お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

賞味期限の切れた納豆を食べても大丈夫?いつまでなら食べられる?

   

日本食といえば納豆が有名ですが、納豆菌には美肌・ダイエット・便秘改善など、美容や健康効果の高い食べ物であるといいます。しかし、納豆は保存が効くため、冷蔵庫に入れたままで気付いたら「賞味期限」が切れていた!なんて事があるかも知れません。

そこで、賞味期限の切れた納豆を食べても大丈夫なのか?いつまでなら食べられるか?などについて調べてみました。

スポンサードリンク

賞味期限の切れた納豆を食べても大丈夫?

納豆を購入する際、パッケージに賞味期限が記入されていますが、この賞味期限というのは「おいしく食べられる期限」の事だといいます。

そのため、賞味期限が切れた納豆を食べても問題はないそうで、例えば賞味期限が2週間過ぎたものでも、ほとんどの場合は食べられるそうです。

納豆は、納豆菌(枯草菌の一種)が大豆を分解することでできる発酵食品ですので、雑菌が寄り付きにくいといいます。

また、納豆を食べる方のなかには購入後すぐに食べるよりも、賞味期限が少し過ぎた納豆のほうが美味しいという方も居ますので、賞味期限が切れているからと言ってすぐに捨てなくても良いそうです。

※納豆は常温で保存すると、再発酵により臭いがキツくしてしまいますので、必ず冷蔵庫で保存する必要があるといいます。

賞味期限の切れた納豆はいつまでなら食べられる?

賞味期限の切れた納豆でも、1~2週間ほど過ぎたものを食べても支障はないそうで、なかには2~3週間過ぎた納豆でも気にせず食べる!というご家庭も多いようです。

納豆のパッケージに記入されている賞味期限は、あくまで美味しく食べられる期限の目安ですが、納豆は日にちが経つにつれて納豆菌の発酵も進んでいき、大豆が柔らかくなる・糸を引く成分が減少していくそうです。

また、賞味期限が切れてくるとアンモニア臭の発生や、大豆には白くて粒々としたものも出てくるようです。この白くて粒々としたものはアミノ酸の結晶「チロシン」で、大豆が分解される途中で出てくるチロシンは発酵過多、乾燥すると結晶化するといいます。

アンモニア臭やチロシンが発生した納豆は、普通に食べても体に害はないものの、風味や美味しさは損なわれてしまうそうです。

賞味期限が切れた納豆でも、腐敗する要因がないうちは、いつまででも食べることは可能ですが、食べれる・食べれないの線引きをどこで判断するかは、「美味しく食べられるかどうか?」「納豆としての効能が高いか?」で判断するのが良いかと思います。

※納豆は種類にもよりますが、冷蔵保存していても賞味期限後から約2週間ほど経過すると、アンモニア臭や白い粒々が発生するそうです。このような状態は「過発酵状態」で食べても美味しくなく、納豆の効能も落ちはじめている状態のため、無理に食べる必要はないといいます。

しかし、まだ捨てるのは勿体ないですので、アンモニア臭や白い粒々が発生している状態なら、納豆汁やお好み焼きに入れるなど、他の食べ物に混ぜて調理するのがオススメです。

スポンサードリンク

納豆を食べないほうが良い状態は?

納豆そのものは腐っている状態ではなく発酵=食べられる菌が繁殖している状態ですが、あまりに長期間保存していると、腐る=食べられない菌が繁殖している状態になってしまうそうです。

店頭に並んでいる納豆は、薄い発泡スチロールの容器に入っており、フタを開ける部分も緩く留めてありますが、これは納豆に空気を入れやすくするための処置だといいます。※納豆菌に酸素を取り入れやすくすることで菌が生き続ける=できるだけ長持ちさせる事ができるそうです。

しかし、酸素を入れやすくすると他の菌も入り込みやすくなり、そのため納豆を保存する際は冷蔵庫に入れる必要があるといいます。

ほとんどの納豆は「10度以下で保存すること」を条件に賞味期限が設定されているそうで、10度であれば納豆菌も繁殖しやすく、入り込んだ菌にも負けない状態を保てるそうです。

冷蔵保存すれば他の菌に負けない状態を保つことができますが、あまりに長期間保存していたり悪条件下で保存していると、有害な菌に納豆は負けてしまい、食べないほうが良い状態になってしまうようです。

納豆がまったく糸を引かない状態や、粘り気がなく水っぽくなる。他にもカビが生えている状態などの時は、食べないほうが良いそうです。

※白い粒々のものが付いている場合は「チロシン」が原因ですので、この場合は食べても大丈夫だといいます。

また、大豆が空気に触れている部分も、白いものが薄く付いている場合もありますが、これは納豆菌の菌叢(きんそう)で、納豆菌がしっかり繁殖している証拠ですので、こちらも食べて大丈夫だといいます。

まとめ

納豆は賞味期限が切れたものでも1~2週間。長くても2~3週間ほどなら食べても問題ないようですが、それでも糸を引いていない・水っぽい状態のものは食べないほうが良いそうです。

ほかにも、アンモニア臭が強烈な場合も食べないほうが良いそうで、どうしても保存期間を延ばしたい場合は、「冷凍保存」することで納豆菌が冬眠状態になり、納豆菌の発酵が進まない=美味しく食べられる期間も延びるようです。

それでも納豆のパッケージに書かれている賞味期限は、美味しく食べられる目安にもなりますので、できるだけベストな状態で美味しく食べたいですね。

スポンサードリンク

 - 食品・飲料 ,