お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

夏に体がだるい原因は?だるさ対策する方法は?

   

夏の暑さのせいで体がだるくなる事はあると思いますが、クーラーの効いた部屋で快適に過ごしていても、なぜか夏になるとだるさが続くことも。

そんな夏に体がだるくなるのには原因があるようで、詳しい原因や対策する方法についてお伝えします。

スポンサードリンク

夏に体がだるい原因は?

夏に体がだるくなる原因には「暑さ」と「冷え」による影響が大きいようで、これはどういう事なのか?詳しく見ていきましょう。

◆暑さによる影響
夏の暑さにより、体からも大量の汗が出ますが、汗をかくことで体の水分も少なくなるため、水分補給が必要になってきます。しかし、暑さによって水分補給する量が多くなると胃液も薄まり、胃液が薄まることで「胃の機能」が低下してしまうそうです。

水分の摂り過ぎにより胃の機能が低下すると、今度は「食欲」もなくなってくるそうで、普通にご飯を食べるよりも水分を含む物や、さらに水分を摂る機会が増えることで、余計に胃液が薄まってしまうといいます。

胃液も薄まり、胃の機能が低下することで、全身に血液が届きにくくなる=体がだるくなる原因に繋がるそうです。また、食事のバランスも崩れることから栄養不足にもなり、より体もだるくなってしまうようです。

◆冷えによる影響
暑さだけでなく、体が冷えることでだるさの原因になるといいます。暑い日はクーラーが効いた室内で過ごす機会が増えると思いますが、外気との温度差が高くなってしまうと体が温度差についていけず、その結果「自律神経」の乱れに繋がるそうです。

自律神経には体温や呼吸、消化などの「体の機能」を調整する働きがあり、普段起きて活動しているときや緊張度が高いときに働く「交感神経」。交感神経とは反対の働きをする「副交感神経」があり、この交感・副交感神経が普段はうまくバランスを取っていますが、外の暑さと冷えた室内の温度差によって自律神経のバランスが乱れる=体のだるさに繋がってしまうそうです。

夏のだるさ対策する方法は?

夏のだるさ対策としてオススメなのが、

◆エアコンの温度に注意する
エアコンで室内を冷やしすぎてしまうと自律神経の乱れに繋がるため、室内と外との温度差は5度を目安にすると良いそうです。

エアコンを適切な温度にすることは、だるさ防止にもなりますので、エアコンの温度は26~28度に設定するのがオススメだといいます。

◆水分補給をする
夏は汗をかきやすく水分もどんどん失われていくため、こまめに水分補給するのが大切だといいます。

水分を摂る際は、冷たい水を一気飲みすると胃腸が冷えて機能低下に繋がるそうです。胃腸の機能が低下すると、体もだるくなりやすいことから、水分補給はこまめに少しずつ摂るのが良いそうです。

スポンサードリンク

夏のだるさ対策でオススメの食べ物は?

夏の暑さで食欲がなくても1日3食を目指しつつ、できるだけ同じような時間帯に食事を摂るのが良いそうです。食事を摂る際は、新陳代謝を促進させたり、疲労回復効果のある物を積極的に食べるのがオススメだといいます。

なかでもピーマンやトマト、ゴーヤにはビタミンCやビタミンB1が豊富に含まれており、夏のだるさ対策としてもオススメな食べ物だそうです。

その他にもビタミンCは、ジャガイモ・サツマイモ・カボチャ・ブロッコリー・芽キャベツ・サヤエンドウ・小松菜・カリフラワー・キウイフルーツなど。

ビタミンB1は、豚肉・シャケ・青のり・タラコ・アスパラガス・菜の花などに多く含まれているそうです。

※疲労回復として他にもオススメなのが、タンパク質:肉や魚類・卵・大豆。カルシウム:小魚・乳製品・大豆。マグネシウム:ナッツ類・ゴマ・海藻・ほうれん草・牡蠣。クエン酸:梅干し・ミカンやレモンなどの柑橘類。パントテン酸:レバー・シャケ・納豆・ハチミツなどもあるようです。

まとめ

毎年暑い季節はやってきますので、夏のだるさを予防するためにも、こまめに水分補給したり、エアコンの設定温度にも気を配っていきたいですね。

また、暑さによって食事も喉を通りにくくなってしまいますが、それでも栄養のある物を摂取しながら、暑い夏を乗り切っていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,