お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

万博記念公園 イルミネーションの期間は?見どころやアクセスは?

   

万博記念公園 イルミネーション 期間出典:nakama2.com

毎年恒例のクリスマスイベントとして、大阪府吹田市にある万博記念公園では、65万球ものLED装飾が美しい「イルミナイト万博Xmas」が開催されます。

最新の3Dプロジェクションマッピングを使った、光のショーが楽しめる万博記念公園のイルミネーションについて、開催期間や見どころ、アクセスについてお伝えします。

スポンサードリンク

万博記念公園 イルミネーションの期間は?

万博記念公園では、クリスマスイベントである「イルミナイト万博Xmas」や、年末年始には「ニューイヤーイルミネーション」イベントなどが開催されるそうです。

イルミネーションが見られる期間については、

2016年のイルミナイト万博Xmasは、12月9日(金)~11日(日)・16日(金)~18日(日)・23日(金)~25日(日)の期間で開催されます。

・点灯時間:16時~21時(入園は20時30分まで)
・入園料:大人250円・小中学生70円

ニューイヤーイルミネーションの点灯期間については、2016年12月30日(金)~2017年1月2日(月)・1月6日(金)~9日(月)。

ちなみに、イルミナイト万博Xmasでは約10分間隔で3Dプロジェクションマッピングが投影されますが、ニューイヤーイルミネーションでは3Dプロジェクションマッピングは行われないそうです。

万博記念公園 イルミネーションの見どころは?

万博記念公園のイルミネーションの見どころは、毎年恒例となるクリスマスイベント「イルミナイト万博Xmas」で見られる、3Dプロジェクションマッピングだといいます。

太陽の広場にある「太陽の塔」を3Dデータ化し、太陽の塔の表面にデータ化した立体的な映像を映し出す、幻想的で美しい3Dプロジェクションマッピングを見ることができるそうです。

その他にも、万博記念公園内にある東大路では、約12万球ものLEDで彩られた「イルミネーションストリート」も見どころで、東大路の一帯が幻想的な光の空間に包まれるといいます。

イルミネーション以外にも、園内の広場には「キッズランド」があるそうで、トランポリンと逆バンジーを融合させたジャンプゾーンは、お子さんに大人気の場所だといいます。

また、「ホットフードコート」では体が温まるメニューや、B級グルメなども味わうことができるそうです。

スポンサードリンク

万博記念公園へのアクセスは?

万博記念公園へのアクセスについては、

◆電車でアクセスする場合
大阪モノレール線 万博記念公園駅からすぐ

◆車でアクセスする場合
中国自動車道 中国吹田ICからすぐ

車でアクセスする際は、万博記念公園には約4300台の有料駐車場がありますが、イルミネーション期間中は満車や混雑するため、公共機関を利用するのが良いそうです。

・住所:大阪府吹田市千里万博公園
・お問い合わせ:06-6877-7387
(万博記念公園総合案内所)

まとめ

「イルミナイト万博Xmas」では、最新の3Dプロジェクションマッピングとサウンドエフェクトを駆使した、映像と音楽の見事なコラボレーションが楽しめるそうです。

さらに2016年は、去年の5倍規模となる、65万球ものLED装飾が会場全体を美しく彩りますので、ぜひ生でみて感動を味わいたいですね。

スポンサードリンク

 - イベント ,