お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

恵方巻きを食べる日はいつ?食べ方のルールはあるの?

   

今や全国的に有名になった恵方巻きですが、食べるなら縁起を担ぎたいものです。また、ご利益を得るための食べ方もあるそうで、どうやって食べるのが良いのでしょうか?

そこで今回は、恵方巻きを食べる日はいつなのか?食べ方のルールについて調べてみました。

スポンサーリンク

恵方巻きを食べる日はいつ?

恵方巻きは節分に食べるそうで、

2017年は2月3日(金)に食べるそうです。

節分の日に食べる恵方巻きですが、実は、毎年2月3日が節分の日になるのではなく、冬と春の分かれ目=立春(旧暦では正月)の前日が「節分の日」となるようです。

※2025年頃になると立春が1日ズレてしまうそうで、すると2月2日が節分の日になるとも言われているようです。

他にも、2021年頃から2月2日=節分の日になるのでは?とも言われており、これらは天体の動きをみて予想されているため、確実な日はまだ決まっていないといいます。

そのため、2017年の節分は2月3日ですので、この日に恵方巻きを食べる場合は、「北北西より少し北の方向」を向いて食べると良いそうです。

恵方巻きの食べ方にルールはあるの?

恵方巻きを食べてご利益を得るには、4つほどのルールがあるといいます。

恵方巻きを食べるルールとしては、

・食べる際は1人1本。
・食べる際は決まった方角を向いて食べる(2017年は北北西より少し北)。
・決まった方角を向いて食べるときは願い事をしながら、無言で食べる。
・恵方巻きは一気に食べるようにして、途中で切り分けたりしない。

などがあるといいます。

恵方巻きを1本食べる場合は、お子さんには量が多いと思いますので、お子さん用に少し細めで短いものを用意してあげると良いそうです。

また、恵方巻きを食べる際は「ぶつ切り」にしてはダメで、理由は、福を呼び込む!という縁起物として恵方巻きの具には、七福神の七にちなんで、7種類の具材が使用されているといいます。

そのため、福を呼ぶ縁起物が入っている恵方巻きをぶつ切りにしてしまうと、七福神との縁を切る!ということに繋がることから、ご利益を得られなくなってしまうそうです。

ご利益を得るためにも食べる際は、1本丸かじりをして食べるのが良いそうです。

その他にも恵方巻きを食べる際に、決まった方角である恵方を向いて食べますが、食べている最中は恵方から目をそらしてはいけないといいます。

恵方には、その年の福を司る神様(歳徳神:としとくじん)がいる方向と言われており、福を得るために願い事をしながら、神様がいる方向を向いて食べているにも係わらず、目をそらすという事は・・・神様に失礼だといいます。

恵方巻きを食べるときは、よそ見をせず食べるのが良いそうです。

スポンサーリンク

恵方巻きはいつから全国規模になったの?

恵方巻きが全国規模になるきっかけは、1989年にある某コンビニチェーン(セブンイレブン)が太巻きを広島県で販売。そして販売する際の商品名を「恵方巻き」にしたのが、恵方巻きが全国に広がるきっかけとなったそうです。

それから瞬く間に恵方巻きは全国に広がっていき、コンビニだけでなく、スーパーやデパートなどでも販売されるようになったといいます。

しかし、恵方巻きは江戸時代からあったようで、江戸時代~明治時代にかけて大阪の花街などで、「節分」をお祝いするために食べられたり、商売繁盛を祈るために食べられていたそうです。※花街では商人や芸子などが、節分に芸遊びをしながら商売繁盛を祈り食べたといいます。

また、江戸時代などでは恵方巻きは、「太巻き寿司」や「丸かぶり寿司」と呼ばれていたそうです。

まとめ

恵方巻きを食べる際は、決まった方角やご利益を得るための食べ方があるんですね。

恵方を向きながら目をそらさず無言で、さらに願い事をしながら1本食べきるのも大変かも知れませんが、食べるときは家族や友人たちと一緒に、楽しく食べて福を呼びこみたいですね♪

スポンサーリンク

 - 食品・飲料 , , ,