お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

秋月城跡 紅葉の見頃は?見どころやアクセスは?

   

秋月城跡 紅葉 見頃紅葉の名所としても有名な福岡県朝倉市にある秋月城跡は、秋になると紅葉を見学するために、全国からも毎年たくさんの人が訪れるといいます。

モミジの紅葉、イチョウの黄葉が美しい秋月城跡の紅葉について、見頃な時期や見どころ、アクセスについてお伝えします。

スポンサーリンク

秋月城跡 紅葉の見頃は?

秋の季節は「筑前の小京都」とも呼ばれる秋月城跡は、例年11月上旬頃から葉が色づきはじめ、

11月下旬~12月上旬頃が1番見頃となるそうです。

紅葉といえば、夜のライトアップも楽しみですが、秋月城跡では残念ながら、夜のライトアップは実施されないようです。

秋月城跡 紅葉の見どころは?

秋月城跡の紅葉の見どころは、福岡県の重要文化財にも指定されている「黒門」周辺にある、約20本のモミジだといいます。

黒門とモミジが赤く染まるコントラストが美しく、この光景を目当てに毎年多くの人が訪れるそうです。

他にも見どころとして、黒門から徒歩で約10分程の所にある高台(久野邸近く)には「時櫓(ときやぐら)」があり、この場所からは秋月城下を一望できる穴場スポットとなっているそうです。時櫓からも美しい紅葉を見ることができ、この場所はあまり知られていないため、ゆっくり紅葉を見学することができるようです。

また「眼鏡橋」からは、水の流れる音を聞きながら、紅葉を見ることができるそうです。

その他にも「杉の馬場通り」は土産屋さんや食事処が並んでおり、紅葉を見ながら食事や買い物も楽しめるといいます。※食事処で特にオススメなのが、黒蜜ときな粉の甘さがクセになる、黒門茶屋の名物「くずもち」だそうです。

◆黒門茶屋
・住所:福岡県朝倉市秋月野鳥684-2
・お問い合わせ:0946-25-0492

また、現在は中学校になっている秋月城跡ですが、もとは今から約800年前(鎌倉時代)に建てられ、明治時代に入ると廃城になってしまったようです。

スポンサーリンク

秋月城跡 紅葉のアクセスは?

秋月城跡 紅葉のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
甘木鉄道 甘木駅から秋月行きバスに乗り(約20分)、
郷土館前停留所を下車し、徒歩で約10分 

◆車でアクセスする場合
大分自動車道甘木ICから国道322号経由で約20分

車で向かう場合は、秋月城跡には約500台停められる有料駐車場(300円)がありますが、紅葉の時期は混雑するため、早めに現地に着くのが良いそうです。

・住所:福岡県朝倉市秋月野鳥

・お問い合わせ:0946-24-6758(あさくら観光協会)、0946-52-1428(朝倉市役所 商工観光課)

まとめ

秋月城跡の紅葉は、黒門周辺のモミジを目当てに、毎年朝早くから多くの人で賑わうそうです。

黒門以外にも、時櫓や眼鏡橋からも美しい景色が見られ、杉の馬場通りではお土産や食事も楽しめますので、ゆっくりと秋月の候を堪能しながら、1日を過ごしてみるのも良いですよね。

スポンサーリンク

 - レジャー ,