お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

花粉症にヨーグルトを食べると良いの?効果的な食べ方や量は?

   

花粉症 ヨーグルト花粉の季節になると、クシャや鼻水など辛い日々が続きます。どうにか症状を和らげる方法はないのか?調べてみたところ、花粉症対策の1つとしてヨーグルトが効果的だといいます。

そこで、なぜヨーグルトを食べると良いのか?効果的な食べ方や量についてもお伝えします。

スポンサーリンク

花粉症にヨーグルトを食べると良いの?

花粉症にヨーグルトが効く!という話は事実のようですが、それでも多少ヨーグルトを食べたくらいでは、症状をなくすことは難しいようです。しかし、ヨーグルトを食べることで、花粉に対するアレルギー反応を抑制することが期待できるそうで、ヨーグルトに含まれる「乳酸菌」や「ビフィズス菌」に秘密があるといいます。

乳酸菌やビフィズス菌には、外部から体内に侵入してくる花粉やウイルス、細菌などから守る働きがあり、さらに免疫機能のバランスを保つ働きもあるそうです。そのため、花粉によるアレルギー反応を抑制する効果も期待できるようです。

また、人間の体内にある免疫機能は、通常は体内に侵入した細菌やウイルスに対し、追い出そうと働きます。しかし、花粉が体内に侵入した際に、過剰に反応してしまうこともあり、この過剰な反応が「アレルギー反応」となってしまい、鼻水やクシャミなどの花粉症の症状が出てしまうそうです。

アレルギー反応に関しては「Th1」と「Th2」という、2つの免疫細胞のバランスが崩れることで起きるそうで、このバランスを整えるのにヨーグルトの乳酸菌、ビフィズス菌が効果的だといいます。

アレルギー反応のバランスを整えるためにも、ヨーグルトを食べることで花粉症の辛い症状を、和らげる効果が期待できるそうです。

花粉症対策!ヨーグルトの効果的な食べ方は?

花粉症対策に効果が期待できるヨーグルトですが、症状が出てしまったときに食べるのはダメだといいます。花粉症の症状が出ているときにヨーグルトを食べても、乳酸菌・ビフィズス菌が体内で効果を発揮するにも時間が掛かるため、

花粉症対策としてヨーグルトを食べるには、花粉症の季節よりも早く食べておくのが効果的だといいます。

早く食べる場合も、花粉の季節よりも1ヵ月前くらいから食べておき、さらに毎日食べるようにしないと、さほど効果は期待できないそうです。※できることなら2~3ヵ月前くらいから食べておけば、花粉症の季節になる頃には体も良い状態になるそうです。

ヨーグルトをどのタイミングで食べれば良いのか?については、基本、いつ食べても良いといいます。

それでも、乳酸菌やビフィズス菌の効果をより高めたい場合は、胃酸が薄まっている状態である「食後」に食べることで、高い効果が期待できるそうです。また、毎日ヨーグルトを食べることで、腸内環境を良い状態で保つことができるといいます。

腸内環境についても、実は花粉症対策に大きな関わりを持っており、体内にある免疫細胞のなかでも、特に腸内は免疫細胞が集中しているそうです。免疫細胞が集中している腸内環境が乱れてくると、アレルギー反応も出やすくなるそうです。

腸内環境を改善するには、ヨーグルトに含まれる乳酸菌・ビフィズス菌によって、善玉菌を増やす=腸内環境のバランスを整えることが重要だといいます。

ヨーグルトによって腸内環境が整ってくれば、自然と免疫機能もあがることからアレルギー反応が出にくくなる=花粉症の症状を抑制することに繋がるそうです。

スポンサーリンク

花粉症対策!ヨーグルトはどれくらいの量を食べれば良いの?

花粉症対策としてヨーグルトを食べる際は、1度に多くの量を食べたとしても、乳酸菌・ビフィズス菌が大量に増える訳ではないそうです。そのため、乳酸菌などによって善玉菌を増やすには、やはり毎日食べることが重要だといいます。

どのくらいの量を食べたら良いのか?については、1日100g~200gを目安に食べるのがオススメだそうです。

数あるヨーグルトの種類のなかでも、花粉症に効果が期待できる菌については、

◆フェカリス菌
フェカリス菌は、どの花粉症の症状にも強いそうで、特にイネ科・シラカバの花粉症にオススメだといいます。

◆KW乳酸菌
KW乳酸菌は、スギ花粉の方にオススメです。

◆L-55乳酸菌
L-55乳酸菌は、鼻水・クシャミなどのアレルギー症状を緩和する効果が期待できるそうです。

◆LGG乳酸菌
鼻水や鼻づまりに効果が期待できるLGG乳酸菌は、腸内にも長くとどまりやすいそうです。

◆LG21乳酸菌
LG21乳酸菌は、生きたまま腸まで届きやすく、腸内環境を整える効果があるといいます。

◆1073R-1乳酸菌
1073R-1乳酸菌は、どの種類の花粉症にも効果を発揮し、さらに免疫力を高めてくれるそうです。

◆BB536ビフィズス菌
スギ花粉に強いBB536ビフィズス菌は、花粉症の症状を出にくくする効果があるようです。

色々な種類があるヨーグルトですが、スーパーやコンビニで手軽に買えますので、花粉症の季節になる前に食べるようにしたいですね。

まとめ

ヨーグルトに含まれる乳酸菌・ビフィズス菌によって、花粉症の症状を和らげる効果が期待できますので、花粉症の時期になる前から食べていきたいですね。

また、1日1個からでも良いので、毎日ヨーグルトを食べて少しでも、辛い症状を緩和したいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,