お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

あしかがフラワーパーク イルミネーションの期間は?見どころやアクセスは?

   

あしかがフラワーパーク イルミネーション 期間栃木県のあしかがフラワーパークで開催される冬のイベント「光の花の庭」は、関東三大イルミネーションの1つとして、毎年たくさんの観覧客が訪れる人気イベントだといいます。

約350万球もの電飾が美しく咲き誇る、あしかがフラワーパークのイルミネーションについて、開催期間や見どころ、アクセスについてお伝えさせて頂きます。

スポンサードリンク

あしかがフラワーパーク イルミネーションの期間は?

東京ドイツ村や、江ノ島 湘南の宝石のイルミネーションに並ぶ、関東三大イルミネーションの1つとして有名なあしかがフラワーパークの「光の花の庭」ですが、

2016年は、10月22日(土)~2017年2月5日(日)の期間で開催されます。

◆イルミネーションの点灯時間
16時30分頃

◆あしかがフラワーパークの開園時間
・通常の場合
11月下旬頃までは9時~18時(11月下旬以降は10時~17時)

・イルミネーションの開催期間中の場合
平日は9時~21時、土日祝は9時~21時30分まで(開園時間は花の咲き具合で変更する場合もあるそうです)

※休園日は12月31日

◆入園料
・昼の部(開園~15時30分まで)
中学生以上は300円~700円、4歳~小学生は100円~400円(入園料も花の咲き具合で変動するそうです)

・夜の部(15時30分以降)
中学生以上は800円、4歳~小学生は400円

あしかがフラワーパーク イルミネーションの見どころは?

350万球もの電飾が光り輝く「光の花の庭」は、見どころとして「奇跡の大藤」「藤のトンネル」があるといいます。

奇跡の大藤では、日本一の大藤に藤色の花房をイメージした電飾を付け、さらに藤の花が咲く様子を、イルミネーションの光で動かして再現するそうです。※本来は藤の花が咲く季節ではないものの、光輝く藤の花が、美しい景色を写し出してくれるそうです。

また、もう1つの見どころである藤のトンネルは、まるで光の藤の花が咲いたかのような光景が見られ、全長80mものトンネルでは白藤も楽しめるといいます。

あしかがフラワーパークのイルミネーションでは、電球の光り方や流れる音楽をコンピューターで制御しており、イルミネーションの光る動きに変化を持たせているそうです。

なかでも、夢と希望が生まれる様子を、魔法の虹で表現した「レインボーマジック」。日本の四季を光と音楽で表現した「こころの故郷」など、緻密に計算された演出は、大人から子供まで楽しめるそうです。

その他にも、クリスマスを演出してくれる高さ25mの「イルミネーションタワー」。水面に映り込む姿が幻想的な「光のピラミッド」。

光の壁画「スノーワールド」や光り輝くバラが美しい「光りのバラ園~ハピネスガーデン~」など、見どころあるイルミネーションが、園内に数多く設置されるそうです。

スポンサードリンク

あしかがフラワーパークへのアクセスは?

あしかがフラワーパークへのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
JR両毛線富田駅から徒歩で約13分

◆車でアクセスする場合
東北自動車道 佐野藤岡ICから国道50号を経由し、県道128号を川崎町方面へ車で約10キロほど※国道50号 久保田町交差点を右折

車でアクセスする際は、あしかがフラワーパークには約300台停められる無料駐車場がありますが、イルミネーション期間中はすぐに満車となってしまうそうです。

イルミネーション期間中のなかでも、クリスマスシーズンはさらに混雑しますので、車で向かう場合は15時30分前後には、現地に到着しておいたほうが良いそうです。

※週末でも、16時30分頃なら空きがあるかも知れませんが、18時や19時頃になると、周辺道路は渋滞になることが多いようです。

・住所:栃木県足利市迫間町607
・お問い合わせ:0284-91-4939
(あしかがフラワーパーク)

まとめ

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、園内にある全ての場所にも電飾が施されており、どこを歩いても見ごたえ充分だといいます。

また、撮影スポットも数多く設置されていますので、楽しく記念撮影しながら、幻想的で美しいイルミネーションを堪能したいですね。

スポンサードリンク

 - イベント ,