お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

長野えびす講煙火大会の日程は?穴場スポットやアクセスは?

   

長野えびす講煙火大会 日程冬に行われる花火大会として、長野県長野市では11月になると長野えびす講煙火大会が開催されます。冬の時期の花火大会は全国的にも珍しく、日本屈指の花火師たちが打ち上げる、上質な花火の数々が楽しめるといいます。

そこで今回は長野えびす講煙火大会の日程や穴場スポット、アクセスについて解説させて頂きます。

スポンサードリンク

長野えびす講煙火大会の日程は?

毎年11月に開催される長野えびす講煙火大会は、

2016年度は11月23日(水)の日程で行われます。

・打ち上げ時間:18時~20時
・打ち上げ会場:長野大橋西側・犀川第2緑地
・打ち上げ数:約1万5000発
・雨天決行

長野えびす講煙火大会は、冬の時期に開催する珍しい花火大会でありますが、実は、長野県では昔から花火大会が盛んに行われており、江戸時代には遊郭をアピールするために花火が打ち上げられていたそうです。

そして明治時代以降になると今度は、えびす講(七福神の1人である恵比寿さまのお祭りのこと)が行われる時期に合わせて花火が上がるようになったといいます。※えびす講は10月20日や11月20日に開催することが多く、11月の寒い時期に長野えびす講煙火大会が開催されるのも、えびす講の影響でもあるといいます。

冬に行われる花火大会にも係わらず大正時代には、ここで上がる花火は花火職人たちの憧れとなっていたそうです。花火職人たちが憧れる理由には、この打ち上げに参加することができるのは、熟練の技術を持った職人しか参加することができないからです。

そのため、現在でも高い技術を持った職人だけが参加する花火大会として、日本屈指の花火が見られるといいます。

長野えびす講煙火大会の穴場スポットは?

長野えびす講煙火大会では、超ワイド特大スターマインや音楽と花火の融合が楽しめるミュージックスターマインなど。

さらに全国的にも有名な花火職人たちが、自慢の花火を競い合う「全国10号玉新作花火コンテスト」など、大迫力の花火から芸術的な花火まで、非常にクオリティの高い花火大会となっているそうです。

花火大会当日は、毎年40万人以上もの観覧客が訪れるため、花火をゆっくり楽しみたい方には「有料席」も用意されているそうです。

有料席は、プレミアムシートが1名2万円(150席)。えびすシートが1名4200円(2500席)。※チケットの販売については、プレミアムシートは8月中旬予定。えびすシートは9月上旬予定で、公式ホームページから確認できます。

有料席以外にも、混雑を避けて花火を見学したい場合は、オススメの穴場スポットがいくつかあるといいます。

◆長野大橋
打ち上げ会場近くにある長野大橋は、花火を正面からではなく、横から見るかたちとなってしまいますが、キレイに見ることができるそうです。また、長野大橋は他の車の往来もありますので、見学する際は歩道から出ないように注意してくださいね。

◆丹波島橋(たんばじまばし)
丹波島橋は、長野大橋とは逆の位置にかかる橋ですので、ここで花火を見学する場合も、横から見るかたちとなるそうです。丹波島橋も通る車に注意して、歩道から花火を楽しんでくださいね。

◆長野赤十字病院
長野赤十字病院の周辺は、長野えびす講煙火大会の有料席の後ろの位置にあるため、少し離れた距離になりますが、花火全体を楽しめる穴場スポットとなっているそうです。長野赤十字病院で見学する際は、救急車などが通ることもあるため、車両の邪魔にならないように注意が必要だといいます。


スポンサードリンク

長野えびす講煙火大会のアクセスは?

長野えびす講煙火大会へのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
・JR長野駅から徒歩で約20分
・JR長野駅からシャトルバスで約10分
※シャトルバスは大人180円・子供90円

◆車でアクセスする場合
・上信越道須坂長野東ICから約10分
・上信越道長野ICから国道18号経由で約10分

車でアクセスする際は、上信越道須坂長野東ICで降りた場合は「エムウェーブ」。上信越道長野ICで降りた場合は「長野地方卸売市場臨時駐車場」と「真島臨時駐車場」が臨時駐車場となるそうです。

これらの臨時駐車場からはシャトルバスも出ていますが、駐車場は15時から開場となり、できるだけ開場時間には着くようにしておかないと、すぐに満車となってしまうそうです。

※打ち上げ会場

・住所:長野県長野市川合新田
・お問い合わせ:026-227-2428
(長野商工会議所)

まとめ

11月に行われる花火大会として、1899年(明治32年)から始まったという花火大会ですが、この時期はとても寒いので「防寒対策」をして花火を見学してくださいね。

冬の澄んだ夜空を豪華に彩る、夏とはひと味違った長野えびす講煙火大会を、ぜひ生で楽しんでみたいですね♪

スポンサードリンク

 - 11月の行事 ,