お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

クリスマスツリーの由来は?飾りの意味は?

   

クリスマスツリー 由来クリスマスツリーの飾り付けをすると、家の中も一気に華やかになりますが、いつからツリーが飾られるようになったのでしょうか?

そこで、クリスマスツリーの由来や飾りの意味について調べてみました。

スポンサードリンク

クリスマスツリーの由来は?

クリスマスツリーの由来をさかのぼっていくと、北欧の冬のお祭りである「ユール」にあるといいます。

ユールとは、ブナ科の常緑高木である樫の木(かしのき)を飾りながら、焚き火をしながら飲食を楽しむという、ゲルマン系民族の祭りだそうです。

そして、ゲルマン系民族の大陸移動と共にドイツに伝わり、さらにキリスト生誕を祝う祭りとして、樫の木の見た目も「三角形のモミの木のツリー」へと変化したといいます。

ちなみにモミの木が三角形なのは、キリスト教の教えである「父と子と精霊」の三位一体を表すようで、三角形の頂点が父(神)。三角形の底辺が子(キリスト)と精霊という意味があるそうです。

クリスマスツリーの飾り付けはドイツから広まった?

ドイツには昔から、モミの木に飾り付けをする風習があったそうです。モミの木に飾り付けをすることで、「もみの木に宿る小人が幸せを運んでくれる」という言い伝えがあったといいます。

そして、ドイツを代表する神学者マルティン・ルターの逸話によって、クリスマスツリーがドイツ全土に広まったといいます。

きっかけは、ある年のクリスマスイヴの日。礼拝を終えた帰りに常緑樹(1年を通して幹や枝に葉がついている植物のこと)の木々の合間に、無数の星が輝くのを発見します。常緑樹から見える星の美しさに感動したマルティン・ルターは、この風景を家で再現するために、モミの木を自宅に持ち込み、ロウソクなどで飾り付けを行ったそうです。

このマルティン・ルターの逸話がドイツ全土に広まったことで、クリスマスツリーに飾り付けがされるようになったそうです。

スポンサードリンク

クリスマスツリーの飾りの意味は?

クリスマスツリーを華やかにするオーナメント(装飾品)にも、それぞれ意味があるといいます。

各オーナメントの意味については、

◆ベツレヘムの星
クリスマスツリーの頂点に飾り、星の形をしていているベツレヘムの星は、キリストが生まれた際に輝いていた星を表現しているようです。※ベツレヘムの星が実際にあるかどうか?は分かっていないそうです。

◆天使
天使の飾りは、キリストの母である聖母マリアへ受胎を告げた天使「ガブリエル」を表現しているそうです。

◆ボール
丸い形をしたキラキラするボールは、旧約聖書に出てくるエデンの園の「知恵の実」を表現しているそうです。ちなみに知恵の実は、アダムとイヴが食べたことでエデンから追放され、罰として地上で生きることになった!という物語ですが、この知恵の実はリンゴだったと言われており、クリスマスツリーにリンゴのオーナメントを飾ることもあるようです。

◆杖
紅白のシマ模様をしている杖のオーメントは、「キャンディケイン」と呼ばれ、羊飼いの杖を表現しているそうです。羊飼いの杖は、キリスト教では人=羊、キリスト=羊飼いに例えることがあるそうで、羊飼いの杖は羊である信徒を導く象徴でもあるといいます。

◆クリスマスリース
クリスマスツリーの飾り付けの定番アイテムであるクリスマスリースは、リボンが付いていたり、それだけで飾ることもありますが、ミニタイプのリースをクリスマスツリーに飾ることも。このクリスマスリースは丸くなっていることから、始まりや終わりのない=永遠を意味しているそうです。

リースに付いているリボンにも、永遠の絆で結ばれますように!という願いが込められているそうです。リースに飾ることもある「松ぼっくり」には、不滅性(ふめつせい:死のないこと)や、実り豊かな象徴としての意味があるようです。

◆柊(ひいらぎ)
柊は、ギザギザの葉に赤い実が付いていますが、これには「魔除け」の意味があるといいます。※柊の葉は、キリストが処刑される時にかぶせられた「茨の冠(いばらのかんむり)」、赤い実は「キリストが流した血」と言われているそうです。

◆イルミネーション
クリスマスツリーに飾る電飾のイルミネーションは、昔はキャンドルに火を灯していたそうです。このキャンドルの灯火は、ドイツのマルティン・ルターが見た光景を表し、無数の星が輝く姿を表現しているといいます。

日本で最初にクリスマスツリーが飾られたのは?

日本でクリスマスツリーが飾られたのは12月7日で、この日は「クリスマスツリーの日」として、最初にツリーが飾られた記念の日だそうです。

そして、クリスマスツリーが飾られるきっかけとなる、キリスト教が日本に伝わったのは1549年で、ツリーが伝わるようになったのは明治時代からだといいます。

※明治時代には、外国人が多く住んでいた横浜からクリスマスが広まり、明治19年(1886年)の12月7日に、蜂蜜・缶詰などが有名な横浜・明治屋で、クリスマスツリーが初めて飾られるようになったそうです。

まとめ

クリスマスを華やかにする飾り付けも、キリストに関係のある物が多く、その1つ1つにも深い意味が込められていたんですね。

クリスマスツリーの飾り付けを子供と一緒にする際は、12月7日の「クリスマスツリーの日」から始めて、各オーナメントの意味も教えてあげたいですね♪

スポンサードリンク

 - 12月の行事, イベント ,