お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

インフルエンザを早く治す方法は?オススメの食べ物はあるの?

   

毎年、かならず猛威を振るうインフルエンザ。感染すると高熱や寒気、関節の痛みなど、さまざまな症状が出てしまいます。できるだけ症状が長引くよりも、早く治したいと思うのは当然ですが、早急に完治させることはできるのでしょうか?

そこで、インフルエンザを早く治す方法や、オススメの食べ物はあるのか?調べてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザを早く治す方法は?

インフルエンザは例年、11月~12月頃に流行し始め、1月~3月頃にピークを迎えるそうです。

インフルエンザに感染し、発熱すると高熱を伴いながら、全身の倦怠感・食欲不振などの症状や、さらに頭痛・筋肉や関節の痛みなどの症状も現れ、ときには脳炎・肺炎などの症状によって重症化する場合もあるといいます。

自分がインフルエンザになってしまった場合は、できるだけ安静にしておくことが1番ですが、少しでも早く治すには「治療薬」を服用するのが良いそうです。しかし、治療薬といっても、現在の医療技術ではインフルエンザを殺す薬はありませんが、治療薬を服用することでウイルスの増殖を抑えることはできるそうです。

治療薬でウイルスの増殖を抑えるには、インフルエンザを発症してから48時間以内に、「タミフル」や「リレンザ」を服用する必要があるといいます。※48時間を過ぎてしまうと、ウイルスの増殖が完了してしまい、治療薬の効き目もなくなってしまうそうです。

インフルエンザをできるだけ早く治したい場合は、治療薬を服用することで発症期間を1日程、短くする効果が期待できるそうです。また、治療薬によってウイルスの増殖を阻止する事ができれば、辛い症状を緩和する効果も期待できるといいます。

インフルエンザを早く治すオススメの食べ物はあるの?

インフルエンザを早く治すには、食べ物によっても回復が早くなるそうで、

インフルエンザの回復を早めるオススメの食べ物が、

◆ベリー類
クランベリーやブルーベリー、エルダーベリーなどのベリー類には「ポリフェノール」が多く含まれており、これらのベリー類を食べることで、ウイルスが活性化するのを阻止する効果があるといいます。

また、ベリー類には抗ウイルス作用もあるそうで、ある実験結果では培養細胞にベリー果汁を注ぐことで、インフルエンザウイルスが細胞に感染するのを防ぐ効果があったといいます。

ベリー類を食べる際は、できるだけ生で食べるのが良いですが、生ベリーがない場合は冷凍やドライ品を食べても良いそうです。※ヨーグルトやスムージーに入れて食べるのもオススメです。

◆玉ねぎ・ニンニク
玉ねぎやニンニクには、インフルエンザウイルスを殺す働きをする「アリシン」という成分が含まれ、ウイルスを殺す働き以外にも、ウイルスの侵入を防ぐ効果も期待できるそうです。

しかし、アリシンは熱を加えてしまうと効果が弱まるため、生で食べるのが1番良いですが、さすがに生で食べるのは難しいことから、スープに入れて食べるのがオススメだといいます。

スポンサーリンク

病院に行かずに自宅で早く治す方法は?

インフルエンザになってしまった場合は、病院に行くのが良いですが、病院に行かずに自宅で早く治す方法もあるといいます。

自宅で早く治す場合は、まずは栄養をしっかり摂って安静にしておく事が1番ですが、その他にも「加湿器」などで湿度を保つのも大切だといいます。※加湿器を持っていない場合は、タオルを数枚濡らして、ぶら下げて置いておくのも良いそうです。

また、インフルエンザで高熱が出ているからと、解熱剤を使用するのはオススメできないといいます。発熱は、体温を上げてウイルスを殺す免疫機能ですので、解熱剤であえて熱を下げてしまっては、よけいに治りも遅くなってしまうそうです。

病院以外の薬を服用する際は、ドラッグストアで購入できる「麻黄湯(まおうとう)」がオススメだといいます。麻黄湯は、抗ウイルス薬であるタミフルと同じような、症状を軽減させる効果が期待できる市販薬だそうです。

この麻黄湯は、まだインフルエンザの初期症状で、体力が弱まっていない人に適しており、体温を上げることでウイルス増殖を防ぐ効果が期待できる漢方薬だといいます。※麻黄湯は他にも発汗作用があり、体の痛みや腫れ、熱などを発散して治す効果も期待できるようです。

麻黄湯を服用する際は、熱いお湯(生姜を溶かした物でも良い)と一緒に飲み、飲んだあとは体温が少しずつ上がっていき、その後は汗がたくさん出てくるといいます。そして、麻黄湯の服用を続けていくと、体温が上がらなくても汗がたくさん出る状態になり、このような状態になるとインフルエンザの症状も回復へ向かっていくそうです。

※麻黄湯が効くのは、あくまでインフルエンザの初期の段階で服用するのが条件ですので、インフルエンザの症状が長引く場合は、やはり病院に行くのが良いそうです。

まとめ

インフルエンザに効果を発揮するタミフル・リレンザなどの治療薬は、インフルエンザを発症してから48時間以内に服用することで効果を発揮するそうで、これらの治療薬はあくまでウイルスの増殖を抑えるための薬だといいます。

そのため、まずはインフルエンザに感染しないように外出時はマスクをする。帰宅したら必ずうがい・手洗いをするなどをして、普段からインフルエンザに感染しないよう注意したいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,