お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

瞬間接着剤が手についてしまった時の落とし方は?服や床についた場合は?

   

100円ショップなどで手軽に買える瞬間接着剤ですが、手について取れなくなってしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか?

そこで、瞬間接着剤が手についてしまった時の落とし方や、服や床についてしまった場合の対処法について調べてみました。

スポンサーリンク

瞬間接着剤が手についた時の落とし方は?

瞬間接着剤という名前だけあって、すぐにくっつく反面、注意しておかないと手や指にくっついてしまうことも。無理やり剥がそうとすると手や指の皮を痛めてしまうため、

簡単に落とす方法はないのか?調べてみたところ、

◆除光液を使う
女性の方がマニキュアを落とす際に使用する「除光液」ですが、瞬間接着剤が手についた時にも利用できるそうです。除光液に含まれる「アセトン」という成分によって、接着剤を溶かしてくれるといいます。

瞬間接着剤がついてしまった部分に除光液をつけて、布などで拭き取ると良いそうです。

◆はがし液を使う
100円ショップやホームセンターなどで購入できる「瞬間接着剤専用のはがし液」を使えば、簡単に取ることができるそうです。※瞬間接着剤専用のはがし液は「アロンアルファはがし隊」という商品が有名のようです。

はがし液や除光液を使ったあとは手が荒れないように、しっかり手や指を洗ったうえで、ハンドクリームを塗るなどのケアを行うのが良いそうです。

◆熱いお湯を使う
熱いお湯(40度以上)に手や指を浸し、しばらくしてから揉みほぐすことで取ることができるそうです。

お湯に浸しても取れない場合は、軽石でこすると取れるそうです。※軽石の他にも、石けんやシャンプーでも効果が期待できるようです。

瞬間接着剤が服についた時の落とし方は?

瞬間接着剤は手につくのも厄介ですが、服についてしまった場合は、落とすことが難しいといいます。

そこで、服についてしまった時の落とし方として、

◆アイロンを使う
まず瞬間接着剤がついてしまった部分の表と裏に、キッチンペーパーをあてます。そして、アイロンを服の素材に合わせた温度に設定し、キッチンペーパーの上から少しずつアイロンをあてます。

アイロンで少しずつ接着剤が溶けていけば、あてた部分の反対側にあるキッチンペーパーに接着剤が染み込んでいくそうです。

しかし、アイロンを使う方法は、服の生地によってはシミが残ってしまったり、生地が傷んでしまう場合もあるため、やる前にいらない生地を使って試してみるのが良いそうです。

◆アセトンを使う
除光液に含まれるアセトンですが、このアセトンの原料をそのまま使用する方法があるようです。アセトンはホームセンターや塗料店などで購入できるそうで、購入する際は少し用量の多いものを選ぶと良いそうです。

また、アセトン以外にも「有機溶剤用の簡易マスク」や「ポリエチレン製の手袋」、「ガーゼ」も用意しておくと良いそうです。※ガーゼは多めに用意します。

アセトンを使う際は、必ず換気を良くしたうえで使用しますが、瞬間接着剤がついた部分の下に、まずはガーゼを何枚か重ねた状態で敷いておきます。

そして、アセトンを染み込ませたガーゼを使い、瞬間接着剤がついた部分を叩き込んでいきます。※上からトントン叩きながら、下に敷いたガーゼに染み込ませる感じで叩き込むと良いそうです。

叩き込みながら、下に敷いたガーゼを交換しつつ、接着剤が取れるまでやり続けば完了です。

アセトンを使う方法も、服の素材によっては色落ちや傷んでしまう場合がありますので、こちらもやる前に、いらない服を使って試してみるのがオススメだといいます。

◆クリーニングに出す
自分で試すのが嫌な場合は、クリーニング店に持ち込むのが最適だといいます。お店におまかせする場合も、接着剤がついたことを店員に伝えておき、ちゃんと取れるかどうか?確認しておくと良いそうです。

スポンサーリンク

瞬間接着剤が床についた時の落とし方は?

瞬間接着剤を使っていると、場合によっては床に落ちてしまうこともありますので、そんな時の落とし方としては「除光液」がオススメだといいます。

除光液を使う際はアセトン入りの物を使い、コットンや布切れなどに除光液を染み込ませ、床をトントン叩くようにしながら拭き取ります。※除光液は乾きやすい性質があることから、乾いたら違うコットンや布に染み込ませて使用します。

床に除光液を使う際は、床の色によっては変色してしまう可能性があるため、目立たない箇所で試してみたほうが良いそうです。

除光液を使っても接着剤が取れない場合は「サンドペーパー」で削り落とす方法もあるようです。サンドペーパーを使う場合は、まずは荒目のペーパーから使っていき、仕上げは細目ペーパー(2000番)を使うのがオススメだそうです。

サンドペーパーは強くこすると、違う部分も削ってしまう恐れがあるため、なるべく接着剤がついた部分だけを狙って、弱めの力でこするのが理想だといいます。※サンドペーパーを使い終わったあとは、床の色やコーティングが剥がれてしまいますので、色を塗り直すなどの処置が必要になります。

床の他にも、カーペットに瞬間接着剤がついてしまった場合は、接着剤が乾く前の状態なら除光液や剥離剤で拭き取ることができるそうです。

しかし、接着剤が乾いてしまった場合は、取り除くことは難しくなってしまうようです。※乾いた接着剤を取る場合は、カーペットについた部分をハサミなどで切り取るしかないそうです。

まとめ

手や指に瞬間接着剤がついてしまった場合は、除光液やはがし液、熱いお湯などに浸す方法などで取れ、緊急でない場合ならそのまま放置しておいても、自然に取れてしまうそうです。

そのまま放置しておくと皮膚の表面の細胞と一緒に、接着剤も剥がれ落ちるようなので、無理に剥がさないように注意しつつ、床や服についた接着剤を落とす場合は手が荒れないように手袋をしながら、換気も忘れずにしてくださいね。

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル