お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

亜鉛で髪は太くなるの?白髪は?副作用は?

   

a20151212髪の毛が細くなり、ボリューム感もなくなり・・・なんてことはありませんか?年齢と共に髪の毛の力が弱まっていくのは仕方のないことかも知れませんが、

実は、髪の毛の問題には「亜鉛」を摂取すると良いそうです。

そこで今回は、亜鉛で髪は太くなる?白髪は改善する?さらに副作用はないの?について、解説させていただきます。

スポンサーリンク

亜鉛で髪は太くなるの?

亜鉛には、人間の体内にある細胞の生成を助ける役割があります。

そして亜鉛が体内で不足してしまい、細胞の生成を助けることが出来なくなってしまうと、

・肌荒れ
・生殖機能の衰え
・筋肉や骨、肝臓などが弱くなる
・立ちくらみ
・目の疲れ
・味覚が鈍くなる

などの影響が出てしまうこともあるそうですが、

髪の毛に対しても亜鉛は、毛母細胞(髪を作りだす細胞)の生成を助ける役割をしており、髪が太くなったり細くなったりするのも、亜鉛をきちんと摂取しているかによって、影響が出てしまうそうです。

しかし、もともと髪の毛は「タンパク質」が主成分になっていますが、ただタンパク質を摂取すれば髪が太くなる!という訳ではなく、亜鉛などの酵素と交わることによって、新しい髪の毛の細胞が作られるのです。

そして、細くなってしまった髪の毛を太くするためには、毎日の生活で、亜鉛が不足してしまわないように摂取することが大切です。

亜鉛の1日の摂取量については、約3mg~15mgほどを目安にして、サプリメントからでも亜鉛は気軽に摂取できますが、

食事から摂取する際の亜鉛が多く含まれている食材は、

・チーズ
・牡蠣(かき)
・牛肉
・抹茶
・胡麻(ごま)
・レバー
・コンビーフ
・煮干し

などがあります。

それでも、ただ亜鉛を摂取すれば良いという訳ではなく、タンパク質やビタミンなどの栄養素も摂取しなくては、髪の毛もしっかり生成されず、太くなっていきません。

あくまで亜鉛の役割は、髪の毛の生成を手助けするだけなので、しっかりと栄養のバランスを考えた食事をとることが必要です。

亜鉛で白髪は改善する?

髪の毛に色をつける役割をメラニン色素がしているのですが、亜鉛はこのメラニン色素を作るのに欠かせない役割をしており、亜鉛が不足してしまうと、メラニン色素も不足して、白髪も増えていってしまうそうです。

白髪を改善するにも、日頃から亜鉛を摂取することが大切ですが、特に白髪を改善するのにおすすめな食材が「胡麻(ごま)」です。

胡麻は、白髪の改善だけでなく、予防するのにも良いそうで、タンパク質・ビタミン・ミネラルなどの必要な栄養素が全て凝縮されています。

さらに「黒胡麻」になると、老化の原因となる活性酸素から体を守ってくれる、抗酸化成分も多く含まれており、白髪の改善の他にも、頭皮のアンチエイジングにもなるそうです。

また亜鉛は、ビタミンCやクエン酸と一緒に摂取すると、体への吸収力がさらに高まるそうで、ビタミンCも抗酸化作用があり、白髪を改善する栄養素になるそうです。

スポンサーリンク

亜鉛の副作用は?

亜鉛の副作用については、摂取し過ぎると、銅の吸収を邪魔してしまい、肝機能などに影響がでてしまうといいます。

特にサプリメントを飲んでいる場合は、あまりに大量に摂取すると、副作用として急性中毒症状になる危険性もありますので、用法・用量を守って飲んでいきたいですね。

亜鉛を過剰に摂取してしまった場合に起こりやすい副作用が、

・頭痛、発熱
・吐き気、嘔吐
・だるさ・倦怠感
・神経の障害
・腎臓の障害

などがあるそうです。

しかし、副作用がでてしまうのは、あくまでサプリメントを過剰に飲んでしまった場合に起きやすくなり、普段の食事で副作用が出ることは、ほとんどないそうです。

さらに長期的に摂取していても、腸への銅の吸収率が低下してしまう副作用があるといいます。

体を作るのに必要不可欠な、ミネラルの1つである銅ですが、これが不足してしまうと、貧血・骨が弱くなる。そして白髪の原因にもなるそうです。

活性酸素を抑える役割をしている亜鉛ですが、不足して活性酸素が増えてくると、細胞も傷つけられてしまうために、白髪以外にも肌の老化、さらにガン細胞まで生み出す原因になってしまうそうです。

何事も摂り過ぎは良くないみたいですね。

まとめ

白髪も遺伝的なケースもありますが、白髪対策ができるならやりたいですし、

ただ・・・摂取し過ぎないように注意しながら、バランスよく栄養を摂っていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット, 食品・飲料 , ,