お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

【雛人形】お内裏さまを飾る際は、左右どちらに置くの?

   

雛人形のお内裏(おだいり)さまを飾る際、男雛と女雛は左右どちらに置くのが良いのでしょうか?

正しい決まりはあるのか?飾る方角などについても調べてみました。

スポンサーリンク

お内裏さまは、左右どちらに置くの?

お内裏さまを飾る際に、左に置くのか?右に置いたほうが良いのか?迷われることがあるかも知れません。お内裏さまを飾る位置については、実は地域によって異なるといいます。

地域によって飾る位置は、

◆京風飾り
西日本(京都を含む)では、左(向かって右)に男雛。右(向かって左)に女雛を置くそうです。

◆関東飾り
東日本(東京含む)では、右(向かって左)に男雛。左(向かって右)に女雛を置くそうです。

※昔の飾る位置は、京風飾りが一般的だったようで、昔の日本では左(向かって右)の位置が「上位」とされていたといいます。そのため、江戸~大正時代まで「左」に男雛を飾るのが当たり前だったようです。

お内裏さまを飾る位置は、いつから変わったの?

江戸~大正時代までは、「左」に男雛を飾るのが当たり前だったようですが、いつから関東飾りなどの左右の位置が変わっていったのでしょうか?

地域によってお内裏さまを飾る位置が変わっていったのは、昭和に入ってからのようで、色々な説があるものの「昭和天皇が即位した時」に、飾る位置が変わったと言われているそうです。

※昭和天皇が即位した際、国際儀礼に従って右(向かって左)に立たれたといいます。そして、昭和天皇が即位した以降は、東京地域の人形組合が左右を入れ替えて飾る=関東飾りになったそうです。

雛人形も元々は、天皇と皇后の並び方を表すものなので、昭和天皇の立つ位置によって雛人形の位置も変化していったようです。

しかし、京風飾りは古くからあることから、伝統を重んじる地域では今でも左(向かって右)に男雛を飾るといいますが、それでも左右どちらに置くのが正しいか?などの決まりはありませんので、左右どちらに飾っても問題ないそうです。

スポンサーリンク

お内裏さまを飾る方角は決まっているの?

お内裏さまは左右どちらに飾っても問題ないようですが、飾る際の方角も決まりはあるのか?調べてみたところ・・・こちらも決まりはなく、好きな場所に飾っても大丈夫だといいます。

しかし、決まった方角はないものの、

・湿気が少ない
・直射日光が当たらない

など、雛人形が痛まない場所に飾るのが良いそうです。

また、ご自宅にある雛人形が「京雛」か「関東雛」か見分ける方法として、三人官女の真ん中の人形が何を持っているか?で見分けるといいます。

例えば「京雛」の場合は、島台(松竹梅の造花をのせた板のような物)を持っていますが、「関東雛」は三宝を持っているそうです。

その他にも、京雛の目はやや細めでおっとりした顔立ち。関東雛は目鼻立ちがはっきりしているといいます。

まとめ

お内裏さまを飾る際は、左右どちらに置くか決まりはないものの、京風飾りや関東飾りなど地域によっては変わる場合もあるんですね。

ちなみに、お内裏さまは「男雛と女雛の2人でお内裏さま」という事で、男雛を「お内裏さま」、女雛を「お雛さま」と呼ぶのは誤りだといいます。

お子さんと一緒に雛人形を置く際は、歴史の話をしながら飾るのも楽しいかも知れませんね。

スポンサーリンク

 - 2月の行事 , , ,