お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

奈良公園 紅葉の見頃は?ライトアップやアクセスは?

   

奈良公園 紅葉 見頃観光名所としても有名な奈良県にある奈良公園は、紅葉の季節になると常緑樹のコントラストが色鮮やかになる、美しい景色をみることができます。

そんな奈良公園 紅葉の見頃やライトアップ、アクセス情報についてお伝えします。

スポンサードリンク

奈良公園 紅葉の見頃は?

奈良公園の紅葉は、例年10月下旬頃から色づきはじめ、

11月上旬~12月上旬頃が見頃となっています。

奈良公園ではナンキンハゼやモミジなどの、美しい景色がみられますが、ナンキンハゼは10月中旬頃から。モミジは11月中旬~12月上旬頃が1番見頃な時期となります。

奈良公園 紅葉のライトアップは?

モミジやナンキンハゼ、桜の木々が美しい表情をみせる奈良公園の紅葉は、古都・奈良の顔として、国の天然記念物にも指定されています。

園内は約502万平方メートルの広さがあり、野生の鹿が生息する観光名所として有名な公園です。また、興福寺・東大寺・春日大社・正倉院などの有名な寺院も隣接し、紅葉の時期以外でも一帯の重要建造物などを中心として、夜のライトアップが通年実施されています。

・ライトアップの時期:通年(東大寺は夏期のみ)
・ライトアップの時間:19時~22時頃(9月は18時~22時頃まで)

奈良公園の紅葉でオススメな場所として東大寺大仏殿の裏手にある「大仏池」があり、池の周囲で色づく紅葉と、東大寺の姿を一緒に眺めることができます。

また、春日大社の北側にある「水谷神社」もオススメで、水谷神社の裏で流れる、水谷川に掛かっている「水谷橋」や、この橋を渡った先にある「藁葺きの茶屋」も紅葉スポットとして有名です。

他にも奈良公園といえば「東大寺」も有名ですが、東大寺の大仏殿を東に行くとある「手向山八幡宮」も、昔から紅葉が見られる場所として有名です。特に手向山八幡宮は、大銀杏の黄葉がキレイですので、ぜひ訪れてみてくださいね。

スポンサードリンク

奈良公園 紅葉のアクセスは?

奈良公園 紅葉のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
JR近鉄奈良駅から市内循環バス→大仏殿春日大社前を下車し、徒歩で約5分

◆車でアクセスする場合
・第二阪奈有料道路終点(宝来ランプ)から約15分
・名阪国道天理ICから約20分

奈良公園まで車で向かう場合は、紅葉の時期は道路も渋滞し、特に土日の公園周辺の駐車場は、すぐに満車となってしまうそうです。

奈良公園へは、なるべく公共機関を利用して行くのが良いですが、車で駐車する場合は「奈良教育大学」付近の駐車場に停めてから、市内循環バスで向かう。または、「JR奈良駅」の周辺にある駐車場に停めて、バスで奈良公園に向かうのがオススメです。

・住所:奈良県奈良市雑司町・春日野町・登大路町・高畑町他

・お問い合わせ:0742-22-0375(奈良公園事務所)

・駐車場:県営登大路駐車場(1日1000円)。他にも周辺に民間有料駐車場あり。

まとめ

奈良公園の紅葉はモミジやイチョウ、ナンキンハゼや桜など、多種類の紅葉が11月上旬~12月上旬頃まで見られますので、園内随所に色づく秋の情緒をぜひ堪能したいですね。

紅葉も奈良駅を降りてすぐ楽しめますので、広大な園内をゆっくり見て回りながら、有名なお寺や寺院にも立ち寄ってみたいですね。

スポンサードリンク

 - レジャー ,