お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

結婚式の新札はATMでも交換できる?土日は?裏ワザも・・・

   

atm20151209親族や友人などの結婚式でお祝いとして包む「ご祝儀」は、新札で用意しておくのがマナーとされています。

しかし、結婚式の当日になって、新札に交換するのを忘れた!なんてことがあるかも知れません。

そんな非常事態になった時の、新札はATMでも交換できる?土日の場合は?さらにどうしても当日に用意できなかった際の裏ワザについて、早速みていきましょう。

スポンサーリンク

結婚式の新札はATMでも交換できる?

結婚式の新札は、ATMでも交換することができます。

まず、手元にある古いお札をATMに入金→出金を繰り返すのですが、1回の入金で確実に新札が出てくるとは限らず、場合によっては何度も入金・出金を繰り返さなければいけません。

※早く新札と交換したい場合は、なるべく多めの金額を出金したほうが、新札が出てくる確率がUPするそうです。(なんかクジ引きゲームみたいですね笑)

さらに結婚式の新札をATMで交換する際は、銀行のATMよりもコンビニのATMのほうが良いそうです。理由は、銀行と比べ、コンビニにあるATMは狭いスペースでも置けるように小さく設計されているため、ATMに入れるお札もなるべくたくさん入れられるように、あえて新札を入れているようです。

また、旧札によって機械が詰まり故障しないよう、あえて新札から優先的に入れているといいます。

それでも運任せみたいなところもありますが、どうしてもコンビニで新札が出てこなかった場合は、店員さんにお願いして交換してみるのが良いかも知れません。

結婚式の新札は土日でも交換できる?

平日なら、15時までに銀行に行き、両替用紙を書いて窓口に持っていけば、すぐに新札と交換してくれます。(ほとんどの銀行は50万円まで手数料無料)

そして、結婚式の新札を土日で交換したい場合は郵便局を利用します。

実は最近、郵便局でも新札に交換してもらえるようになり、窓口で新札と交換してもらえるように言えば、すぐに変えてくれるそうです。

しかし、郵便局は土日は営業していないのでは?と思われるかも知れませんが、各都道府県にある中央郵便局、各市・区にある大きな郵便局の中には、土・日や祝日でも営業している所もありますので、お近くの地域で探してみてください。

ちなみに「ゆうゆう窓口」では両替を受け付けておらず、さらに郵便局は銀行と違い、必ず新札を用意しているとは限らないので、結婚式の新札を用意する際は、あらかじめ郵便局に電話で確認しておいたほうが良いそうです。

スポンサーリンク

結婚式で新札に交換できなかった時の裏ワザ!

結婚式に出席する当日になってしまい、とうとう新札に交換できなかった時の裏ワザとして、

裏ワザ1:式場で新札と交換してもらう
実は、結婚式を行っている大きな式場やホテルなどでは、新札と交換して欲しい人のために、あらかじめフロントで新札を用意しているそうです。

裏ワザ2:デパートや百貨店で新札と交換してもらう
高島屋や三越などの大きなデパートや百貨店では、祝儀袋を購入したお客さんに対し、新札と交換してくれるサービスも行っているそうで、高級ブランドを取り扱っている各売り場でも交換してくれる場合もあるようです。

最終裏ワザ:アイロンがけ
どうしても結婚式に新札を用意できなかった際の最終手段が「アイロンがけ」です。お札にアイロンがけをして、少しでもキレイに見せる方法ですが、

まず、霧吹きなどで1万円札を湿らせておき、その上にハンカチをあて、アイロンがけをして完成です。

結構、キレイな仕上がりになるみたいですが、激しいシワなどは跡が残ってしまう場合もあるそうなので、できるだけ新札を用意しておいたほうが良いと思います(笑)。

まとめ

結婚式の新札を確実に用意するには、やはり銀行か郵便局で交換してもらうのが1番ですが、どうしても平日以外で難しい場合は、

優先順位として、

1.式場で交換してもらう(事前に電話で確認しておく)
2.ATMで交換する

から試してみると良いです。

たとえアイロンがけになってしまっても、新郎新婦をお祝いする気持ちさえあればOKだと思います!

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル , ,