お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

金魚の水換えのタイミングはいつがベスト?注意点ややり方は?

   

金魚を飼った際に、必ずやらなければいけないのが水槽の水換えです。

金魚の健康・生命を維持するためにも、水換えをするタイミングはいつがベストか?注意点や水換えのやり方も含め、調べてみました。

スポンサードリンク

金魚の水換えのタイミングはいつがベスト?

水槽のなかで優雅に泳ぐ金魚ですが、水を交換せずに汚れたままにしていると、病気にかかりやすくなったり、最悪の場合は死に至ることも。

水中の汚れを取るために「ろ過フィルター」を設置したり、水中のバクテリアが金魚のフンや汚れを分解するものの、完全に取り除くことはできないそうです。

そのため、水槽の中を清潔に保つためには「水換え」が重要になってきますが、

水換えのタイミングについては、1週間~2週間に1度くらいがベストで、交換する際の水の量は1/3~半分ほど交換。1ヶ月~2ヶ月に1回は水を全部交換したほうが良いそうです。

水を1週間~2週間に1度、1/3~半分ほど交換する理由については、水槽内で繁殖したバクテリアをなるべく減らさないようにする為だといいます。

バクテリアは1週間ほどかけて少しずつ繁殖するため、水を全て取り替える頻度を増やしてしまうと、増えたバクテリアが減る=水質が不安定な状態になることで、汚れの原因となるアンモニア・亜硝酸などを分解できなくなってしまうそうです。

バクテリアを増やすための「ろ過材」なども、ホームセンターや通販で購入できますので、水を交換する際に加えるなどして、バクテリアの減少を抑えることもできるようです。

また、水換えのタイミングでなくても、

・水があきらかに汚れている
・水が白くにごっている
・コケが発生している
・金魚が水面で口をパクパクしている
・金魚がエサを食べない

などの場合は、水換えをしたほうが良いそうです。

水換えをする際の注意点は?

キレイな水に交換したとしても、水槽の底には金魚のフンや食べ残しなどのゴミがあり、バクテリアがある程度は分解してくれますが、それでも水槽の底の砂利を洗うなどのメンテナンスは必要になるといいます。

しかし、マメに水槽の水を全部替えたりすると、せっかく増えたバクテリアが減ってしまいますので、

1ヶ月~2ヶ月に1回、水を全部替える際の注意点として、

◆水はカルキ抜きしたものを使う
カルキを抜いておかないと金魚は死んでしまいますので、中和剤を使う、もしくは1日くみ置きした水を使います。

◆水温に注意する
水槽の水の温度が急激に変わってしまうと、金魚への負担も大きくなってしまいますので、水を交換する際は「水替えを行う前の水温」に設定した水を用意してくださいね。

◆ろ過装置の掃除は別の日に行う
ろ過装置のフィルターにもバクテリアがいるため、水の交換と一緒にフィルターを掃除してしまうと、バクテリアの数が一気に減ってしまうそうです。

そのため、バクテリアの数を激減させないためにも、水の交換と別の日にろ過装置の掃除を行ったほうが良いそうです。

スポンサードリンク

水換えのやり方は?

水槽の水換えでオススメのやり方として、まずはバケツ・網(網目の細かいもの)・スポンジ・プロホース・中和剤を用意します。

そして、上記で用意した道具を使い、

1.水槽内のフィルターやヒーターの電源を切ったうえで、水温もチェックしておきます。(全ての水を入れ替える場合は、金魚も別の水槽や容器に移しておきます)

2.プロホースで水槽の底に溜まっているフンやゴミを吸い出します。

3.プロホースで3/1~半分ほど水を吸い出したら、今度は網を使って細かいゴミを取り除いて、水を捨てます。

4.バケツに水を入れて、中和剤で水を中和させます。水はお湯を沸かし、水槽の温度に合わせておきます。

5.スポンジで水槽についている汚れやコケを拭き取ります。

6.水槽に中和させた水を入れたら、フィルターやヒーターの電源を入れて終了です。

※水を全て入れ替える場合は、水槽の掃除が終わり金魚を戻す際、すぐに金魚を水槽に戻すのではなく、温度や水質をみながら戻したほうが良いそうです。

まとめ

水槽の水換えは手間がかかると放置していると、金魚の健康や生命にも悪い影響が出てしまうため、快適に過ごしてもらためにも、水換えは定期的に行ってあげてくださいね。

スポンサードリンク

 - ペット・動物 ,