お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

バッグのカビの落とし方は?防止する方法やクリーニングに出せるの?

   

バッグも手入れせずに放置していると、カビが生えてしまう事があります。温度や湿度が高くなるとカビが生えやすくなりますが、もしバッグに生えてしまった場合は、どうやって落とせば良いのでしょうか?

そこで今回は、バッグのカビの落とし方や防止する方法、クリーニングに出せるのか?調べてみました。

スポンサードリンク

バッグのカビの落とし方は?

カビはレザーバッグなどに含まれる、油脂や植物タンニンなどが好物で、風通しの悪い押入れなどに放置しておくと、すぐにカビが生えてしまうそうです。

そのため、バッグにカビが生えてしまった際の落とし方としては、レザーの種類にもよりますが「天日干し」するのが効果的だといいます。天日干しする前に、しっかりと水を絞ったタオルでカビを拭き取った後、水分を取るために天日干しします。

しかし、天日干しする際はバッグが日焼けしないように注意してくださいね。※外に干すことで紫外線により、カビを退治する効果があるようです。外に干したあとは、レザー専用のクリームを使ってバッグを保湿し、乾拭きして完了です。

天日干ししてもカビが落ちない場合は「消毒用エタノール」を使います。

消毒用エタノールにはカビを殺す効果があるそうで、エタノールを布などに含ませたあと軽く拭き取ります。

ただし、消毒用エタノールを使う際は、バッグの色によっては変色してしまう可能性もありますので、まずはバッグの目立たない場所で試してから使用するのが良いそうです。エタノールで拭き取ったあとは、しっかり乾かしてあげてくださいね。

※消毒用エタノールの他にも「重曹」を使って、バッグのカビを落とすことができるようです。

さらに重曹を使ってカビを拭き取ったあとに、「酢」と「椿油」を混ぜ合わせて水で薄めたものを、乾いた布に染み込ませて拭き取ります。重曹だけで拭き取ると白く残る場合があるため酢を使いますが、椿油は油分によって革が固くなるのを防ぐ効果があるそうです。(椿油の他に「オリーブオイル」でも良いそうです)

消毒用エタノールなどを使う際は、手袋を着用したり、部屋の換気を行うことをしてくださいね。

バッグのカビを防止する方法は?

バッグに生えるカビを防止する方法はないのか?調べてみたところ、「重曹」が効果的だといいます。

重曹を小さな布袋に入れて(適量)結んだあと、カビを防止したいバッグに入れるだけだといいます。

その他にも、カビを防止するには日頃からチェックするのが大切で、お手入れするのももちろんですが、カビが好む環境に置かないことが大事です。カビは衣類や寝具、テーブルや冷蔵庫などの表面に付着しており、繁殖しやすい温度・湿度になると増殖することから、カビが発生しにくい環境にするのが良いそうです。

また、バッグを押入れなどに保管している場合は、定期的に取り出して風通しの良い場所に1日ほど置いておくと良いそうです。※風通しの良い場所に置くときは、チャックを開けてバッグの内側も風を通しておきます。

特に、雨が降った日にバッグを使用した際は、そのまま保管するのではなく、風通しの良い場所に1日置いて乾かしてから、保管するのがオススメだといいます。

スポンサードリンク

バッグのカビはクリーニング店に出せる?

バッグのカビを自分で落とすよりも専門業者に任せたいときは、クリーニング店でも大丈夫だといいます。

カビはドライクリーニングでは落ちにくいため、お店に出す場合は「特殊クリーニング」を扱っている所に持って行くのが良いそうです。

クリーニング店で、バッグのカビを落としてもらう際の値段については、店舗ごとに違いがあるそうで、バッグの素材・大きさ・ブランドなどに変わってくるといいます。

おおよその目安として、バッグ1個あたりの値段は1500円~5万円ほどで、約1週間~1ヵ月ほどかかるそうです。

クリーニング店でも、確実にカビを落とせるとは言えないようで、お店と相談しながらリペアも手掛けているようなら、クリーニングと修理をしてもらうのも良いかも知れません。

まとめ

バッグにカビが生えないように、日頃から風通しの良い場所に置いたり、手入れすることが大切だといいます。

消毒用エタノールなどを使う際も、色落ちしないように注意しながら、大切なバッグをカビから守っていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 生活・ライフスタイル ,