お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

なばなの里 イルミネーションの期間は?混雑状況やアクセスは?

   

なばなの里 イルミネーション 期間三重県にあるなばなの里では、毎年冬の季節になると、日本最大級のイルミネーションを楽しむことができます。圧倒的なクオリティと壮大なスケールは、世界でも類をみない美しさで、海外からも毎年たくさんの観光客が訪れるそうです。

そんな、なばなの里のイルミネーションの期間や混雑状況、アクセスについてお伝えします。

スポンサーリンク

なばなの里 イルミネーションの期間は?

なばなの里のイルミネーションは、毎年10月下旬頃から翌年の5月までという、長い期間開催されています。

2016年の開催期間については、10月15日(土)~2017年5月7日(日)まで行われます。

イルミネーションの点灯は、日没頃(17時~19時)の時間帯に行われるそうで、点灯終了は21時(10月15日~2月末までの平日・12月31日・1月1日)と、22時(土日祝・12月23日~25日・12月28日~30日・3月以降の平日)になるといいます。

※入場料は小学生以上2300円ですが、この入場料にはなばなの里で利用できる「なばなクーポン(1000円分)」が付いており、お土産店や食事の支払いとして利用できるそうです。

なばなの里 イルミネーションの混雑状況は?

なばなの里のイルミネーションは、「水上イルミネーション」や「光の雲海」、毎年テーマが変わる「テーマエリア」など、見どころある幻想的なイルミネーションを楽しむことできます。

日本最大級の規模を誇り、数々の美しい演出を見られることから、イルミネーション期間中は混雑するそうです。

混雑するなかでも、特に土・日・祝や連休、クリスマスシーズンは大混雑するといいます。

少しでも混雑を避ける場合は、多くの方は土曜日に予定を組まれるため、日曜日に行くのがオススメだといいます。日曜よりも平日のほうが空いている気もしますが、平日もバスツアー客がそれなりに居るそうです。

そのため、平日になばなの里へ行かれない場合は、日曜日の遅い時間を狙い、20時~22時くらいまでの時間帯なら、比較的ゆっくり見学することができるそうです。

※月曜日が祝日の場合は、日曜日でも混雑するそうです。

混雑を避けるには、他にも「雨の日」を狙って行くのもオススメだといいます。雨が降ってもなばなの里はイルミネーションを実施するため、あえて雨の日を狙ってみるのもアリかも知れません。

雨で濡れた地面にイルミネーションが反射して、雨の日にしか見られない、キラキラと美しく輝く姿が楽しめるそうです。

また、なばなの里へ入場する際も、当日券を購入するために並ぶ人と、なばなの里へ入場するために並ぶ人がいますので、少しでも待ち時間を減らすためには「前売り券」を買っておくのが良いそうです。

前売り券があれば、当日券を購入する人よりも早く入場でき、前売り券はセブンイレブン・サークルKサンクス・湾岸長島パーキングエリアなどで購入できます。

スポンサーリンク

なばなの里へのアクセスは?

なばなの里へのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
近鉄名古屋線 近鉄長島駅から三重交通バス・なばなの里行きで約10分、終点を下車してすぐ

◆車でアクセスする場合
伊勢湾岸自動車道 湾岸長島ICから県道7号を経由して、一般道をなばなの里方面へ約6キロ

車で行かれる際は、なばなの里には約3000台の無料駐車場がありますが、週末や年末年始、クリスマスシーズンやバレンタイン時期などは、すぐに満車となってしまうそうです。

満車や混雑が予想される場合は、なばなの里の近くにある「ナガシマスパーランド」の無料駐車場(1万3000台)に誘導されることもあるようで、なばなの里までの無料シャトルバスで移動できるといいます。

・住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270
・お問い合わせ:0594-41-0787(なばなの里)

まとめ

10月~翌年の5月までという、長い期間楽しめるなばなの里のイルミネーションですが、光で彩られた園内の「長島ビール園」では、3種類の美味しい地ビールが味わえるそうです。

また、なばなの里レストランでも、美味しい旬のメニューが楽しめますので、入場チケットに付いている1000円分の「なばなクーポン」を利用しつつ、冬の一大イベントを満喫したいですね♪

スポンサーリンク

 - イベント