お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

七五三のお祝い返しの相場は?どんな物をいつまでに贈るの?

   

七五三 お祝い返し 相場子供の健康や成長を祝うために、主に11月15日に行われる七五三ですが、お祝いを頂いた場合の「お祝い返し」は、そんな物を贈れば良いのでしょうか?

そこで今回は、お祝い返しの相場やどんな物を贈れば良いのか?また、いつまでに贈れば良いのか?調べてみました。

スポンサーリンク

七五三のお祝い返しの相場は?

七五三などの子供のお祝いで頂いた物に関しては、実は、お返しは必要ないとされているそうです。しかし、頂いたままでは気持ち的に・・・という方も多いことから、「内祝い」という形でお返しをすることが多いそうです。

内祝いとしてお返しをする際も、一般的にはどれくらいの相場なのか?調べてみたところ、

七五三のお祝い返しの相場は、頂いた金額のおよそ半額~三分の1程度だといいます。

お祝い返しの相場は半額~三分の1程度ですが、逆に頂いた以上の物を贈ってしまうと、相手が気を使ってしまう場合もありますので、できるだけ受け取りやすい物を贈るのが良いそうです。

※ちなみに頂いた金額以上の物を贈ることは、「お祝いをもらって迷惑だった」という意味もあるそうで、過度なお返しにならないように注意が必要だといいます。

七五三のお祝い返しはどんな物を贈るの?

七五三のお祝い返しに贈る物としては、一般的に「赤飯」や「千歳飴」などで良いそうです。

しかし、赤飯などはちょっと・・・と思われる場合は「日用品」「菓子折り」などがオススメだといいます。※日用品や菓子折りなどを贈る際も、お礼状や写真などを添えておくと、より感謝の気持ちが伝わると思います。

また、七五三のお祝いを頂くなかで、特に「祖父母」の場合は、可愛い孫のために高価な着物を買ってくれたり、お祝い金を多めに包んでくれる場合があるかも知れません。高価な物やお祝い金を多く頂いたお返しとして、こちらも少し高価なお祝い返しを贈る場合に、祖父母たちから「そんなに気を使わなくて良い」と、お祝い返しを受け取ってもらえないケースも考えられます。

もし、このようにお祝い返しを断られた場合は、祖父母たちの温かい好意に甘えてしまうのも良いと思いますが、それでもお返しをしたい!という場合は一緒に食事をしたり、遠出とはいかなくても近場に一緒に出かけるなどもオススメだといいます。お祝い返しとして物を贈るのも良いと思いますが、お爺ちゃん・お婆ちゃんにとっては、可愛い孫と一緒に過ごす時間が何よりのお返しになるといいます。

他にも、祖父母たちとすぐ会える場合は、孫の晴れ姿を七五三の当日にみせてあげたり、遠く離れている場合は日用品や菓子折りなどと一緒に、晴れ姿の写真を添えてあげれば喜んでくれると思います。

祖父母の他にも「親戚」にお祝いを頂いた場合は、こちらも頂いた金額のおよそ半額~三分の1程度の菓子折り(日持ちするカステラなどがオススメ)や、日常で使えるタオルや洗剤、油などの日用品などがオススメだといいます。※親戚にお祝い返しを贈る場合も、品物と一緒にお礼状や七五三の写真などを添えておくと良いそうです。

また、近所の方や友人などからお祝い頂いた場合は、千歳飴がオススメだといいます。※近所の方などから高価な物を頂いた場合も、頂いた金額のおよそ半額~三分の1程度で、日用品やお菓子などが良いそうです。

スポンサーリンク

七五三のお祝い返しはいつまでに贈るの?

七五三のお祝い返しをいつまでに贈るか?については、
お祝い返し自体は七五三を終えた日以降に贈りますが、

遅くても七五三が終った1~2週間以内に贈るのが一般的なマナーだといいます。

お祝いを頂いた感謝の気持ちは、できるだけ早めに伝えておくのが良いですし、時間が経ちすぎてしまうと逆に失礼にあたってしまいますので、遅すぎることのないように注意してくださいね。

また、お祝いを頂いた方が近くに住んでいる場合は、七五三の当日にお子さんの晴れ姿を見せに行って、その際にお祝い返しを手渡すのが良いそうです。

お祝い返しの品物を贈る際も、品物には紅白の蝶結び(花結び)の水引きを使用し、その水引きの上に「内祝」「御礼」「七五三内祝」のどれかを書いておき、その下にはお子さんの名前を入れておきます。※お子さんの名前を書く際は、名字は書かずに「名前」だけを書くのが一般的だといいます。しかし、品物を配送する場合の差出人の名前は「親の名前」を書いて贈ります。

まとめ

七五三のお祝い返しを贈る際に、日用品や菓子折りなどの他にも「カタログギフト」という選択肢もあるそうですが、こちらはあまりオススメできないといいます。

理由は、カタログギフトは商品を選んで注文する必要があるため、特に年配者の方にとっては手間のかかる面倒な作業となってしまいます。そのため、できるだけ手間の掛からない、すぐ使えるお祝い返しを選ぶのが良いそうです。

贈る品物に関しても、本来はお返しは必要ないとされていますので、お祝い返しについてはあまり悩まずに、感謝の気持ちが伝わる物を贈れば喜ばれると思います。

お子さんの成長を祝いながら、思い出に残る七五三にしてくださいね♪

スポンサーリンク

 - イベント ,