お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

スーツが急に破れてしまった場合、応急処置はどうすれば良い?

   

仕事で着ているスーツが急に破れてしまい、外出中などで新しいスーツに着替える時間がない場合は、一体どうすれば良いのでしょうか?

まずは、その場を乗り切るための応急処置をする方法について、調べてみました。

スポンサードリンク

スーツが急に破れてしまった場合の応急処置する方法は?

スーツが急に破れてしまい、着替えや直す時間がない場合の応急処置については、ホッチキスを使うのがオススメだといいます。

ホッチキスは100円ショップなどで手軽に購入できますので、破れた箇所の裏側から破れた面をくっつけた後、縦にホッチキスで止めると良いそうです。

ホッチキスを使うのは、あくまで緊急時での応急処置になりますが、それでも何とか1日は持つようです。

スーツが急に破れてしまった場合は接着剤も効果的?

急にスーツが破れてしまった場合は、ホッチキスで止める方法以外にも接着剤が効果的だといいます。

100円ショップやコンビニなどでセメダインやボンドを買ってきて、破れた箇所に塗ってくっつけます。

接着剤を塗る際は、くっつける両方の面に接着剤を薄くつけ、付属のハケを使って薄く伸ばします。そして、接着剤が乾いてきたら両面をくっけて完成です。

※応急処置として接着剤を使う際は、使ったあとは元に戻すことができないので、注意が必要だといいます。

スポンサードリンク

破れたスーツを家で応急処置する場合は?

家で破れたスーツを応急処置として直す場合は、スーツを買った際に付属する布、もしくは同じような布を用意して、手芸センターなどで購入できる糊(のり)やテープを使って、アイロンでくっつけます。

アイロンでくっける際は、スーツの破れている箇所の裏側から布をあてて、くっつけると良いそうです。

しかし、同じ素材の布がない場合や、破れた箇所が小さい場合は、破れた裏側から穴をつまむような感じで、かがり縫いをすると良いそうです。※かがり縫いをするだけでも、応急処置としては目立たなくなるようです。

破れたスーツをきちんと直したい場合は?

破れたスーツをきちんと直して着たい場合は、修理専門の洋服屋さんに直してもらうのがオススメだといいます。

例えばネットで「スーツ 修理」と検索すると、スーツ専門で修理してくれるお店がたくさんありますので、これらの専門店を利用するのが良いそうです。

気になる修理のお値段については、ほつれ・破れ・股ズレなどは1箇所につき約2000円~4000円くらいが相場で、破れた箇所が多ければ値段も上がることから、買い直したほうが安い場合もあるといいます。

※特に、大手の紳士服チェーンのスーツを買っている場合などは、修理するよりも新しく買ったほうがお得かも知れません。

スーツの修理は、クリーニング屋さんでも直してもらえる場合もありますが、なかには修理が上手くないお店も多いそうですので、やはり修理を専門としているお店に依頼するのが確実だといいます。

まとめ

スーツも長く着れば着るほど経年劣化していきますので、仕事中に破れてしまうことがあるかも知れません。

もし急に破れてしまった場合は、応急処置としてホッチキスや接着剤を使う方法がオススメですので、うまくこれらの道具を活用していきたいですね。

スポンサードリンク

 - 生活・ライフスタイル ,