お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

ラジオ体操は腰痛に効くの?注意点はあるの?

   

昔からあるラジオ体操ですが、実は腰痛にも効果があるといいます。しかし、ラジオ体操に取り組む際の注意点もあり、間違ったやり方をしてしまうと、逆に腰痛が悪化してしまうことも。

そこで、ラジオ体操が腰痛に効く理由や注意点について、解説させていただきます。

スポンサーリンク

ラジオ体操が腰痛に効く理由は?

腰痛の原因の1つに「運動不足」があり、運動不足を解消するための方法としてラジオ体操が最適だといいます。

ラジオ体操は年齢に係わらず誰でも簡単にでき、さらに取り組む時間もさほど掛からないため、継続しやすい運動でもあるそうです。

誰でも手軽にできるラジオ体操ですが、腰痛に効く理由については、

・体への負担がとても少ない

・全身の筋肉をくまなく使える

・簡単に取り組めることから継続しやすい

・全身の筋肉を使うため、血圧改善により体温も上がる。※体温が上がることで体が温められ、慢性化した痛みが緩和される。

・ラジオ体操は体をまわす・そらすなどの動作が行われるため、筋肉に柔軟性が生まれる。

などがあるそうです。

現代は車・パソコンなどの普及により、昔と比べて体を動かす機会も減っているため、1日1回くらいはラジオ体操をするなどの、全身の運動をするのがオススメだといいます。

ラジオ体操をする際の注意点は?

腰痛に効くラジオ体操でも、やり方を間違えてしまうと余計に悪化してしまう事もあるそうで、取り組む際の注意点として、

◆腰痛の痛みが激しい場合はラジオ体操をせず、むしろ安静にしておく。

◆ラジオ体操には回す・そるなどの動作がありますが、特に「そる」動作は無理のない範囲で行う。

◆体を回す・伸ばす・腕を振る動作をする際は、手先には力を入れずに軽く握る。

◆腕や足を伸ばす動作をするときは、どの筋肉が使われているのか?意識しながら動かす。

◆ラジオ体操をする際の呼吸は「腹式呼吸」を意識して、口ではなく鼻から息を吸う。

などがあるといいます。

しかし、ラジオ体操によって腰痛改善どころか、体を回す・曲げる・そるなどの動きによって、余計に腰痛が悪化してしまう恐れもありますので、もし心配な場合は、かかりつけの病院でラジオ体操をしても良いか?聞いてみるのも良いそうです。

必ず、体に無理のない範囲で行うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

ラジオ体操は第一と第ニ、どちらもやるべき?

ラジオ体操は第一、第ニがありますが、特に「第ニ」は壮年層(25~30歳)向けに作られているため、第ニは運動量が多いそうです。

そのため、腰痛改善としては負担が増すことからも、ラジオ体操は「第一」だけを行うのが良いといいます。

ラジオ体操第一を行う際は、しっかりとしたフォームで行うのが良いですが、それでも人によって動かしにくい体の方向もありますので、動かしにくいときも無理をしないように注意してくださいね。

まとめ

腰痛改善に手軽に行えるラジオ体操ですが、体を回す・そるなどの動きをする場合は、動かしにくい方向に無理して動かしてしまうと、体にも負担が掛かってしまいます。

無理しない程度に行いながら、ラジオ体操は簡単にできる運動ですので、腰痛改善や健康維持のためにも、早速はじめてみるのも良いですよね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,