お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

成田山新勝寺 初詣の混雑状況は?屋台はいつまでやってる?

   

成田山新勝寺 初詣 混雑出典:honnedejiyuu.net

千葉県成田市にある成田山新勝寺は、初詣の人気スポットとして、毎年300万人以上の参拝者が訪れるといいます。

特に大晦日~元旦は大勢の人が押し寄せるそうで、そんな成田山新勝寺で初詣をする際の混雑状況や、毎年人気の屋台はいつまでやっているのか?アクセス情報なども含め、調べてみました。

スポンサードリンク

成田山新勝寺 初詣の混雑状況は?

初詣の人気スポットとして毎年混雑する成田山新勝寺ですが、

12月31日の21時~1月1日の19時。1月2日~1月5日の9時~18時頃が1番混雑するそうです。

混雑する時間帯のなかでも、三が日は特に9時~13時が大混雑するそうで、参拝できるまで最低90分以上は待つといいます。

そのため、なるべく混雑を避けて参拝したい場合は、朝4時~5時の早い時間に参拝すれば人も少なく、並ぶことなくスムーズにお参りできるそうです。

※早朝以外には、三が日は日中に参拝するよりも、夕方過ぎくらいに行くのもオススメだといいます。

成田山新勝寺 初詣の屋台はいつまでやってる?

成田山新勝寺でも毎年、初詣に訪れる人のための屋台も出ており、早い時間だと朝5時30分頃から開いている屋台もあるそうです。

早朝から屋台が開く理由に、成田山新勝寺は参拝するだけなら24時間いつでもお参りできるそうで、初詣期間中の大本堂が開いている時間を見ると、12月31日の23時~1日の21時まで。2日と3日は5時30分~20時まで拝観できることから、この時間に合わせて早くお店を開けている屋台もあるといいます。

また、屋台は1月1日は23時頃まで営業している所や、三が日は24時間やっている出店もあるそうです。※1月2日以降は、朝9時~22時頃までやっている出店が多いそうです。

屋台は例年、三が日までの間に営業している出店が多く、それでも7日まで屋台がなくなることはないようです。

成田山新勝寺で出ている屋台は、普段は食堂やカフェをやっているお店も多いため、料理の味もクオリティが高いといいます。数多く出ている屋台のなかでも、成田はウナギが有名なことから、ウナギが食べられる屋台は毎年行列ができるそうです。

また、寒い外で飲む甘酒も大人気で、冷えた体を温める飲み物として、こちらも人気があるといいます。

その他にも、お好み焼き・焼きそば・タコ焼きなどのB級グルメも味わえますが、なかでも「キャンドルボーイ」というB級グルメもオススメだそうです。

キャンドルボーイはウインナーソーセージに餅を巻きつけた揚げ物で、砂糖醤油やマヨネーズ、チリソースなどを付けて食べると美味しいといいます。

スポンサードリンク

成田山新勝寺へのアクセスは?

成田山新勝寺へのアクセスは?

◆電車でアクセスする場合
・京成電鉄 京成成田駅から徒歩で約10分
・JR線 成田駅から徒歩で約10分

◆車でアクセスする場合
東関東自動車道 成田ICから成田山方面へ約4キロ

車で向かう場合は、大晦日の21時~1日の19時頃まで。2日~4日は9時30分~18時まで成田山新勝寺の周辺道路は、交通規制が実施されるため、公共機関を利用するのがオススメだといいます。

※交通規制が実施されている間は、表参道沿いにある市営駐車場も利用できず、周辺道路も道が狭いことから、渋滞に巻き込まれると迂回もできないそうです。

・住所:千葉県成田市成田1
・お問い合わせ:0476-22-2111
(成田山新勝寺)

まとめ

初詣の人気スポットとしても有名な成田山新勝寺ですが、開運・厄除け・合格祈願・家内安全・商売繁盛・交通安全などのご利益があるといいます。

三が日にお参りする際は特に混雑しますので、混雑を避けるなら早朝にお参りするか、または夕方過ぎの時間帯を狙って行くなどして、ゆっくり参拝したいですね。

スポンサードリンク

 - 1月の行事, 年末年始 , ,