お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

基礎代謝があがるとダイエット効果があるの?あげる方法はどうやる?

   

基礎代謝をあげる ダイエット普段あまり食べないのに太ってしまう、痩せないなどで悩んでいる方は、もしかしたら基礎代謝に原因があるかも知れません。体を維持するために消費する基礎代謝ですが、代謝をあげることで痩せやすい体作りができるそうです。

そこで今回は、基礎代謝をあげるとダイエット効果もあるって本当なのか?基礎代謝をあげる詳しい方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

そもそも基礎代謝って何?

基礎代謝とは、人間が生きていくうえで、最低限必要になるエネルギー量のことを言うそうです。

動くことでエネルギーは消費されますが、実は何もせずにジッとしている状態でも、呼吸・体温維持・臓器の活動などが必要になるため、たえずエネルギーを消費しているそうです。

また、人間が1日に消費するエネルギー量の70%ほどは、基礎代謝によって消費されているといいます。※70%は基礎代謝によって消費されますが、残りの30%は仕事・家事・運動などの、動くために必要なエネルギーとして消費されているそうです。

基礎代謝があがるとダイエット効果があるの?

基礎代謝は年齢などによって個人差はあるものの、多くの場合は10代が代謝のピークになり、その後は徐々に基礎代謝量が減っていき、40代を超えたころになると、基礎代謝量は急激に減ってしまうそうです。

そのため、10代の頃はすぐに体重を落とすことができたのに、40代になったら体重がなかなか落ちなくなった!というのは、この基礎代謝量の減りに原因があるといいます。

体重を落としたい場合は、やはり基礎代謝をあげることが大切で、代謝があがってくると、何もしなくても消費エネルギー量もUPするため、ダイエット向きの体質に改善されるそうです。

また、エネルギーの消費量が増える=体内の脂肪も消費されやくなり、普段通りの生活でも体型維持しやすい体質にもなるといいます。※基礎代謝があがった状態で運動などをすれば、より高いダイエット効果が期待できるそうです。

スポンサーリンク

基礎代謝をあげる方法は?

基礎代謝をあげる方法は、できるだけ「適度な運動」を毎日続けるのが良いそうです。

しかし、激しい運動となると毎日続けるのは大変なため、例えば、朝のラジオ体操・通勤時は一駅分ほど歩く・TVを観ながらでも良いので30分ほど踏み台昇降運動を行う・布団に入る前に軽くストレッチを行うなど、毎日できるような運動がオススメだといいます。

運動以外にも基礎代謝をあげる方法として、食事の際は「よく噛んで食べる」ことだそうです。

よく噛んで食べることで、1度に食べる量も減らせますし、噛むことで食べた物が消化しやすくなる=エネルギーに変えやすくなるようです。また、噛むことでアゴの運動にもなるため、よく噛んで食べるだけでも、新陳代謝UPに大きな効果が期待できるそうです。

ダイエットを意識するなら、やはり食べ過ぎには注意しながら、食べ物に関しても「体を温めつつ、脂肪を燃焼しやすい」物を摂取したほうが良いといいます。※体を温める食べ物は、生姜・ニンニク・ネギ・ゴボウなど。脂肪を燃焼しやすい食べ物は、唐辛子・生姜・海藻類などがあるそうです。

運動によって体が温まると血液の循環もよくなり、内臓の働きも活発になることから、基礎代謝もあがりやすくなります。基礎代謝があがると脂肪も燃焼されやすくなるため、運動をしていないときでも基礎代謝をあげるには、「半身浴」が効果的だといいます。

半身浴で体を芯まで温めるには、お湯の温度は41度~39度ぐらいが良く、20分を目安に行うのがオススメだといいます。※夏場は、ぬるめのお湯に入浴剤を入れると、より代謝も活性化するようです。

基礎代謝をあげるツボがあるの?

人間の体には、基礎代謝をあげるツボがあるそうで、例えば中脘(ちゅうかん)は腸の働きや内臓を活発にさせ、基礎代謝もUPすると言われています。

※中脘はヘソから指4本分の所にあり、このツボを5秒ほど優しく押します。

中脘 気海出典:seniorlife50.com

他にも、ヘソから指2本分の所にある気海(きかい)は、腸の活性化や血流が良くなり、さらに体温上昇にも効果があるといいます。

※気海を押すときは、息を吐くときにゆっくり押し、息を吸うときにゆっくり離すと良いそうです。

まとめ

過酷なダイエットをしなくても、まずは基礎代謝をあげることを意識していけば、高いダイエット効果が得られるといいます。

代謝をあげるためも適度な運動や食事、よく噛んで食べることを取り入れながら、より代謝効果を高めていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,