

また、栗の渋皮には美白効果や抗酸化作用のあるタンニンが含まれており、渋皮ごと食べられる方もいらっしゃいますが、栗は栄養価が高いため、食べ過ぎには注意が必要だといいます。

栗を4~5粒ほど食べた場合でも、白飯1杯分と同じくらいのカロリー量となるそうで、食べ過ぎてしまうと肥満の原因になってしまうそうです。

食べる際は1度にたくさんの量を食べるのではなく、5粒程度にしておくのが良いそうです。※どうしても栗を多く食べたい場合は、栗そのものを「主食」にして食べるのが良いそうです。

まとめ

電子レンジや鍋を使った方法など、栗の皮むきが簡単にできる方法は色々ありますが、その他にも「圧力鍋」を使う方法もオススメだといいます。

栗の上の部分に十字型に切れ目(約1~2cm)を入れて圧力鍋に。そして、水を栗が隠れるくらいに入れたあとに加熱し、圧がかかってから約5~6分したら圧力鍋に水をかけて減圧します。減圧したあとは、切れ目を入れた部分を広げるようにむけば、簡単に皮むきができるそうです。

鍋や包丁を使う際は、火傷やケガには注意して、美味しい栗料理を作ってくださいね。

スポンサーリンク

 - 食品・飲料 , ,