お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

プレミアムフライデーって何?メリットやデメリットは?

   

2017年2月24日から実施されたプレミアムフライデーですが、一体これって何なのでしょうか?

プレミアムフライデーのメリットやデメリットも含め、調べてみました。

スポンサーリンク

プレミアムフライデーって何?

すでに実施されているプレミアムフライデーですが、これは政府が経団連などと協力し、「月末の金曜日は15時に仕事を切り上げて退社しよう」と推奨している制度だといいます。

しかし、この制度は法律で定められたものではなく、あくまで「推奨」というかたちになっており、早めに仕事を切り上げて夕方からは買い物や飲食、旅行などを楽しんでもらうという消費喚起策だそうです。※政府が中心となって推奨しているプレミアムフライデーは、「プレミアムフライデー推進協議会」という組織が設立され、色々なかたちで企業などの参加を呼びかけているようです。

プレミアムフライデーにより、この日は残業することなく早めに退社しよう!と呼びかけていますが、2017年2月24日からすでに実施されており、さらに金曜だけではなく「土・日曜を含めた3日間」もプレミアムフライデーにすることも決まっているそうです。

土・日曜も含めることで、金曜日に対応できない企業も参加しやすくなるため、できるだけ多くの企業に参加してもらいたいという思惑があるようです。※2017年3月以降のプレミアムフライデーは、毎月の「月末金曜日」に推奨することが決まっているといいます。

プレミアムフライデーのメリットは?

プレミアムフライデーを導入することのメリットとしては、働く人にとって「週末の自由な時間が増える」ことがあるそうです。

週休二日制の企業に勤めている場合は、例えば旅行に行く際は、土・日だけでは足りないこともあります。そのため、プレミアムフライデーによって金曜に帰宅できる時間が早くなれば、旅行に行くための時間も多く確保できますし、旅行以外でも自由な時間が増えることから、今以上にのんびりとした週末を楽しむメリットがあるといいます。

また、政府や経団連などが推奨しているプレミアムフライデーですが、自由な週末を過ごすことでの景気アップを狙いたい!という思惑もあるようです。

自由な時間により、旅行や買い物などをする人が増える=お金がより動くことで経済も回り、結果的に景気が上がるのでは?と期待されているそうです。

スポンサーリンク

プレミアムフライデーのデメリットは?

プレミアムフライデーを実施することで消費の促進や、自由な時間が増えることで買い物や旅行、家族との外食など、幸せにつながる充実感・満足感などを得ることができる環境づくりになるのでは?と期待されている一方で、デメリットな側面もあるといいます。

プレミアムフライデーはあくまで「推奨」というかたちであるため、全ての企業が実施する訳ではないといいます。企業のなかでも、サービス業は特に週末は忙しいため、さすがに実施するのは難しい!というデメリットもあるそうです。

また、プレミアムフライデーを企業が実施していても「学校」は採用されないため、例えば親がプレミアムフライデーを実施していても、その時間の子供たちは授業中であったり部活動中であるため、学生にとってはメリットはさほどなく、イマイチ盛り上がるに欠ける!という声もあるようです。

その他にも、「消費が少ないのは、どう考えても時間というよりお金がないことが原因」、「15時で仕事を終えたら、時給で働いてる人はどうするの?」、「まず介護や育児などへの不安やお金を減らす努力をして欲しい。将来への不安がなくなれば使用するお金が増えて、必然的に消費行動は起きると思う」などの意見もあるといいます。

まとめ

プレミアムフライデーには「ロゴマーク」があり、企業が申請して受理されれば、そのロゴマークを使うことができるそうです。※ロゴマークを取得した企業については、コチラで確認できるようです。

まだ始まったばかりのプレミアムフライデーですが、賛同する企業が増えて定着していくのか?今後の展開はいかに。。

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル , , ,