お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

腹巻きは健康や美容効果があるの?使う際の注意点は?

   

腹巻き 健康 美容効果昔からある腹巻きですが、ファッション性としては、ダサいイメージがあるかも知れません。しかし、実際に腹巻きを使用してみると、実は体にとって良い事ばかりだといいます。

そこで、腹巻きの健康や美容効果について。腹巻きを使う際の注意点について調べてみました。

スポンサーリンク

腹巻きは健康に良いの?

腹巻きは健康にも良く、使用することでお腹が温まることから、まず代謝機能がUPするといいます。

腹巻きでお腹が温まると血行が良くなり、血行によって基礎体温が上がることから、代謝機能も自然に上がっていくそうです。※人間の体は、体温が1度上がると、約12%ほど代謝能力がUPするようです。

代謝機能が上がると脂肪が燃えやすい体質になることから、ウォーキングなどの有酸素運動をすることで、ダイエット効果も期待できるそうです。

また、腹巻きの健康効果については、血行が良くなると、血管を流れる血の巡りも良くなることから、冷え性の改善にも効果が期待できるといいます。

冷え性でも、特にお腹が冷えてくると便秘・下痢にもなりやすく、さらにお腹の周りには、健康維持には欠かせない胃・腸などがあることから、腹巻きでお腹を温めることで、内蔵の働きを改善することができるそうです。

また、日頃からお腹を下しやすい人は、腸の働きが弱っている可能性もありますので、腹巻きでお腹を温めることで、腸や胃の働きが改善されるため、便秘・下痢の改善に大きな効果があるといいます。

腹巻きは美容効果もあるの?

冷え性の人は肌トラブルを起こしやすく、体の冷えが続くと臓器系のトラブルが起きやすくなり、結果、肌荒れに繋がってしまう事があるそうです。

特に、口周り・アゴなどにニキビができやすい人は、冷え性の可能性が高いといいます。そこで、腹巻きを使ってお腹を温めることで冷えを改善できれば、健康的なお肌を取り戻すことに繋がるそうです。

冷え性が改善されると血流も良くなることから、むくみ解消にも繋がるそうで、腹巻きによって腎臓周りも温まることで排泄機能も改善されるため、結果的にむくみが解消されるといいます。

また、お腹が冷えると基礎代謝が低くなり、太りやすい体になってしまうそうです。そのため、腹巻きで温めることで基礎代謝も上がる=太りにくい体質になるそうです。

他にも、腹巻きを使用することで、腰や子宮を温めることができるため、生理不順の改善も期待できるといいます。

腹巻きをすると自然と体温も上がることから、免疫力もUPするそうです。※体温が1度上がると、免疫力は30%ほど上がると言われています。

スポンサーリンク

腹巻きを使う際の注意点は?

腹巻きを使う際の注意点としては、あまり長時間使用するのは良くないといいます。例えば、1日中腹巻きをしていると、自分で体を温める機能が低下してしまうため、腹巻きがないと自分で体を温めにくくなってしまうそうです。

腹巻きをする時間は1日4~5時間ほどが良く、寝ている間に使用するのがオススメだそうです。※腹巻きを使用する際は、女性の場合はウエストよりも上めに着用し、男性は腰を目安に着用するのが良いといいます。

腹巻きの素材については、高い保温効果を期待するならウール・シルク・遠赤外線素材などがオススメだそうです。

素材のなかでも、特にシルクは肌との相性が良く、敏感肌の人でも安心して使用することができるそうです。※シルクは吸湿性も高いことから、体を芯から温めてくれるようです。

シルク以外にもコットン素材の腹巻きなら、通気性や保温性に優れており、その他にも気軽に腹巻きを着こなしたい場合は、伸縮性にすぐれたポリウレタン素材が良いといいます。

まとめ

腹巻きといえばダサいイメージがありましたが、使用することで得られるメリットは、想像以上にたくさんあることが分かりました。

体を温めてくれるのはもちろん、体の調子を整えたり美容にも効果がありますので、寒い冬の時期は腹巻きを使用して、理想の健康・美容を手に入れたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,