お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

メタセコイア並木の紅葉の見頃な時期は?見どころやアクセスは?

   

メタセコイア並木 紅葉 見頃滋賀県高島市にあるメタセコイア並木では、紅葉の時期になると約500本もの美しく色づいた、メタセコイヤの光景が見られるといいます。

「新・日本街路樹百景」に選ばれるほど、滋賀県を代表する観光名所であるメタセコイア並木について、紅葉の見頃な時期や見どころ、アクセスについてお伝えさせて頂きます。

スポンサードリンク

メタセコイア並木の紅葉の見頃な時期は?

メタセコイアの木が色づき始めるのは、毎年10下旬頃だといいます。

紅葉の見頃な時期については11月上旬~11月下旬までだそうで、最もピークな時期は11月中旬頃だそうです。

12月に入ると葉は落ちてしまいますが、約500本ものメタセコイアの木があることから、運が良ければ雪景色と一緒に紅葉を見ることができるかも知れません。また、メタセコイア並木の紅葉が見られる高島市マキノ町は、昔からスキー場や果樹園が栄えており、観光や農業の町としても多くの観光客が訪れるといいます。

普段のメタセコイヤ並木は、スキー場に向かうための道として利用されていますが、この道の両脇に約500本・総距離約2.5キロに渡って、メタセコイヤの木が植えられているそうです。※メタセコイヤの木は、始めは約2キロに渡って400本植えられていましたが、後から100本程、追加して植えれたといいます。

杉の一種であるメタセコイヤは、中国原産の針葉樹だそうで、木が高く伸びる姿が「セコイヤの木」に似ていることから、「メタ(変形)セコイア」という名前が付けられたそうです。

メタセコイヤも成長すると高く伸びる姿が美しいことから、街路樹としても人気が高いものの、過去にはメタセコイヤの木は絶滅したと考えられていたようです。絶滅したかに見えたメタセコイヤでしたが、1946年に中国で発見され、苗木がその後日本に輸入されたことで広まっていったそうです。

そして高島市のメタセコイアの木も、地元の方達に大切に育てられ、今では観光名所になるまで成長したといいます。

メタセコイア並木の紅葉の見どころは?

「新・日本街路樹百景」にも選ばれるメタセコイア並木の紅葉は、車から見る景色はもちろん、歩いて見る景色も素晴らしいといいます。メタセコイア並木の一直線に伸びた道路と、それに寄り添うように赤く色づいた紅葉は見どころで、まるで映画のワンシーンのような景色が見られるそうです。

昼間に見る景色も美しいですが、夕日を浴びたメタセコイア並木の姿は、赤く色づく葉と夕日の赤色が重なり、さらに見どころある美しい景色を楽しむことができるそうです。

また、メタセコイア並木は紅葉の他にも、「りんご狩り」も楽しめるといいます。

メタセコイア並木に続く道の途中には、「マキノピックランド」というレジャー施設があるそうで、ここではりんご狩りの他にも、フルーツ狩りやグラウンドゴルフ、レストランなどもあるそうです。※りんご狩りは毎年11月頃から開催され、60分食べ放題+お土産として大人6個・子供4個のりんごが貰えるそうです。

◆マキノピックランド
・住所:滋賀県高島市マキノ町寺久保835-1
・お問い合わせ:0740-27-1811
・営業時間:9時~17時(最終受付は16時まで)
・定休日:水曜
(祝日:翌平日。紅葉期:11月下旬~12月上旬は無休)
・りんご狩り料金:大人1500円、小人1000円、幼児(3歳以上)500円

スポンサードリンク

メタセコイア並木のアクセスは?

メタセコイア並木へのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
JRマキノ駅からマキノ高原行きのタウンバス「ピックランド」を下車し、徒歩ですぐ

◆車でアクセスする場合
名神高速京都東ICから約90分

電車で向かわれる際は、JRマキノ駅は1時間に1本しか電車が停まらないため、帰りの時刻表は駅で確認しておくのが良いそうです。

・住所:滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野
・お問い合わせ:0740-33-7101
(びわ湖高島観光協会)

まとめ

メタセコイア並木は秋の紅葉時期に行くのも良いですが、春や夏や冬など1年を通しても異なる景色が楽しめるそうです。

そして、メタセコイア並木を見た後には、道の駅や温泉などの施設もあるそうなので、ぶらり立ち寄ってのんびり過ごすのも良いですよね♪

スポンサードリンク

 - レジャー ,