お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

ドライノーズって何?どんな症状が出るの?対処法は?

   

ドライノーズ 症状花粉や風邪のせいで鼻がムズムズする事があると思いますが、ムズムズではなく鼻の奥がピリピリする場合は、ドライノーズが原因かも知れません。

ドライノーズという言葉は、普段あまり聞くことはないですが、鼻の奥のピリピリが悪化してしまうと、他の病気になる可能性もあるそうです。

そこで今回はドライノーズって何?詳しい症状や対処法について調べてみました。

スポンサーリンク

ドライノーズって何?

鼻の中の粘膜が乾燥することで発症するドライノーズは、別名「乾燥性鼻炎」とも呼ばれているそうです。

普段の鼻の中は粘液などにより、湿気を帯びた状態となっていますが、脱水症状や室内の乾燥などによって体が水分不足になることで、鼻も乾燥した状態になってしまうそうです。そして、鼻が常に乾燥した状態になってしまうと、鼻の奥がピリピリするドライノーズになってしまうといいます。

ドライノーズになりやすい時期についても、空気が乾燥する冬の時期になりやすいのでは?と言われていますが、冬以外にもエアコンなどの乾燥しやすい環境にいると、季節を問わずドライノーズになりやすいそうです。※ドライノーズは風邪やアレルギー性鼻炎などのウイルスが原因でなる訳ではないといいます。

ドライノーズの原因は?

元々の鼻の役割は、生きるために絶対に必要な呼吸する役割の他にも、呼吸する際に空気中にある雑菌・ウイルスを体内に入れないようにするバリアの役割もあるといいます。そして、鼻の奥にある粘膜は空気中の雑菌・ウイルスを体内に入れないよう確保する役割があり、この粘膜に生えている細かな「線毛(せんもう)」も重要な役割を果たしているそうです。

線毛は粘膜の粘液ごと体内や体外に排出する役割があり、例え体内に入ったとしても、ちゃんと胃などに運び消化=雑菌やウイルスを無害化してくれるそうです。体外に排出する際も、鼻水やタンとして排出されるといいます。

しかし、ドライノーズが原因で粘膜が乾燥することで、細菌などに対するバリア機能が低下してしまい、結果的に風邪やインフルエンザ、花粉症などにかかりやすくなるそうです。

スポンサーリンク

ドライノーズはどんな症状が出るの?

ドライノーズの症状は主に、

・鼻がムズムズして鼻をかんでも鼻水が出ない
・鼻の奥がヒリヒリして痛い
・鼻をかんで鼻水が出たとしても出血している
・鼻の奥に、常に違和感がある
・鼻の中を掃除したときに大量の鼻クソが出る

などがあるといいます。

ドライノーズによって鼻の奥がムズムズする場合は、鼻水が出なくても鼻をかんだり、さらに綿棒などを使ってどうにか痒みを抑えようとすると、粘膜が傷つくことで出血しやすくなり、余計に症状が悪化してしまうそうです。

また、ドライノーズの症状の中で「鼻クソが大量に出る」のも、取り除こうと鼻を過剰にかんだりすることで、粘膜が傷ついてしまいますが、女性は特に気になってしまうため、イライラの原因にもなりやすいといいます。

ドライノーズの対処法は?

ドライノーズにならないようにする対処法は、「湿度不足」にならないようにするのが1番だといいます。エアコンなどの使用により、普段の生活でも湿度不足になりやすいことから、湿度設定を見直してみるのが良いそうです。

空気が特に乾燥しやすい冬の時期などでも、「湿度40%」を目安にして、加湿器などを使って湿度を調整するのがオススメだといいます。しかし、職場などの湿度の調整が難しい場合は、小さめの加湿器を置いてみたり、群れたハンカチを干すなどして対処するのが良いそうです。

湿度不足ではなく、湿度が高くなる夏の時期については、エアコンの除湿機能がドライノーズの原因になる事も。そのため、夏場のエアコンを設定する際は、除湿機能がある場合は「湿度40%」を目安に設定します。※職場でも冬と同じように、加湿器などの対策をするのが良いそうです。

室内で湿度調整するのが難しい場合にオススメなのが、「塗れマスク」によるドライノーズ対策だといいます。

塗れマスクは市販のマスクで簡単に作ることができ、

◆材料
・不織布、または布タイプなどの市販マスク
・マスクより一回り小さいガーゼ、または布マスク
・ペットボトルの水

上記のような材料を揃えた後は、まず一回り小さいガーゼを水に濡らしてしっかり絞ります。そして、絞ったガーゼを市販マスクの内側に入れれば完成です。※塗れマスクを装着した後も、ガーゼは長時間使用すると雑菌も増えますので、1日使った後は捨てるのが良いそうです。

ドライノーズの対処法は他にも、市販薬として最近は「点鼻薬」も販売されており、点鼻薬によって粘膜の血管が収縮することで、鼻のムズムズなどが解消されるといいます。しかし、このような点鼻薬をドライノーズ対策として使用すると、逆に鼻の乾燥が悪化してしまう場合もあるそうです。

点鼻薬を使う際は自己判断ではなく、必ず耳鼻科で医師の指示のもとで、使用したほうが良いそうです。

まとめ

あまり聞き慣れないドライノーズですが、鼻が乾燥したままでいると風邪や花粉症などの原因にもなりますので、湿度不足にならないように日頃から注意したいですね。

他にもドライノーズ対策として、水を飲むなどの水分補給も効果的ですので、ドライノーズにならないように、しっかり健康にも気を配っていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,