お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

インフルエンザは腰痛の症状も出るの?原因や緩和する方法はあるの?

   

インフルエンザ 腰痛 症状インフルエンザに感染すると、熱や頭痛などの症状が出ますが、ときには腰痛の症状が出ることも。

そこで今回は、インフルエンザで腰痛の症状が出る原因や、緩和する方法はないのか?調べてみました。

スポンサードリンク

インフルエンザは腰痛の症状も出るの?

インフルエンザの症状には、発熱・高熱・頭痛・倦怠感・悪寒・鼻水などがありますが、その他にも体の関節が痛くなったり、筋肉痛になることもあるそうです。

そして、インフルエンザになると腰痛の症状が出る場合もあり、体を動かすと腰がギシギシ痛むことや、体を動かさずに寝ている状態でも、腰が痛くなることがあるようです。

腰痛以外にも、首・背中・腕・足などが痛くなる場合もあるそうです。

インフルエンザで腰痛になる原因は?

インフルエンザの症状の1つに腰痛がありますが、腰痛になる原因に「プロスタグランジン」があるといいます。

プロスタグランジンという物質は、インフルエンザウイルスが体内に侵入すると発生し、血管を広げて発熱を促すそうです。発熱することで体内の免疫機能を高め、インフルエンザの症状が酷くならないように、防いでくれるといいます。

しかし、症状が酷くならないように防いでくれる反面、プロスタグランジンは関節痛や腰痛の原因になってしまうそうです。それでも腰痛の症状が出ている場合などは、プロスタグランジンがインフルエンザウイルスと、体内で戦っている証拠だといいます。

※プロスタグランジンは、インフルエンザウイルスに反応して発生するため、腰痛以外にも首・肩・腕・足などの関節痛や筋肉痛などの痛みが出ることもありますが、普通の風邪の場合は、腰痛などの症状はほぼ出ないそうです。

インフルエンザと風邪の違いは?

インフルエンザになると腰痛や筋肉痛、高熱や倦怠感などの全身症状が出ますが、風邪は全身症状ではなく、例えば喉の痛み・鼻ずまり・くしゃみなどの部分症状が出るといいます。

インフルエンザと風邪の違いを見分けるには、インフルエンザは全身症状。風邪は部分症状が出ることですが、特にインフルエンザに感染してしまった場合は、周りに感染する可能性が高いため、早めに医師の診断を受けることが大事だといいます。

スポンサードリンク

インフルエンザの腰痛を緩和する方法は?

インフルエンザになると体を休ませるために、布団で寝ているときが多いと思います。しかし、布団で横になる時間が多くなると、重力によって体や腰にも負担がかかってしまうそうです。

腰に負担がかかることで痛みも出てきますが、インフルエンザウイルスと戦うプロスタグランジンの発生も合わさると、余計に腰の痛みが悪化してしまうこともあるといいます。

腰痛を悪化させずに緩和する方法として、痛い部分に「冷却剤」をあてて冷やすのが効果的だといいます。※冷却材を使うときは、急に冷やしてしまうと痛みが後で出ることがあるため、ゆっくり冷やしてあげるのが良いそうです。

インフルエンザの腰痛を緩和するには他にも、布団で寝るときに「あお向け」では腰に負担がかかることから、なるべく「横向き」で寝ると痛みが緩和されやすいようです。

※横向きで寝るときも、長時間も同じ体勢でいるのではなく、右向き・左向きと体勢を変えたほうが良いそうです。それでも寝返りするのが辛い状態なら、1日おきでも良いので体勢を変えるのが良いそうです。

腰痛があまりに酷い場合は「鎮痛剤」を使う方法もありますが、鎮痛剤の中にはインフルエンザ時での服用ができない薬もあるため、服用する前には必ず医師と相談してくださいね。

まとめ

インフルエンザに感染した場合は、発熱や倦怠感、ときには腰痛になることもありますが、少しでもインフルエンザの疑いがある場合は、早めに病院へ行くことが大切だといいます。

また、インフルエンザに感染しないためにも、普段から予防を心がけていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,