お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

ダニが繁殖しやすい季節はいつ?対策や死滅させた後も・・・

   

どんな家にも必ずいるダニですが、全滅させるのはほぼ不可能だといいます。しかし、ダニが繁殖しやすい季節を知っておけば、ある程度は繁殖を抑えることができるそうです。

そこで、ダニが繁殖しやすい季節はいつなのか?ダニ対策や死滅した後の対処法についても調べてみました。

スポンサードリンク

ダニが繁殖しやすい季節はいつ?

ダニは高温多湿な環境を好むことから、繁殖しやすい季節は、

夏~秋(6~9月)にかけてが繁殖しやすいといいます。

夏から秋にかけてダニの繁殖は活発になりますが、特に気温が25~30度、湿度60~80%のときが繁殖しやすくなるそうです。※梅雨の時期は湿度が高くなるため、ダニにとっては嬉しい環境だといいます。

高温多湿な環境を好むダニですが、主に人間やペットなどの食べカスやフケ、カビなどを餌にしているそうです。

また、ダニは絨毯(じゅうたん)や畳、布団やぬいぐるみ、部屋や家具のすき間など、あるゆる場所を住処=卵を産む場所としているようです。

ダニが繁殖しないようにする対策法は?

ダニは夏~秋(6~9月)にかけてが1番繁殖しやすくなるため、できるだけ繁殖させないようにする対処法としては、ダニが嫌がる環境を作ることが大切だといいます。

ダニは高温多湿な環境を好むことからも、まずは湿度を下げることが効果的です。

湿度を下げるには、例えば部屋の換気をする・除湿機をかける・エアコンの除湿機能を使うだけでも、ダニの繁殖を抑える効果や、ダニの餌であるカビの繁殖を抑える効果も期待できるそうです。

他にも対策法として、梅雨の時期は洗濯物を室内に干すことが多くなりますが、室内に干してしまうと湿度も上昇してしまうため、室内に干す際は「洗濯物の下に丸めた新聞紙を置く」と良いそうです。

新聞紙を置くことで、洗濯物の湿気が新聞紙に吸収されることから、室内の湿度を下げることができるようです。

スポンサードリンク

ダニが死滅したあとの対処法は?

ダニの繁殖が活発になる夏~秋の時期は、できるだけ繁殖させないようにする事が大切ですが、その他にもダニのフンや死骸にも注意する必要があるそうです。

ダニの寿命は2~3ヵ月と言われており、秋を過ぎた頃になるとフンや死骸が急増するといいます。フンや死骸も放置したままでいると、アレルギー性ぜん息・鼻炎などを引き起こす可能性や、皮膚炎や結膜炎の原因にもなるそうです。

そのため、ダニが繁殖しやすい時期を過ぎてもフンや死骸に注意する必要がありますが、これらを効率的に除去する対処法があるといいます。

ダニのフンや死骸を除去するには、ダニが住みつきやすい寝具を洗ったり、掃除機やクリーナーで吸引するなどをして、清潔に保つことが大切です。

また、布団が天日干しできない場合は「ふとん乾燥機」などを使うのがオススメですが、外に干す場合は週1回で月4回よりも、4日連続で月1回干すほうが効果的だといいます。

他にも、掃除機をかける際はクローゼットや押し入れの隅までかけ、クローゼットにしまった秋物などの服を着る場合も、着る前に洗濯するのが良いそうです。

まとめ

暑い季節や梅雨の時期など、人間にとって過ごしにくい季節は、ダニにとっては繁殖する絶好の時期ですので、湿度を下げるなどの対策をしっかりしたいですね。

しかし、ダニ対策もあくまで繁殖を抑える効果はあるものの、全滅させることは不可能ですので、少しでも繁殖を抑えて減らせるように一時的ではなく、こまめにダニ対策を行いたいですね。

スポンサードリンク

 - 生活・ライフスタイル , ,