お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

雛人形を出す時期はいつが良いの?雨が降る日でも大丈夫?

   

雛人形は、女の子の成長や幸せを願う年中行事として、毎年飾る家庭もあると思います。飾るだけで華やかになる雛人形ですが、一方で雛人形を出す時期はいつが良いのか?と気になる方もいらっしゃると思います。

そこで、雛人形を出す時期や雨が降る日でも大丈夫なのか?調べてみました。

スポンサードリンク

雛人形を出す時期はいつが良いの?

雛人形を出す際は、人形それぞれに着けるパーツも多く、すぐに出して飾るのは大変かと思います。雛祭りの当日に人形を出す方は少ないと思いますが、当日に出した場合は翌日に片付けしないといけないので、余計に大変だと思います。

そのため、雛人形を出す時期はいつが良いのか?調べてみると、

雛人形を出すのは、雛祭りの1ヵ月前からが良いといいます。

雛祭りは春や桃の節句であるため、雛人形も春に飾りますが、春の時期については「立春」を迎えたら春です。立春は2月4日頃になることから、雛人形を飾るのは雛祭りの1ヵ月前くらいが良いそうです。※節分が終わる時期に雛人形を飾る!と覚えておくと忘れにくいと思います。

しかし、1ヵ月前から雛人形を飾るのが難しい場合は、立春ではなく「雨水(うすい)の日」でも良いそうです。雨水の日は雪から雨へ、氷から水に変わるという24節季の1つで、2月19頃が雨水の日になりますが、この日を堺にして春らしくなるといいます。

雨水の日に雛人形を出す場合はバレンタインデーが終わり、雛祭りが始まる半月前くらいになるそうです。※立春や雨水の日でも雛人形を出せない場合は、この日に出さないといけない!というような決まりはないので、都合の良い日に出しても大丈夫だといいます。

しかし、雛祭りの前日に出すのは「縁起が良くない」という説もあることから、最低の目安としては雛祭りの1週間前くらいには出したほうが良いそうです。

雛人形は雨が降る日に出しても大丈夫?

雛人形は縁起物でもあるため、雨が降っている日に出しても大丈夫なのでしょうか?

よく、雛人形をしまう日は「晴れた日」が良いと言われていますが、雛人形を出し日に雨や雪が降っていても、特に問題ないそうです。

しかし、雛人形をしまう日は「晴れた日」が良い理由は、人形にカビが生えないように!という意味もあるそうで、出す日に雨が降っていても問題ないといいます。※一部では雨の日に出さないほうが良い!という言い伝えもあり、女性=陰陽の「陰」と雨=陰の「陰」が2つ重なってしまうことから、晴れた日に出したほうが良い!という説があるそうです。

気持ち的に雨の日はちょっと・・・と思われる場合は、晴れた日に出すのが良いと思います。

スポンサードリンク

雛人形を出す日は「大安」が良いの?

毎年、雛人形を出す日は「大安」という方も実は多いそうで、実際のところは大安でなければいけない!ということはなく、大安の日に飾るとより縁起が良いと考えられているそうです。

そのため、大安の日=雛人形を出す日でなくても大丈夫で、例えば「赤口」や「仏滅」の日に出しても問題ないといいます。

ちなみに「大安」は六曜では、一日中、吉となるそうです。※「友引」朝夕は、吉。「仏滅」一日中、安静が吉。「赤口」正午頃、吉。「先勝」午前中は吉、昼以降は安静が吉。「先負」午前中は安静が吉、午後から大吉。

まとめ

雛人形は縁起物ですので、できれば縁起の良い日に出したいと思いますが、各家庭や地域によっても日が異なる場合もありますので、できるだけ縁起が良い日に出せば良いかと思います。

女の子の成長・健康に感謝しながら、今年も家族みんなでお祝いしたいですね。

スポンサードリンク

 - 2月の行事 , , ,