お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

平安神宮 初詣の混雑状況は?屋台はいつまでやってる?

   

平安神宮 初詣 混雑京都五社のうちの1つとして、京都市左京区にある平安神宮は、パワースポットの地としても有名で、毎年大勢の参拝者が訪れるといいます。

初詣も交通アクセスが良いことから、たくさんの人がお参りに訪れる平安神宮ですが、初詣の混雑状況はどんな感じなのか?さらに屋台情報やアクセスなどについても調べてみました。

スポンサードリンク

平安神宮 初詣の混雑状況は?

平安神宮は1895年(明治28年)に、平安遷都1100年を記念して建てられた神社で、桓武天皇と孝明天皇を祀っているそうです。また、平安神宮の大鳥居は「国の登録有形文化財」にも登録され、魔除けの意味も込められているといいます。

初詣には、毎年25万人ほどの参拝者が訪れますが、平安神宮の境内は広いため、身動きがとれないほど混雑はしないそうです。しかし、大極殿~内拝殿に参拝するまでは、やはり混雑は避けられない(所要時間20~30分)といいます。

平安神宮の初詣の混雑状況については、特に大晦日12月31日の23時頃~元旦1月1日の夜中3時頃までが1番混雑するそうです。

※三が日は9時~16時頃まで混雑し、さらに11時~15時頃が1番混雑するそうです。

平安神宮 初詣の狙い目の時間帯は?

三が日に混雑を避けて参拝したい場合は、1月2日~3日の早朝6時~8時頃が狙い目だといいます。

朝早くなら混雑を避けて参拝することができ、朝以外なら16時以降が狙い目のようです。

※平安神宮へ初詣に行く際は、境内には開宮・閉宮時間が決まっていますので、注意してくださいね。

◆開宮・閉宮時間
・12月31日~1月1日:終夜~20時まで
・1月2日~3日:6時~19時30分まで
・1月4日~5日:6時~18時30分まで

1月6日以降は、平日6時~17時まで。土日祝日は6時~17時30分まで。

平安神宮 初詣の屋台はいつまで?

平安神宮は初詣の他にも、表参道や知恩院、八坂神社までの道に「屋台」が多く出ているそうです。

屋台はいつまでやっているのか?については、

全ての屋台のうち、約半数ほどのお店が12月31日の夜間に開店しはじめ、残りの屋台は1月1日の朝9時頃に開店するそうです。そして、1月1日は参拝時間に合わせて営業していますが、1月3日以降になると参拝者も減ることから、屋台の数はかなり少なくなるようです。

数ある屋台のなかでも、特に九条ネギを使った「京都ネギ焼き」がオススメで、他にも富士宮焼きそば・津山ホルモンうどんなどのB級グルメも味わえるそうです。

※屋台では「ベビーカステラ」も人気があるそうで、そのなかでも『前田のベビーカステーラ』が大人気で、購入するのに30分~1時間待ちになることもあるそうです。

スポンサードリンク

平安神宮へのアクセスは?

平安神宮へのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
・京都市営地下鉄 東山駅1番出口から徒歩で約10分。
・京阪神宮 丸太町駅から徒歩で約15分。
・JR京都駅から市バス5・100系統で約25分、バス停:岡崎公園 美術館・平安神宮前を下車し、徒歩ですぐ。

車でアクセスする場合
名神高速 京都東ICから約15分

車で向かう際は、平安神宮は駐車場がないため、近くのコインパーキングを利用する方法もありますが、周辺は交通規制も敷かれますので、なるべく公共機関を利用するのが良いそうです。

・住所:京都府京都市左京区岡崎西天王町
・お問い合わせ:075-761-0221
(平安神宮)

まとめ

平安神宮は初詣の人気スポットでもありますが、1月1日の6時から1年の幕開けとして、御皇室の弥栄や世界の安泰、京都市民や全国の宗敬者の平安を祈念する「歳旦祭」が行われるそうです。

また、同じ日の12時30分からは、京都能楽会のおめでたい演目が見られる「初能奉納」も行われ、これらは自由に鑑賞できますので、参拝ついでに見学するのも良いかも知れませんね。

初詣をする際も、風邪をひかないように防寒対策をして、良い1年を過ごせるようにお参りしたいですね。

スポンサードリンク

 - 1月の行事, 年末年始 , ,