お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

犬にチョコレートがNGなのはなぜ?症状や致死量はどれくらい?

   

犬 チョコレート なぜスーパーやコンビニなど、どこでも手軽に購入できるチョコレートですが、もし犬が食べてしまった場合、最悪死に至るケースもあるといいます。

そこで今回は、犬にチョコレートがNGなのはなぜ?もし食べてしまった場合の症状や、致死量や応急措置についても調べてみました。

スポンサーリンク

犬にチョコレートがNGなのはなぜ?

犬はもちろん、猫にもチョコレートはNGだそうで、なぜ食べてはダメなのか?理由については、チョコレートに含まれる「テオブロミン」という成分にあるといいます。

テオブロミンはカカオ豆(チョコレートの原料)に含まれており、このテオブロミンによって心臓血管・中枢神経などを強く刺激するため、中毒症状を引き起こしてしまうそうです。

人間がテオブロミンを摂取しても、体内で分解し排泄するため中毒症状は起きませんが、犬や猫は人間とは消化の仕組みが違うため、テオブロミンを摂取しても排泄することができず、体内に蓄積=中毒症状を引き起こしてしまうそうです。※カフェインも中毒成分が含まれていますが、テオブロミンのほうが含有量が多いようです。

また、テオブロミンはチョコレート以外にも、コーラやお茶などにも含まれているそうです。

犬がチョコレートを食べると、どんな症状が出るの?

犬がチョコレートを食べてしまうと、さまざまな症状が出てしまうそうで、主に嘔吐・下痢・血便・血尿・発熱・呼吸困難・震え・脱水症状などが起きてしまうそうです。

これらの症状が起きるのは、チョコレートを食べた後の約6時間~12時間の間で起こり、食べた直後は何も変化がないため、チョコレートを食べたことに気づかない飼い主さんもいるそうです。

さらに飼い主さんの中には、犬にチョコレートを食べさせたけど、何も中毒症状は起こらなかった!というケースもあるといいます。犬にも個体差があるため、少量であれば何も症状が出ないケースもあるようですが、最悪死に至ることもあるため、やはり少量でも食べさせないのが1番安全だと思います。 

また、チョコレートの種類の中でも、ホワイトチョコレートよりダークチョコレートのほうが症状が重くなるといいます。※チョコレートに含まれるテオブロミンの量は、色が濃いチョコレートになるほどカカオ豆が多く使われるため、自然とテオブロミンの量も多くなるそうです。

スポンサーリンク

犬がチョコレートを食べた場合の致死量は?

もし、犬がチョコレートを食べてしまった場合の致死量については、例えば体重10キロ程の犬の場合は、約500~1000mgのテオブロミンを摂取すると中毒症状が起きてしまうそうです。そして、約2500mg~5000mgのテオブロミンを摂取してしまうと、約50%の確率で死に至るといいます。

死に至るチョコレートの量は約200g~400gで、板チョコ1枚が約60gですので、1枚食べると中毒症状が起きてしまい、4枚食べてしまうと死に至ってしまうそうです。

このことからも、犬にはチョコレートを食べさせないほうが良いですが、致死量以下で食べれば中毒症状が出る可能性は低いものの、致死量以下で症状が出ないのはあくまで健康な犬の場合のみで、内臓疾患やアレルギーがある犬の場合は、致死量以下でも死に至ってしまう可能性も高いそうです。

もし犬がチョコレートを食べた場合の応急処置は?

もし、犬が誤ってチョコレートを食べてしまった場合の応急措置としては、「吐かせる」ことだといいます。

しかし、チョコレートを吐かせる応急措置をするにしても、できるだけ自分でやらずに「動物病院」で処置してもらうのが良いそうです。動物病院で嘔吐促進用の薬を服用してもらうか、胃の洗浄をしてもらうのが安全だといいます。

応急措置してもらうにしても、深夜で動物病院がやっていない場合は、飼い主さんが吐かせる必要がありますが、「食塩」を使う方法があるそうです。

スプーン小さじ1~7杯くらいの塩を犬の舌の上に乗せ、飲み込ませた後は水を大量に飲ませるといいます。塩を飲ませることで、塩味の違和感によって嘔吐しやすくなるそうです。※食塩を飲ませる方法は健康な犬にだけ行うようにして、肝臓や内臓疾患、アレルギー体質の犬には食塩は飲ませないほうが良いそうです。

他にも応急措置として、薄めた「オキシドール」を飲ませる方法もあるといいます。

オキシドールは原液でも良いそうで、例えば小型犬には1回1~2ml。大型犬には3~5mlのオキシドールを飲ませて、嘔吐を促すそうです。オキシドールを飲ませた後は、1回で吐くこともありますが、1回で吐かない場合は15分おきに数回飲ませたほうが良いそうです。※オキシドールを飲ませる際も、健康な犬のみに行ったほうが良いそうです。

食塩やオキシドールを使う方法は、あくまで動物病院がやっていない時のみにしておき、できるだけ獣医さんに処置してもらってくださいね。

まとめ

犬が食べると危険なチョコレートですが、犬はチョコレートが大好きなことから、飼い主さんが注意して見ておかないと、目の前にあれば大量に食べてしまうそうです。

チョコレートを間違えて食べてしまい、動物病院で処置してもらうケースも多いそうなので、愛犬の健康のために手の届くような場所には置いておかないように、細心の注意を払っていきたいですね。

スポンサーリンク

 - ペット・動物 ,