お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

スギ花粉とヒノキ花粉の違いはあるの?それぞれの飛散時期は?

   

春は花粉が多く飛ぶ季節として、花粉症の症状に悩まされている方も多いと思います。私自身も花粉が飛ぶ時期は、マスクをつけないと鼻水やクシャミで大変なことになるのですが、「スギ花粉」と「ヒノキ花粉」は花粉の種類が違うものの、他にはどんな違いがあるのでしょうか?

そこで、スギ花粉とヒノキ花粉の違いや、それぞれの飛散時期について調べてみました。

スポンサーリンク

スギ花粉とヒノキ花粉の違いはあるの?

スギ花粉とヒノキ花粉の症状の違いについては、実は大きな違いはないといいます。スギ花粉、ヒノキ花粉ともに症状として、目の痒み・クシャミ・鼻水・鼻詰まり・目の充血・涙目などがあるそうです。

症状に大きな違いはないものの、それぞれの症状を見極めるなかでも特徴として、

◆スギ花粉の場合
クシャミ・鼻水・鼻づまりなど「鼻の症状」が出やすい傾向があるようです。

◆ヒノキ花粉の場合
痒み・目の充血・涙目など「目の症状」が出やすい傾向があるようです。

花粉症の症状というのは、各個人の体の免疫反応であることから、反応の強さも人によって違うといいます。そのため、スギ花粉やヒノキ花粉の症状を比較しても、どちらのほうが症状が重いという事は判別できないそうです。

スギ花粉とヒノキ花粉の症状が同時に出ることはあるの?

スギ花粉とヒノキ花粉はどちらも症状が似ていますが、花粉そのものについては、タンパク質の構造や大きさも違うそうです。

タンパク質の構造や大きさも違う、それぞれ別の植物であるスギとヒノキですが、

体の免疫反応がスギ花粉かヒノキ花粉のどちらかのみに反応するのであれば、例えスギとヒノキの両方の花粉を同時に吸い込んだとしても、症状が出るのは片方のみになるそうです。

しかし、体の免疫反応がスギやヒノキ花粉のどちらにも反応するようであれば、両方の花粉症の症状が出てしまうといいます。

スポンサーリンク

スギ花粉とヒノキ花粉の飛散時期は?

スギ花粉とヒノキ花粉の飛散時期は、それぞれ飛ぶ時期に違いがあるといいます。

飛散時期については、

◆スギ花粉の場合
2月~4月にかけて

◆ヒノキ花粉の場合
3月~5月にかけて

スギ花粉のほうが飛散時期が早いため、花粉症の症状が早く出るようであれば、スギ花粉が原因である可能性が高いそうです。そして、症状が遅い場合であれば、ヒノキ花粉症の可能性が高くなるようです。

※スギやヒノキ花粉の症状については、飛散時期が早いか遅いかだけで判断するには注意が必要だといいます。理由は、実はスギ花粉の症状が出る7割程の人は、ヒノキ花粉にも反応してしまうそうです。

7割程の人がスギとヒノキ花粉の両方の症状が出てしまうため、それぞれの飛散時期を合わせた3ヵ月ほどの期間の間、花粉症の症状が続いてしまうこともあるようです。

自分がスギ花粉かヒノキ花粉なのか?知っておくべき?

辛い症状である花粉症ですが、自分がスギ花粉かヒノキ花粉のどちらなのか?知っておくだけでも、それぞれの飛散時期に合わせた対策も取りやすくなるそうです。

スギとヒノキ花粉のどちらなのか?調べるには、耳鼻咽喉科に行けば診察してもらえるといいます。※耳鼻咽喉科では皮膚反応テストや血液検査などをして調べるそうです。

また、スギとヒノキ花粉の両方に反応してしまう体質だとしても、どちらかの症状のほうが強く出る!というように、差が出ることもあるといいます。

そのため、前もって検査をして自分はどの花粉症にあてはまるのか?知っておくだけでも、症状に合わせた対策も取りやすくなるそうです。

まとめ

花粉が飛ぶ時期は植物によって違いはありますが、自分がどの種類の花粉症にあてはまるのか?知っておくだけでも事前対策が取りやすくなります。

スギ花粉とヒノキ花粉のどちらにも反応してしまう場合は、症状もそれだけ長引いてしまいますので、辛い時期を少しでも緩和するために、早めに花粉症対策をしていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,