お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

大垣まつりの日程は?見どころやアクセスは?

   

出典:rurubu.com

初夏の訪れを告げるお祭りとして、岐阜県大垣市では5月になると大垣まつりが開催されます。

「からくりやま」「おどりやま」など、360年以上の伝統を誇る大垣まつりについて、詳しい開催日程や見どころ、アクセスについてお伝えします。

スポンサーリンク

大垣まつりの日程は?

360年以上という長い歴史を誇る大垣まつりですが、このお祭りは慶安元年(1648年)から行われ、大垣城下町の総氏神である「八幡神社」が再建された際に10両のやまを造り、町を曳き回したのが始まりだといいます。

そして現在でも13両のやまが城下町を練り歩き、華麗な祭絵巻が見られる伝統のお祭りとなっているそうです。

2017年の大垣まつりは5月13日(土)・14日(日)の日程で開催されます。

・会場:大垣八幡神社周辺、東外側通り、大垣駅通りなど(雨天中止)

2日間に渡って開催される大垣まつりの主な日程は、

◆5月13日:試楽
・奉芸:8時45分~9時30分(八幡神社前)
八幡神社の鳥居前にて、13両の軕が1両ずつ奉芸を行います。

・掛芸披露:9時30分~12時(大垣市役所玄関前)
奉芸を披露した「やま」が大垣市役所の玄関前に移動し、掛芸を披露します。

・出軕自由巡行:12時~18時30分(旧市内一円)
掛芸を披露したあと13両の「やま」は市内を自由に巡行します。

・夜宮:19時~21時(八幡神社前~龍の口橋)
13両の「やま」が八幡神社前水門川沿いに集結し、八幡神社前を2周して曳き分かれをします。また、試楽の夜宮では「やまの回転」「奉芸」を見ることができるそうです。

◆5月14日:本楽
・奉芸:8時45分~10時50分(八幡神社前)

・出軕巡行:10時50分~17時10分(旧市内一円)
奉芸の後に13両の「やま」が行列を作り、城下町を練り歩きます。

・大垣まつり行列:16時20分~17時10分(新大橋交差点~八幡神社前)
「お神輿渡御」が新大橋交差点で行われ、その後、3基の「みこし」と13両の「やま」が、八幡神社に向けて練り歩きます。

・夜宮:19時~20時10分(八幡神社前~龍の口橋)

・お頭渡しの儀:20時45分~21時(八幡神社拝殿)
大垣祭りを締めくくる最後の儀式が、八幡神社の拝殿で執り行われます。

大垣まつりの見どころは?

平成27年3月2日に「国重要無形民俗文化財」に指定され、翌年の12月には「ユネスコ無形文化遺産」に登録された大垣まつりですが、1番の見どころは13基の「やま」だといいます。

「やま」は一時期、濃尾地震や第2次世界大戦により、焼失などの被害を受けたものの、修復や新しく造り直されるなどを経て、現在のような13基に戻ったそうです。

13基の「やま」からは、からくりやま・おどりやまなど、雅やかな祭絵巻を見学することができるそうです。

昼・夜ともに見られる13基の「やま」ですが、夜は提灯がともされ、より幻想的な景色を楽しむことができるそうです。

大垣まつりは屋台は出るの?

お祭りといえば定番の「屋台」ですが、大垣まつりでも屋台は出るそうです。

しかも大垣まつりの屋台は、600店ほどの露店が軒を連ねるようで、焼そば・お好み焼きなどの定番グルメから、金魚すくいや射的、八幡神社では巨大お化け屋敷なども楽しめるといいます。

スポンサーリンク

大垣まつりのアクセスは?

大垣まつりのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
JR大垣駅から徒歩で約5分

◆車でアクセスする場合
東海環状道大垣西ICから約9分

車で向かう際は、大垣まつりの開催期間中は市内で交通規制が敷かれ、祭り前日も午後から車両通行禁止となる場所もあるそうです。また、メイン会場の1つである八幡神社は、JR大垣駅から徒歩で5分ほどの場所にあるため、公共機関を利用するのがオススメだといいます。

どうしても車で向かう際は、大垣駅周辺には有料駐車場がいくつかありますが、どの駐車場もすぐに満車となってしまうそうで、早めに停めるのが良いそうです。※大垣駅の隣の「穂積駅」、または「垂井駅」周辺の駐車場に車を停めて、そこから電車で大垣駅に向かうのもオススメだといいます。

また、祭り期間中は「大垣市公設地方卸売市場(岐阜県大垣市古宮町161)」に臨時駐車場が設けられ、そこから八幡神社に行くシャトルバスも運行されるそうです。駐車場の料金は普通車500円・バス2000円

◆シャトルバス
・運行期間:5月13日・14日
・運行時間:8時~22時(最終21時)で、毎時00分、20分、40分発車となります。

◆大垣まつり
・住所:岐阜県大垣市
・お問い合わせ:0584-77-1535
(大垣観光協会)

まとめ

360年以上続く大垣まつりでは、13両のやまが華やかに練り歩く姿や、祭り期間中は駅通りが「歩行者天国」となり、600店以上の屋台が出ているそうです。

2日間に渡って繰り広げられる伝統の大垣まつりに、ぜひ足を運んでみたいですね♪

スポンサーリンク

 - 5月の行事 , ,