お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

ミュンヘン・クリスマス市の日程は?見どころやアクセスは?

   

出典:hokkaidolikers.com

北海道札幌市で開催され、2017年で16回目を迎えるミュンヘン・クリスマス市。美しいイルミネーションやミュンヘンの雰囲気をそのまま再現したクリスマス市など、冬のロマンチックなひと時を楽しめるイベントとなっています。

そんなミュンヘン・クリスマス市について、詳しい日程や見どころ、アクセスについてお伝えします。

スポンサードリンク

ミュンヘン・クリスマス市の日程は?

北海道札幌市で開催されるミュンヘン・クリスマス市は、2002年からドイツのミュンヘン市と札幌市との「姉妹都市提携30周年」を記念するイベントとして毎年行われ、

2017年は11月25日(土)~12月24日(日)の日程で開催されます。

・会場:札幌市 大通公園(2丁目広場)
・時間:11時~21時

主なイベントについては、

◆11月25日(16時~)
オープニングイベント

◆11月30日・12月2日・7日・9日・14日・16日・21日・22日(17時50分~、18時50~、19時50分~)
イルミネーション点灯式

などが行われ、ほかにも週末には特設ステージにて、音楽イベントやプレゼントイベント(毎週日曜)、ドイツ語講座などが行わるそうです。

また、屋内でもクリスマスリース・粘土キャンドルが作れるコーナーや、スノードームやグリューワイン、ドイツ料理の作り方講座などのイベントが、日によって開催されるそうです。

ミュンヘン・クリスマス市の見どころは?

ドイツではクリスマス前の、キリストの到来を準備する期間(アドヴェント(待降節))になると、全ての都市でクリスマス市が行われるそうで、このクリスマス市の雰囲気がミュンヘン・クリスマス市でも、そのまま再現されているといいます。

クリスマス市では屋台が数多く出ており、ドイツに行かないと買えないオーナメントやくるみ割り人形など、可愛い雑貨が購入できるそうです。

また、数多く並ぶ雑貨のなかでも、特に人気なのが「ポストカード」で、毎年クリスマスカードコレクションとして、北海道内の人気イラストレーターが手がけたポストカードが販売されるそうです。

※ポストカードは1枚160円ほどの手軽な値段で購入でき、さらにカードの種類も500種類以上あるそうです。

可愛い雑貨以外にも、本場ドイツのソーセージやグリューワイン、プレッツェルなどの味を楽しめるグルメ屋台もあるそうで、なかでも冷えた体を温めてくれるホットワイン、「グリューワイン」がオススメだといいます。

また、ミュンヘン・クリスマス市といえば、イベント開催期間中の大通公園でみられる「ホワイトイルミネーション」も見どころの1つで、平日16時~20時・土日祝日11時~19時には「サンタクロース」も登場するため、ホワイトイルミネーションをバックに記念撮影をお願いするのも良いですよね。


スポンサードリンク

ミュンヘン・クリスマス市のアクセスは?

ミュンヘン・クリスマス市のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
・地下鉄南北線・東豊線・東西線「大通駅」で下車し、徒歩で約15分
・JR札幌駅から徒歩で約15分

車で向かう際は、会場周辺に有料駐車場がありますが、イベント期間中は混雑が予想されるため、公共機関を利用するのがオススメだといいます。

・住所:札幌市中央区大通西2
・お問い合わせ:011-211-2032
(ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 実行委員会)

まとめ

美しいホワイトイルミネーションにサンタさんとの記念撮影。また、可愛い雑貨やポストカードの販売など、ここでしか手に入らない限定グッズや美味しいグルメも味わえるミュンヘン・クリスマス市。

楽しいイベントが盛りだくさんですが、街を歩く際は手袋やマフラーをするなどの温かい格好をして、札幌市の冬のイベントを楽しみたいですね。

スポンサードリンク

 - 11月の行事 ,