お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

吉田神社 節分祭の日程は?見どころやアクセスは?

   

出典:kyototravel.info

京都の吉田神社で行われる節分祭では、昔から魔除けの力・厄除の祈願があると言われる「梔子色(くちなし色)の御神札」を求め、毎年50万人以上もの参拝者が訪れるといいます。

そこで吉田神社 節分祭の2017年の日程や見どころ、アクセスについて調べてみました。

スポンサーリンク

吉田神社 節分祭の日程は?

毎年2月に吉田神社で行われる節分祭は、

2017年は2月2日(木)~4日(土)の3日間の日程で開催されます。

節分祭のスケジュールについては、

◆2月2日
・節分前夜祭・疫神祭:8時~
・追儺式(ついなしき):18時~

◆2月3日
・節分当日祭:8時~
・火炉祭:23時~

◆2月4日
・節分後日祭:9時30分~
・福豆抽選会:13時~

※3日間で開催される行事のなかでも、特に「追儺式」「火炉祭り」は人気のため、混雑を避けるなら30分前には行き、場所取りするのがオススメだといいます。

吉田神社 節分祭の見どころは?

吉田神社 節分祭の見どころは、やはり毎年人気の「追儺式」で、人間の不幸の元凶であると言われる3匹の鬼・鬼やらいを追い払い、人々の平和や幸せを祈願する行事だといいます。

ちなみに追儺式で鬼を追い払うのも「鬼」のようで、悪い鬼を良い鬼が追い払うことで、人々の不幸や怒り、悲しみや苦しみなどを開放すると言われているそうです。

他にも、節分祭の見どころは「火炉祭」があり、吉田神社の三ノ鳥居前に設置した「火炉」に、古いお守りや神札を浄化するために焼き納めるといいます。

※焼き納めで使用する火炉は、直径5m・高さ5mほどに積み上げられ、焼き上げるときの炎の迫力は必見です。また、火炉祭の炎が参拝者に、無病息災をもたらすと言われているそうです。

その他にも、吉田神社の境内には「大元宮」があり、この場所は平安時代に居たとされる「八百万の神様」を奉っているといいます。※大元宮は、普段は公開されていませんが、節分祭などの特別な日だけに公開されるそうです。

スポンサーリンク

吉田神社 節分祭は屋台は出るの?

お祭りの楽しと言えば「屋台」がありますが、吉田神社の節分祭も屋台が出るそうです。

屋台は吉田神社の境内や表参道、周辺道路などに約800店ほど並び、屋台が出るのは2月2日・3日の2日間(10時~22時頃)のようです。

※屋台では焼きそばやタコ焼きなどの定番グルメの他にも、毎年人気なのが「抽選券付き厄除け福豆」だといいます。この厄除け抽選クジは、1袋200円で抽選クジが1枚付いており、過去の景品をみると車・高級ホテルの宿泊券・大型TVなどがあります。

抽選会は2月4日に行われ、抽選結果は2月5日に吉田神社の境内や、ホームページで発表されるそうです。(京都新聞でも2月8日頃に掲載されるそうです)

吉田神社へのアクセスは?

吉田神社へのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
京阪電車 京阪本線 出町柳駅から徒歩で約20分

◆バスでアクセスする場合
市バス 京大正門前を下車し、徒歩で約5分

◆車でアクセスする場合
名神高速道路 京都東ICから約20分(約8キロ)

車で行かれる際は、吉田神社には20台ほどの臨時駐車場がありますが、節分祭の期間中は利用することができないため、周辺のコインパーキングを利用するか、公共機関を利用するのが良いそうです。

・住所:京都府京都市左京区吉田神楽岡町30
・お問い合わせ:075-771-3788
(吉田神社)

まとめ

吉田神社の節分祭では、毎年人気の追儺式や火炉祭などの行事以外にも、「梔子(クチナシ)色のお守り」もオススメだといいます。このお守りには魔除けの力があると言われ、節分祭の期間中でしか買えないことから、毎年人気があるそうです。

節分祭では見どころある行事の他にも、屋台で美味しいグルメも味わえますので、ぜひ吉田神社にお出かけして1年の無病息災を祈願したいですね。

スポンサーリンク

 - 2月の行事 ,