お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

弘前城雪燈籠まつりの日程は?見どころやアクセスは?

   

出典:www.city.hirosaki.aomori.jp/city_promotion

「みちのく5大雪まつり」の1つとして、毎年冬になると青森県弘前市では、弘前城雪燈籠まつりが開催されます。

約300基もの幻想的なミニかまくら、プロジェクションマッピング、花火などが楽しめる弘前城雪燈籠まつりですが、詳しい開催日程や見どころ、アクセスについて解説します。

スポンサードリンク

弘前城雪燈籠まつりの日程は?

昭和52年(1977年)からスタートした弘前城雪燈籠まつりは、

2017年は2月9日(木)~2月12日(日)の日程で開催されます。

・会場:弘前公園(メイン会場:弘前公園四の丸)

※弘前城雪燈籠まつりのスタートとなる開会式は2月9日の朝10時から、弘前公園内で行われるそうです。

弘前城雪燈籠まつりの見どころは?

弘前城雪燈籠まつりの見どころは、約300基ものロウソクを灯した「ミニかまくら」の幻想的な光景や、大小さまざまな燈籠・雪像などの美しい光景だといいます。

特にミニかまくらや雪像の景色と、照明に浮かぶ弘前城との景色は、見る人を幽玄の世界へと誘うそうです。

また、メイン会場の四の丸で見られる、歴史的建造物などを形どった大雪像や、雪の滑り台なども見どころで、雪を楽しむイベントが数多く開催されるようです。

他にも、大雪像をスクリーンにした「プロジェクションマッピング」イベントも行われ、弘前城雪燈籠まつりの期間中は毎日見られるといいます。※プロジェクションマッピングの時間は、18時・18時30分・19時・19時30分・20時・20時30分で行われるそうです。(2月11日だけは18時・18時30分・19時・20時・20時30分)

2月11日の19時からはレクリエーション広場で「弘前冬花火」が開催され、冬の打ち上げ花火を楽しめるそうです。※雨天や悪天候の場合は、2月12日の19時に延期されるそうです。

弘前城雪燈籠まつり期間中は、弘前公園内二の丸遊園地前通路で弘前ねぷたまつりで使用された、ねぷたの鏡絵・見送り絵などを再利用した美しい回廊が見られる「津軽錦絵大回廊」。また、17時~21時までの間に弘前公園内北の郭に行くとキャンドルがもらえ、このキャンドルを思い思いの場所に置き、明かり溢れる空間を創る「弘前雪明り」など、見どころあるイベントが毎日開催されるそうです。

また、お子さんも楽しめるようにレクリエーション広場では「雪あそび場ワークショップ」として、ワークショップなどを行いお子さんが遊べる空間を創出できるそうです。※雪あそび場ワークショップは、2月9日:10時~15時。2月11日:10時~15時。2月12日:10時~15時の日程で開催。

スポンサードリンク

弘前城雪燈籠まつりのアクセスは?

弘前城雪燈籠まつりのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
JR弘前駅からバスで約15分、バス停「市役所前公園入口」を下車し、徒歩で約3分

◆車でアクセスする場合
東北道大鰐弘前ICから国道7号経由で約30分

車で弘前城雪燈籠まつりに参加される際は、会場となる弘前公園近くに88台停められる弘前市立観光館地下駐車場があり、1時間無料で以降30分おきに100円(8~22時)となりますが、まつり期間中はすぐに満車となってしまう可能性が高いそうです。

弘前城雪燈籠まつり開催期間中は道路も混雑するため、車よりも公共機関を利用するのがオススメだといいます。

・住所:青森県弘前市下白銀町1
・お問い合わせ:0172-37-5501
(弘前市立観光館)

まとめ

弘前市民の方の手づくりによる、雪燈籠が並ぶ光景も美しい弘前城雪燈籠まつりですが、特にミニかまくらや雪像など、冬ならではイベントを満喫したいですね。

また、冬の弘前市は最高気温がマイナスになる事も多いですので、防寒対策やカイロなども用意しつつ、雪で転ばないように歩きやすい靴で参加してくださいね。

スポンサードリンク

 - 2月の行事 ,