お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

風邪の治りかけで咳き込む原因は?対策する方法はあるの?

   

風邪が治りかけていると思ったら、今度は咳が止まらなくなる事ってないですか?咳が続くと辛いのはもちろん、仕事などにも影響が出てしまうことも。

そこで今回は、風邪の治りかけで咳き込む原因や、対策する方法などについて解説させて頂きます。

スポンサードリンク

風邪の治りかけで咳き込む原因は?

風邪の治りかけで咳き込んでしまう原因の1つに、

風邪ウイルスが体内にまだ残っている。

という事があるといいます。

咳には、体内にある風邪ウイルスや異物などを体外に排出する役割があるため、咳が出てしまうという事は、まだ体内に風邪ウイルスが残っている可能性が高いそうです。

特に、風邪の治りかけで出る咳は辛いと思いますが、風邪ウイルスを排出させるために出る咳は、体をウイルスから守ろうとする免疫反応によって出てしまうようです。

また、咳き込む原因で考えられるのは、別のウイルスに感染しまったことで出てしまうこともあるそうです。

風邪をひいた体は免疫力が落ちてしまうことから、風邪が治りかけている状態では、外から入ってくるウイルスから守るための気管・喉の粘膜も弱っているため、新たなウイルスも体内に侵入しやすくなってしまうようです。

新たなウイルスによって再度風邪をひき、咳が出てしまうこともありますが、ウイルスを体内に侵入させないためにも、外出するときはマスクを着用するのが良いそうです。

風邪の治りかけで咳が酷い場合は「咳喘息」の可能性もあるの?

風邪の治りかけで咳込むことがあると思いますが、特に2~3週間以上も咳が酷い場合は「咳喘息」の可能性もがあるといいます。

気道が狭くなることで、少しの刺激でも過敏に反応し、すぐに咳が出てしまう咳喘息ですが、この喘息のせいで夜眠れない・朝方に咳が止まらなくなるなどの辛い症状が出てしまうことも。

※咳喘息は風邪をひいたときに併発しやすいものの、発熱や痰(たん)などの症状が起こらないことが多いそうです。

しかし、咳喘息はそのまま放置しておくと、「気管支喘息」になる可能性もありますので、咳が続くようであれば病院(呼吸器科・耳鼻咽喉科)で診察してもらうのが良いそうです。

スポンサードリンク

風邪の治りかけで咳き込む際の対策法は?

風邪の治りかけで咳が出てしまった場合は、咳が2~3週間以上続くようであれば病院で診てもらうのが1番ですが、自分でできる対策法もあるといいます。

咳き込んでいると、なかなか自分で咳を止めることは難しいと思いますが、それでも咳ができるだけ早く止まるように、喉の乾燥を防いだり、体を冷やさないように心がけると良いそうです。

特に喉の乾燥は「咳の原因」になりますので、外出時や寝るときもマスクを付けたり、喉に良いハチミツ・生姜・大根などを食べるのが効果的だといいます。

また、体が冷えてくると免疫機能も低下することから、例えばお風呂に入る際はシャワーだけで済ますのではなく、湯船に浸かって体を芯から温める。※湯冷めが心配なら半身浴するだけでも効果的だそうです。

冬の季節の入浴後は、体温が下がりやすくなることから、布団のなかに湯たんぽやアンカーを入れておくだけでも、体が冷えるのを防ぐ効果があるといいます。

まとめ

風邪をひいたときは免疫力が落ちていますが、風邪の治りかけもまだ免疫力が落ちているため、油断していると新たな風邪に感染したり、咳が悪化してしまうこともあるといいます。

咳を悪化させないために、マスクを着用したり体を冷やさないようにするのが良いですが、咳がなかなか治まらない場合は病院に行くなどして、できるだけ早く完治させたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,