お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

ふきのとうを冷蔵庫で保存する方法は?冷凍庫は?解凍方法は?

   

f20151228春先になると、いっせいに芽を出し始める「ふきのとう」

日本原産の山菜として、食用としては独特な苦味や香りで香辛料として利用されたり、春の訪れを告げる食材として、天ぷらや和え物など、広く好まれ食されています。

そんな全国の山野で採れる「ふきのとう」ですが、山菜採りでたくさん持ち帰ってきた際に、冷蔵・冷凍保存する方法があるそうですが、実際はどうやって保存すれば良いのか?さらに解凍する方法について、調べてみました。

スポンサードリンク

ふきのとうを冷蔵庫で保存する方法は?

2月~3月に食べるのが1番美味しいふきのとう。ミネラルや食物繊維が多く含まれ、とても栄養価の高い食材として、古くは縄文時代から食べられていたといいます。

ふきのとうを採ってから保存する場合は、収穫した翌日には、しなびた感じになってしまい、常温保存した場合は2日~数日くらいが限度のようです。

保存するなら常温よりも、冷蔵庫で保存するのがおすすめですが、

保存する際は、まず新聞紙でふきのとうを包みます。その後はポリ袋などに入れた後は、「野菜室」で保存すると良いそうです。

また、乾燥を防ぐために、包む新聞紙を軽く湿らせてから、ポリ袋に入れると、保存効果がさらに上がるそうです。

※冷蔵庫で保存した場合の賞味期限は、およそ1週間程です。

日にちが経つにつれ、香りや鮮度も落ちてしまいますので、なるべく早めに食べるのが良いですが、どうしても冷蔵庫で長期保存したい場合は、「真空パック」を使うことで、空気に触れることなく酸化を防ぐことができ、さらに長持ちするそうです。

ふきのとうを冷凍庫で保存する方法は?

ふきのとうを冷凍庫で保存する方法は、まず水洗いをして泥をしっかり洗い落とします。洗った後は、水切りをしてキッチンペーパーで水分を軽く拭き取ります。

アクを取るために、大きめの鍋でお湯を沸かし、少量の重曹を加えておくと、よりアクを取ることが出来ます。

沸騰した鍋の中に、ふきのとうを入れ、ゆっくりとかき回しながら約3分間、加熱処理します。3分経ったあとは、冷水につけてアクを抜きますが、この時に水が緑掛かった茶色になりますので、これが薄い黄緑色になるまで、水を何回か交換して続けます。

その後は、水気をしっかり切り、小分けにしてサランラップで包みます。そして、ジップロック式のフリーザーバッグに空気を抜いた状態で冷凍庫に入れて保存します。

また、冷凍庫にふきのとうを保存する際には、金属製のトレイの上に乗せておくと、色や味の劣化をある程度は、防ぐことが出来るそうです。

※冷凍庫で保存した場合の賞味期限は、およそ1ヶ月程です。

スポンサードリンク

ふきのとうを冷凍庫から解凍する方法は?

冷凍したふきのとうを解凍する方法は、自然解凍や電子レンジで解凍する方法がありますが、

できるなら自然解凍するのが1番、良いそうです。

食べる少し前に冷凍庫から出しておき、自然解凍しますが、少し解凍を早めたい場合は、袋に入れたままの状態で、温かいお湯に浸しておきます。

そして解凍した後は、佃煮やお吸い物に入れたりと、色々な食べ方がありますが、解凍したふきのとうは、すぐに傷んで味が変わってしまうことはありません。が、それでも食べる量だけ解凍し、なるべく早めに食べるが良いそうです。

ちなみに、美味しいふきのとうを選ぶ基準として、つぼみが開き、花が咲く状態になると苦味が強くなるそうで、つぼみが固く閉じている状態のものがベストだといいます。

まとめ

ふきのとうを食べるにも、長期保存したものよりも、採れたてが1番美味しいのは間違いないです。

それでも多く採れてしまったものは、冷蔵・冷凍保存することが出来ますので、お好みの調理方法で美味しく召しあがってくださいね。

スポンサードリンク

 - 食品・飲料 ,