お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

一晩寝かせたカレーは食中毒になりやすいの?対策や保存法は?

   

よく煮込んだカレーは味が染み込んで美味しいですが、一晩寝かせたものは食中毒になりやすい!という話があるそうです。

そこで、一晩寝かせたカレーは本当に食中毒になりやすのか?食中毒にならないための対策やオススメの保存法はあるのか?調べてみました。

スポンサーリンク

一晩寝かせたカレーは食中毒になりやすいの?

一晩寝かせたカレーは必ずではないものの、食中毒になる可能性は高いといいます。家庭で作ったカレーを保存する際、常温の状態で一晩寝かせて保存し、食べる際にまた加熱して食べると思います。

しかし、カレーを保存する際の常温の状態が、「ウェルシュ菌」を繁殖させ、食中毒の原因になってしまうそうです。※ウェルシュ菌は肉や魚、野菜などに付着していることが多く、ほかにも下水・土壌などの中にも潜んでいるそうです。

また、これらの食材が不衛生な状態でなかったとしても、十分に加熱していない場合はウェルシュ菌が繁殖する原因になり、特にカレーを大鍋で作るような環境(キャンプやバーベキューなど)では、より菌が繁殖しやすくなるようです。

ウェルシュ菌の特徴は?

ウェルシュ菌は「熱に強い」という特徴があり、よく煮込んだカレーでも菌が入ってしまうと、カレーの温度が約55℃ほどになった時点で、ウェルシュ菌の活動が活発になるそうです。

また、ウェルシュ菌は殻に入った状態(芽胞:がほう)になることがあり、このような状態になってしまうと、例え100℃で1時間以上加熱したとしても、ウェルシュ菌は死滅しないといいます。

ウェルシュ菌が死滅しない状態でカレーを一晩寝かせてから、再度加熱しても菌は繁殖を続けることで食中毒になってしまうそうです。

しかし、ウェルシュ菌による食中毒は、家庭では少ないと思いますが、キャンプやバーベキューなどカレーを大鍋で作るような環境では、手や調理器具が汚れた状態になっていることも多く、衛生面での注意も必要だといいます。

スポンサーリンク

カレーで食中毒にならないための対策法は?

ウェルシュ菌に感染すると約半日ほどで症状が現れ、腹痛や嘔吐、下痢などの症状が出るといいます。

食中毒にならないための対策としては、菌は100℃で加熱しても死滅しませんが、それでも60度以上になるように加熱することで、菌を殻のなかに閉じこめて増殖を防ぐことができるそうです。

また、加熱する際は「鍋底」からかき混ぜるようにして、カレーを作ったら、できるだけ食べきってしまうのが良いそうです。※食べきれない場合は「密閉容器」に入れて冷凍や冷蔵保存するようにして、常温保存は避けたほうが良いといいます。

カレーを保存する方法は?

食中毒の原因となるウェルシュ菌は、実は10℃以下の環境ではほぼ増殖しなくなるそうです。そのため、あまったカレーは小分けにして、すぐに冷蔵庫に入れて保存するのがオススメだといいます。

ウェルシュ菌は冷蔵庫のような寒い環境下では、殻のなかに閉じこもり活動を停止するようで、さらに空気を嫌う特徴があることから、小分けに保存することで、空気に触れる表面積を増やす効果があるようです。

小分けにすることで熱も伝わりやすくなるため、冷蔵庫で保管する方法は食中毒予防に効果的だといいます。

冷蔵庫に入れたカレーを食べる際は1度火を通すことで、ウェルシュ菌を死滅させる効果はないものの、加熱により菌が作り出した毒素を無害化させる効果はあるといいます。

まとめ

梅雨や夏場の時期は、特に食中毒が起こりやすいことからも、食べきれなかったカレーは密閉容器に入れ、しっかりフタをして冷蔵や冷凍保存すると良いそうです。

またカレーを調理するときは、なるべく清潔な状態で調理するように心がけながら、食中毒を防ぎたいですね。

スポンサーリンク

 - 食品・飲料 ,