お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

シャツの黄ばみを落とす方法は?防止する方法は?

   

シャツを着たり、長い間衣装ケースなどに保管していると、黄ばみや黒ずみなどのシミができてしまうことも。特に黄ばみは、普通に洗濯しても落ちにくく、困ってしまうことがあると思います。

そこで今回は、シャツの黄ばみの原因や落とし方、防止する方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

シャツの黄ばみの原因は?

シャツの黄ばみは襟や袖口がなりやすく、そのまま放置していると黒ずみになってしまいますが、それぞれの汚れの原因については、

・黄ばみ:人間の皮脂による汚れ
・黒ずみ:皮脂による汚れの上に、ホコリなどの汚れが溜まっている状態

などによるそうです。特に黄ばみの原因である皮脂がシャツに付着すればするほど、黒ずみもより濃く着いてしまうといいます。そのため、黄ばみが着いてしまうと、同時に黒ずみもできてしまうそうです。

また、普通に洗濯をしても黄ばみは落としにくく、洗ったあとに衣装ケースに閉まっておくと、繊維の奥にある汚れが酸化することで、黄ばみとなって出てしまうそうです。

長期保存で定着してしまった汚れは落ちにくく、黄ばみも定着してしまうので、ドライクリーニングをしても黄ばんでしまうことも。

黄ばみの原因が「汗」である場合は、汗=水溶性の汚れのため、水で洗えば溶けますが、水を使わないドライクリーニングの場合は汚れが溶けずに、黄ばみが出来てしまうこともあるようです。

長い期間をかけてできた黄ばみは落ちにくいですが、ちゃんとした方法で洗うことで、しっかり汚れを落とすことができるそうです。では、どうすれば黄ばみを落とせるのか?見ていきましょう。

シャツの黄ばみを落とす方法は?

シャツの黄ばみを落とす最も有効な方法が「漂白剤」の使用だといいます。

漂白剤を使う際の注意点として、漂白剤には「酸素系漂白剤」と「塩素系漂白剤」があり、

・酸素系漂白剤:漂白する力は塩素系と比べて弱いため、色柄物に使用するのが良い。
・塩素系漂白剤:漂白する力が強くシャツが色抜けしてしまうため、色柄物には使用しないほうが良い。

酸素系や塩素系漂白剤にはそれぞれ特徴があり、白いシャツには「塩素系」を使用するのが良いそうです。また、黄ばみシミが酷いときに塩素系漂白剤を使うことで汚れを落とすことができますが、塩素系は漂白力がとても強いため、生地が痛みやすくなることから、まずは酸素系で試してから、それでも落ちないときに塩素系を使うのがオススメだといいます。

生地を痛ませないように、酸素系漂白剤を使って黄ばみを落とす方法として、酸素系にも「粉末」と「液体」タイプのものがあり、漂白力が強いのが粉末タイプだといいます。

それぞれのタイプは黄ばみの強さに合わせて使いますが、絹や毛を含む生地には「液体タイプ」のものが良いそうです。液体タイプを使う際は、商品の取扱いに書いてある使用量を水で薄めてから、シャツを浸して、つけ置きするだけです。

液体タイプでも落ちない黄ばみは、粉末タイプを使用しますが、粉末タイプの酸素系漂白剤を使う際は、

1.バケツなどの容器にお湯を入れます
酸素系の漂白剤は水温が低いと効果が出にくいため、40~50度ほどの温度のお湯を使用します。※お湯の量は、シャツが浸る程度の量で大丈夫だといいます。

2.お湯と酸素系漂白剤を混ぜたら、すぐにシャツを浸す
お湯に漂白剤を入れるとブクブクと反応するので、効果が薄れないうちに、すぐにシャツを浸します。

3.シャツを浸したら30分~1時間ほど放置する
シャツは30分~1時間ほど浸しますが、あまりに長時間(2時間以上)浸していると、色落ちや生地を傷めますので注意が必要です。

4.洗濯機で洗う
30分~1時間ほど浸したあとは、よくすすいで洗濯機で普通に洗ってから干します。

上記の方法なら、つけ置きするだけで黄ばみを落とすことができますので、しつこい黄ばみには効果が期待できるそうです。

スポンサーリンク

シャツの黄ばみを防止する方法は?

シャツの黄ばみを防止するには、黄ばみが定着しないように汚れが出てから落とすのではなく、出る前にしっかり洗うことが大切だといいます。

衣替えで衣装ケースにしまう場合でも、しまう前に汚れをしっかり落としておき、例え見た目が黄ばんでいなくても、目に見えない汚れによって酸化することもありますので、念入りに洗うのが良いそうです。

※衣装ケースにしまう前は、すでに洗ってあるシャツであっても、もう一度洗っておくのが良く、洗う際は40~50度ほどのお湯で洗うのがオススメだといいます。

洗ったあとはよく乾燥させてから、衣装ケースにしまってくださいね。

まとめ

シャツに着く黄ばみは、皮脂が酸化することで出来てしまい、皮脂は油なので水で洗っても落ちにくいといいます。

しっかり黄ばみを落とすには漂白剤を使い、お湯で洗うことで頑固な黄ばみを落とすことができますので、洗ったあとはよく乾燥させて、気持ちよくシャツを着ていきたいですね。

※洗濯したあとにドラッグストアなどで購入できる「ベビーパウダー」をシャツの襟元に軽くつけるだけでも、パウダーが皮脂や汗を吸収してくれることから、黄ばみがつきにくくなるそうです。

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル , ,